娘の友達ネタバレ28話~29話|古都はチケットと手紙を破り捨てる。写真現像する晃介

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

娘の友達ネタバレ28話~29話|古都はチケットと手紙を破り捨てる。写真現像する晃介

娘の友達28話と29話のネタバレ考察です。

美也とも本間とも古都とも関係がギクシャクしてしまった晃介です。

全員が全員、双方向に以前のような状態にはならないものになってしまいました。

【28話】古都の父親が帰っている

古都の母親は久しぶりに父親と一緒に何かを食べている様子です。

優しい妻を演じているのか、これが本質なのかは分かりませんが夫を憎んでいる訳ではないのかもしれません。

何とか自分を好きなまま居てほしいと考えているのでしょうか。

古都に対しているところを見ているので無理している感が少し伝わります。

娘の友達28話 肩を揉むと夫に言っている古都の母親

娘の友達28話/萩原あさ美先生/講談社
肩を揉むと夫に言っている古都の母親

父親は気にせず「古都はいないのか?」と問います。

古都のことは話さずに何か別の話をし始める母親です。

この心境は「誰にも夫を取られたくない」という気持ちの現れなのかもしれません。

古都はそんな母親と父親の団らんの中、門の外で待っている状態です。

【28話】聞こえてくる母親の罵声

うまくいっているのかと思ったら違いました。

突然母親が「いつまで犠牲になればいいのか」と父親に叫んでいます。

どうやら父親はまたすぐに家を開ける様子。

どうせまたあの女の所に戻るんでしょう!?
-古都の母親-
(娘の友達28話)

引き離す様に何も語らずに去っていく父親。

門で古都と出くわします。

そこでも父親は一言だけ。

小さい頃から何も変わらないな

これもまた父親が仄めかした本質を貫く一言かもしれません。

いつも平気な顔をしてどちらにとっても良い子でいるのが古都とも言えるでしょう。

父親を攻めもしません。

かといって母親に対して「なんでお母さんは!」なんて言葉を発するでもなく、どちらにも理解がある人間として存在しています。

自分なりの感情を見せないと言っても良さそうです。

思春期の子供らしくありません。

倒れ込む母親に対して「一緒にお茶飲もう」と慰めるような笑顔を見せます。

めちゃくちゃ良い子に見えますが、やっぱり年齢を考えてもちょっと歪んでいます。

精神的なダメージをどこで解放すればいいのか分からずに溜め込んでしまっているのでしょう。

【28話】カメラを捨てられない晃介

古都は1人部屋の中で晃介にメッセージを送ります。

晃介は届いたメッセージを見もせずに削除しました。

そして持っていた古都のカメラをゴミ箱に捨てようとしますが出来ません。

【29話】チケットと手紙を破り捨てる古都

晃介の職場は夏季休暇の日程調整。

どうやら「夏休み?」と予定を書いていた部分に晃介は出なければいけなくなったみたいです。

予定表の夏休みの部分をぐるぐると消しています。

娘の友達29話 予定表の夏休みを消し込む晃介

娘の友達29話/萩原あさ美先生/講談社
予定表の夏休みを消し込む晃介

少しほっとしたんじゃないかとも思えます。

今は美也にも嫌われていて、古都と連絡を取る訳にも行きません。

誰か一緒にいてくれる訳もなく、夏休みが取れたとしても虚しく1人過ごす可能性を考えてしまうはずです。

古都はメッセージが帰ってこないことを理解して、仕舞っていた手紙とチケットを取り出して破り捨ててしまいます。

そのままベッドに横になり、枕に顔を押し付けて泣くでもなく足をバタバタさせているだけ。

失恋で泣くってことすらも気付かれてはいけない古都の行動なのかもしれません。

もしくは大した気持ちもなかったことへの現れなのでしょうか。

それとも泣いていると母親に見つかって余計にややこしくなるのを避けたのでしょうか。

【29話】学校に成績表を取りにいく晃介

美也が学校に行かなくなってしまったので、成績表を晃介が取りに行きます。

篠原先生からは「家庭で何かあったのか」と訊かれますが、答えられるはずもなく曖昧な返答で濁します。

持ってきているカメラを古都にそっと返そうと勝手に教室に入り、机を探し出します。

誰もいない教室に中年男1人です。

これだけでも怪しい

そこに現れる篠原先生。

かなり不審がっている様に見えます。

娘の友達29話 晃介の行動を不審に感じている篠原先生

娘の友達29話/萩原あさ美先生/講談社
晃介の行動を不審に感じている篠原先生

美也の忘れ物を取りに来たと誤魔化しますが、机が違っていると指摘されます。

担任に何も言わずに教室に勝手に入って机を漁る中年ってなればかなり怪しく思って間違いないでしょう。

いっそ座ってしまって「高校の最期の時ってこのあたりの席だったんですよ」と懐かしむ素振りを見せるくらいで良かったのではないかって気がします。

まぁそんな機転が効くはずもなく篠原先生には怪しまれた状態になりました。

【29話】カメラの現像を頼む

晃介は返せなかったカメラを持って街の写真屋さんに現像を頼みます。

預かり期限は6ヶ月で待てば1時間半で現像できると言われますが、「後日取りにいく」と晃介は言います。

このまま写真が失われるのも一つだと晃介は考えた気がしてなりません。

ここで29話は終了です。

大きく展開が進んだって感じもしませんが、古都も晃介も一つ踏ん切りをつけたって感じがします。

自己解決ではありますが、それならお互いに次に進んでいくのでしょう。

後は晃介にとっての難題と言える美也との関係修復です。

どうやって信用を回復すればいいのか。

娘の友達30話と31話のネタバレ考察



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.6

【東京喰種:re考察】3部タイトル予想!トーキョーグール:reの次も○○!?王“re”となったカネキの最期は!?

(石田スイ先生 東京喰種 7巻表紙引用) 東京喰種:reが 終わりを迎えようという今。 作品としては、 再びタイトルが 変…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る