Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キングダム646話【ネタバレ考察】趙の滅亡が近い!嘉を連れて李牧は逃げる!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

※キングダム646話が確定しました。

確定のネタバレはこちらから
キングダム646話確定!疲れた李牧




キングダム645話で嘉ではなく末子の遷が王になりました。

幽繆王と呼ばれる史実でも暗愚の王が誕生する事になりました。

嘉は後に趙を離れて代という国を作ります。

最終戦は燕代の連合!李牧生存

史実で見れば、李牧を大将軍に任命したのは幽繆王でした。

悼襄王の時に多く活躍した武将の代表格が龐煖です。

ホウ煖が史実と異なる!?

また王都軍を下げれば王翦に良いようにやられてしまいます。

ここは末子の遷も李牧を使う可能性がありそうです。

嘉は投獄されるのか

嘉が引き出した多くの賢人たちですが、遷が王となった場合どうなるのでしょうか。

遷の母親と郭開は強くつながっていそうな様子もありました。

郭開の言葉の動くのであれば、嘉の幽閉も十分にあるでしょう。

李牧については、今の国情を考えれば王翦と対峙させる必要もありそうです。

但し、史実を見ればそれもありません。

李牧と秦国が戦うのは、更に秦国の刃が喉元に迫ってからでした。

嘉も李牧も投獄か、もしくはどこかに逃げるのではないかと推測出来ます。

李牧処刑の3つの予想

趙の滅亡も近いのか

鄴攻めから趙の滅亡に至るまで、実は7年の月日が経ちます。

末子の遷が幽繆王になってからもそれだけ趙は生き延びています。

今、李牧や嘉が出した賢人を再度幽閉したとしても同じく国としては生きながらえる事になるのです。

現状は扈輒と王翦の戦で、徐々に趙が押し込まれると予想されます。

鄴攻めから2年後に桓騎が扈輒を破って、始めて李牧の登場というのが史実となります。

趙の滅亡はまだ先の話と見て良いでしょう。

遷は王都軍を下げて、また扈輒と王翦に戦わせるものと思われます。

王翦の強さは史実にあり!

李牧の処刑

郭開としては李牧の処刑を考えています。

しかし、遷がどう考えているかは不明でしょう。

後に李牧を登用する事実がある以上、生かしておく逸材であると考える可能性があります。

遷は子供故に操作しているのは母親という場合もありますが、どちらにしても李牧をどう扱うのかは注目点の一つです。

李牧によって阻まれる趙攻略

嘉と共に逃げる

考えられる部分として、嘉と共に逃げるパターンです。

末子の遷の素行の悪さは登場の時点で分かります。

こんな人物が国を治めてしまえば、滅亡が目の前に迫っていると分かるはず。

嘉を連れて李牧陣営は別の場所に移るのではないかとも推察されます。

李牧は後に司馬尚と共に邯鄲の防衛に入ります。

キングダム47巻 司馬尚を大虎と評するオルド

キングダム47巻/原泰久先生/集英社
オルドが大虎と評した司馬尚

場合によっては、オルドを退けた司馬尚のいる青歌城に逃げ込むのではないかとも思えます。

趙の大きな動きの中で、王翦VS扈輒の戦は火蓋を切るのでしょうか。

李牧と王都軍無しでの戦となれば、扈輒の敗北は目に見えています。

どんな戦になるのか、信や蒙恬や王賁の将軍戦。

楽しみでなりません。

【こんな記事も読まれています】

⇒【春秋戦国時代の史実からの予想
⇒【騰が韓を滅亡させる!
⇒【李牧は死ぬ!史実通り処刑か!?
⇒【王賁は史実で四国を滅ぼす!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【項燕と昌平君が最強の敵!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2018.12.1

キングダム考察|秦の大将軍・騰(とう)が韓を滅亡させる!史実では強い文官!?魏との戦いで死亡!?

(原秦久先生/集英社/キングダム) 秦国の大将軍、騰(とう) 騰の初登場時は 王騎将軍の“副官”という ポジションであったが…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る