Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ザ・ファブルネタバレ230話確定と231話|アザミを倒して山岡に照準!次回はヨウコ視点?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
ザ・ファブルネタバレ230話確定と231話|アザミを倒して山岡に照準!次回はヨウコ視点?

ファブル230話でアザミとアキラの戦いとなりました。
ユーカリはすでに伸びていて始まる殺し合いですが、
やはりアキラはアザミを殺すつもりも無さそう。
圧倒的な強さで照準を山岡に向けますがユーカリの銃のラスト1発は放たれていた事からおもちゃの銃しか残っていません。
(ヤングマガジン2019年41号9/9発売より)

それではファブル230話と231話を考察していきましょう。




ファブル230話 のびるユーカリ

アザミはアキラを狙おうとしますががカウンターからは姿が見えません。
山岡に無事か確認するアザミ。
腕が痺れると言っている山岡は続けて「点数じゃ測れない」とアキラの評価か。

ビリヤード台の後ろにいるであろうと判断するアザミはユーカリを呼びますが返事はなし。
すでにアキラによって落とされていました(ユーカリも使っていた技と同じ様なものでしょう)。

ファブル230話 アザミを倒すアキラ

アザミがカウンターでしゃがんでいた状態から立ち上がります。
残る弾数を考えるアザミ「アキラが1発で自分が2発」。
弾数で考えればアザミ有利ではありますが当然アキラも同じ事が分かっています。

ユーカリの姿がビリヤード下から見えた刹那アキラがアザミの服の脇腹辺りをかすめる一発。
直後にアザミがアキラの頭上辺りの地面に一発(アキラは横向きに寝ている姿勢)。
アキラの撃ち方は自分が横になり下から見ながら銃を持つ手はビリヤードの上から出して発射しています。
神業や曲芸と呼べるレベルです。

お互いに生身で対峙してアザミが銃を振り上げますがその銃を狙ってのアキラの一発。
圧倒的な射撃力です。

ここからアザミが走り込んできて肉弾戦ですがユーカリ&山岡を相手にした時と同じ様に見えないスピードの打撃を受けて流すアキラ。
接近戦も人間業では無くなっています。
最終的にはアザミが膝裏を蹴られてしゃがみ込み山岡に照準。

山岡も「ドン引きした」と完全に覚悟を決めた様子。




山岡を殺すつもりは無い?

ファブル230話を見てアキラが山岡はおろかアキラやユーカリを殺すつもりが無いのは明白。
殺してしまえばもっと簡単に終わったはずです。
そして今までのボスの命令を遂行するアキラなら殺していました。

それをしなかったのはミサキの救出事件などを経ながら殺さない事で生きる道を見つけたからではないでしょうか。
後は山岡の命だけです。
アザミとユーカリは関係ないからその気持ちが強く働いたとしても山岡は指令の相手です。

ボスとしても山岡殺しをアキラに命じてアキラがどういう反応で成果をあげてくるのかを考えている事もありえます。
単純に山岡が邪魔なだけだったら自分から殺しに来るって事も考えられました。
全てはボスの考え通りに事が運んでいるのかもしれません。

ファブル231話は一方その頃カノジョ?

次回のファブル231話の予告を見ると「その頃カノジョは」となっています。
ミサキである可能性とヨウコである可能性の二つがありますがサブタイトルがテントの男。

ヨウコ編でまた男を誑かすのではないかと予想されます。
テントというのは男性の股間部分を言っているのではないでしょうか。
(全くちがっていたらすみません)

ヨウコの男を落としていくテキーラ女としての面白さは読者も望んでいる所。
今回は最大の期待をしながら誰かを陥れていくのか。
京都にマツと共に向かう予定でしたが最後に一回遊んでいこうって事かもしれません。

シリアス展開が続いていたのでギャグ回がこの山岡が死ぬのか!?って所でやってくれるのも面白いですね。
勿論全く違うって事もあるので言い切れない部分ではありますが。



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.11.6

【七つの大罪考察】グロキシニアとドロール本当に死亡!?伏線が残っている!?

(鈴木央先生 七つの大罪 22巻引用) チャンドラーを相手に ピンチとなった 七つの大罪。 そこに 現れたのは 先王のグ…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る