Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダム654話の確定ネタバレ|玄右が呉鳳明の右腕馬介(ばかい)を両断!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダム654話の確定ネタバレ|玄右が呉鳳明の右腕馬介(ばかい)を両断!

キングダム654話の確定ネタバレでの考察となります。

魏の呉鳳明の強さが分かる戦に序盤は見えますが、キングダム654話の最後では楚の猛将たちの強さが際立つ展開です。

呉鳳明が連れてきた右腕と言われる馬介(ばかい)がいきなり玄右に両断されることになりました。

キングダム653話 魏将馬介(ばかい)

キングダム653話 魏将馬介(ばかい)

秦国よりも良い形で進んでいた魏軍でしたが、ここで将を一人失い余裕がある状態ではなくなってしまいます。什虎の強さが発揮されるのはここからと言って良さそうです。騰がわざわざここに自らやってきた理由が分かりそうです。

それではキングダム654話を詳しく見ていきます。

呉鳳明と蒙毅

挟撃の形をとっている秦国ですが、魏の呉鳳明率いる軍の進行と秦国では大きな差があります。

魏軍はかなり早い進行で楚軍を苦しめている様に思えます。変わって蒙毅が軍師として戦略的な支持を出している秦国軍は明らかな遅れとなっています。第一軍で一進一退の状況となります。

魏軍の兵も秦国は自分から言っておいて遅れるとは、と愚痴が出ていますがやむを得ません。

魏軍の第一部将である呉鳳明と若手である蒙武の息子蒙毅では軍略の才に差があって当然です。秦国としても呉鳳明がここまでの実力者だとは思っていなかった様子です。

蒙武と騰の存在

呉鳳明はそれで挟撃のペースを落とす事はしません。軍略では呉鳳明に圧倒的に劣る蒙毅かもしれませんが、秦国にいる2人の武将はそれらの差を埋めるだけの個としての力があると言います。

呉鳳明が思う通り蒙武と騰が先頭に立ち、一気に戦況を変えてしまいます。遅れていた蒙毅の戦略的な配置を無効にして突破してしまうほどの武力が2人はあります。

この存在の強さを3年後に最初に戦う相手だと思ってよく見ておく様に呉鳳明は自軍の側近に言います。

什虎もやられっぱなしではない

呉鳳明の戦略の強さ。そして秦国の蒙武と騰の強さは分かりました。では楚がやられっぱなしなのかと言われれば全くそんなことはありません。

寿胡王にも焦りは全くない様子です。

満羽や玄右に指示を出すかどうか訊かれますが不要だと言います。そもそも什虎になぜ小国ですでに亡き国の人間が未だに存在できるのか。

彼らが全て怪物だからだと言います。楚としても戦を行う人間として残さなければならない人物として認知されているのが満羽であり千斗雲であり玄右ということです。

まず秦国側に現れた満羽の精鋭部隊が強烈な強さを発揮してきます。動きを止められた秦国軍、蒙毅も呉鳳明も楚の強さに驚いていると言えます(呉鳳明は顎を持っているだけで焦りは感じませんが)。

そしてここで大きな動きが発生しました。それが魏将の馬介と楚将の玄右の対峙です。苦戦のクの字もなく、一発で頭を両断されてしまう馬介。

呉鳳明の右腕として言われた将を一撃で葬る力は呉鳳明の想像を越えているのではないでしょうか。

ここでキングダム654話は終了となります。次週はヤングジャンプでは休載となります。10月1日発売より連載再開とのことです。

【こんな記事も読まれています】

⇒【信と蒙恬、楚の歴史的な大敗!?
⇒【昌平君は秦国を裏切る!?
⇒【項燕と昌平君が最強の敵!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

よく読まれている記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る