キングダム685話|確定ネタバレ|岳白公が強い!扈輒が雷土の拷問始める

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダム685話のネタバレ含む考察です。

本編ネタバレを含みますのでご注意下さい。

岳白公の元までたどり着いた信。

しかし岳白公の構えた棍棒(メイス)での攻撃で一気に飛信隊の一部が崖に落とされてしまいます。

羌礼もその一人となり、大きな武力が一つ崖下に転落してしまうことになりました。

「暴力には暴力」

そう言う岳白公の強さは尋常なものではありません。

また雷土が扈輒の元に連れられ、今まさに拷問が行われようとしています。

それではキングダム685話をネタバレを含みながら考察をします。

信と蒙恬は楚の項燕に大敗

岳白公の力が尋常ではない

飛信隊は見事に岳白公の目の前まで到達出来ました。

そこで構えるようにまっていた岳白公将軍本人

キングダム684話 岳白公は巨漢が飛信隊の前に立ちはだかる

キングダム684話/原泰久先生/集英社
岳白公は巨漢が飛信隊の前に立ちはだかる

この通常と異なる棍棒は目の前にいた飛信隊の兵士を馬ごとボロ雑巾の様に蹴散らしました。

武において龍白公とは比べ物にならない実力を保持しているであろう事が容易に伺えます。

しかも一撃の重さに加えて連続する攻撃によって一部の騎馬兵がそのまま崖に転落してしまいます。

これによって羌礼が落下。

もちろん死んだりはしていませんが、それでも羌礼がいなくなったことで崖上の戦力は低下します。

羌礼は落ちながらも岳白公が特殊な体術を使う危険人物であることを示唆しました。

羌瘣が死亡する可能性はあるのか

信の頭を潰すために立ち上がった岳白公

二撃で飛信隊の先頭部分を撃破した岳白公。

更にしゃがんだ状態で身を隠し、信の横から同じく棍棒攻撃で側近を含め信を落馬させます。

あれだけの巨漢ながら動きについては靭やかで確かに羌礼の言う通り今まで戦った者たちとは大きく異なっている様子が見えます。

「本陣を襲われて逃げたかと思った」

本陣に迫られたことで後退したと信に言われる岳白公ですが、全くもってそんな思想はありません

「侵略者の頭を潰す瞬間を待っていた」

普段は温厚そうな様子を見せていた岳白公。

キングダム678話 岳白公(がくはくこう)

キングダム678話/原泰久先生/集英社
岳白公(がくはくこう)

でもやっぱりこういうタイプが一番危ないっていうだけあって、今では頭に血管を浮かべながら不敵な笑み。

岳白公の後方からは岳白公と共に戦ってきた、こちらも西洋の騎士を思わせる特殊な様相の槍兵たちが現れます。

何となく尭雲や趙峩龍の持っていた十槍などの精鋭に近い気がします。

李牧は史実でも最強の武将

暴力には暴力で挑む岳白公

岳白公は世の中はシンプルに出来ているといいます。

単純な構造であり「暴力には暴力」で対抗する。

そうすべく扈輒が王都の守護者と言われて邯鄲の守りを中心に行いながらも訓練を積んでいたと言います。

暴力で人をねじふせるための鍛錬を常に行ってきたということでしょう。

訓練だけであれだけの体術を身につけられる訳もなく過去の戦歴が目に見えて分かるところ。

少なくとも容易に倒せる相手ではない様子が見て取れます。

信はそんな事も気にせずに岳白公に突撃。

今回の岳白公VS信は地上戦となります。

龐煖を討った時も地上戦の末でした。

キングダム627話 信が龐煖を討ち取る

キングダム627話/原泰久先生/集英社
信が龐煖を討ち取る

岳白公も相当な手練であるのは分かりますが、信が敗れることはまずありえないでしょう。

武神を倒した力がどんなものであるのかを見せつけるときです。

また岳白公の精鋭も向かってくるので同じく信と同様に飛信隊もうって出ます。

大将同士を戦闘に影丘の最終戦が始まりました。

武将の強さランキング(TOP10)

雷土が扈輒の元に連れられ拷問始まる

扈輒本陣では雷土が龍白公の長男である竜布に連れて来られました。

現れた扈輒の後方には布をかぶって目のところだけに穴があいた不気味な拷問官の姿。

これの口も閉じた白いバージョンです。

拷問官というよりも世間的には処刑人って感じもしますが、今から扈輒は容赦なく雷土を痛めつけるでしょう。

今の状況下で桓騎が雷土救出に間に合うはずもなく、拷問の中で口を割らずに死んでしまう可能性がより高まっています。

やはり「この戦が終わったら」という発言やあの背中を見せた雷土は死亡フラグまっしぐらだったと言えそう。

キングダム676話 雷土が発した典型的な死亡フラグの一言「この戦いが終わったら」

キングダム676話/原泰久先生/集英社
雷土が発した典型的な死亡フラグの一言「この戦いが終わったら」

扈輒の龍白公とその息子を殺した雷土への裁きが始まります。

キングダムの685話ネタバレを含む考察は以上となります。

残念ながら雷土を救う手立てはなさそうです。

やはり予想通り雷土の死が理由で桓騎は扈輒の兵10万の首を刎ねる暴挙に出るでしょう。

キングダム686話のネタバレ含む考察



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.12.12

【東京喰種:re考察】六月のプレゼント、Vから逃げるカネキ、夕乍の服の文字の三つの謎の伏線?

(石田スイ先生 東京喰種:re 12巻引用) 東京喰種:reでは、 様々な伏線が張られ、 巧みに回収されて いきます。 し…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る