Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンピース考察|黒刀は❝成る❞と秋水-リョーマで判明!和道一文字も黒くなるか!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
ワンピース考察|黒刀は❝成る❞と秋水-リョーマで判明!和道一文字も黒くなるか!?

ワンピース937話にて牛鬼丸が言ったリョーマと秋水の話。

ミホークも「刃こぼれすら恥と思え」と伝えている。

武装色の覇気を刀に纏わせて黒くしている説もあったが、
持っている段階で黒刀である秋水と、
背中に背負っている段階で黒刀となっているミホークの夜。
(元々夜という名前なのか疑問が出るが)

現状では何かの理由で黒くなるのは分かっていた。

牛鬼丸もリョーマの歴戦によって「成った刀」だと黒刀を説明。

これでゾロの刀の黒刀化も可能性が高くなってきた。

ゾロのワノ国活躍が確実

シャンクスの剣グリフォンとは!?




ゾロの愛刀は和道一文字

ワンピースの序盤で登場したゾロの幼少の回想シーン。

くいなという親友の少女から形見として貰っている和道一文字。

これがゾロの愛刀と言える。

大業物であり、
ずっと使い続けている刀の一つ。

ゾロの歴戦によって黒刀化するのだとすれば、
この和道一文字の他にはないだろうと感じる。

武装色の覇気をまとって戦った回数によるものなのか、
それとも悪魔の実が物にも入るのと同じ様に覇気そのものも刀自身が纏う事があるのか。

黒刀化する理由までは語られていないが、
覇気が大きく関係しているのは間違いない様に思える。

大剣豪ミホークとワノ国に侍ありと言わしめた存在のリョーマだけが黒刀を作り上げた存在。
(ミホークに関しては元々黒刀だった可能性もある)

ゾロも3人目として君臨する事になるか。

ゾロは蛇の目と称される




シャンクスは黒刀ではない

覇気を使い続けたり、
その覇気の力が強かったりと言う理由で刀が黒刀化するのではない。

シャンクスが持っているグリフォンも相当な名刀であろうが、
黒刀ではないことを考えても間違いなさそう。

強者だから必ず黒刀を得られるとは限らない。

何か別の秘密があるのではないか。

シャンクスも当然ながら本気の時には覇気を使った剣術を使用するはず。

過去にそんな場面も多かっただろう。

また剣豪としての力もミホークと肩を並べる次元の強さだという。

片腕を失っていまはそこまでではないと言われるが、
それでも黒刀化は出来てもおかしくない。

それが成らないのだとすれば、
ただ強いだけでは成り得ないものだと言える。

シャンクスは死ぬ

和道一文字が黒くなるのはいつ

ゾロの一番の愛刀は和道一文字となる。

この和道一文字が黒刀化する可能性が高いが、
それはいつになるのか。

ワノ国は特別にゾロが活躍する可能性の高い場所でもある。

スサノオとヤマタノオロチの伝説で考えても、
ゾロがスサノオをモデルとしてエピソードが進むとすれば、
草薙の剣(天叢雲剣)の登場と同じ様にワノ国で黒刀化が十分に考えられる。

ホールケーキでは大幅にサンジの実力が増したが、
ワノ国でゾロの実力が大幅に増強されて、
懸賞金でもまたサンジを抜いて二番手に付ける気がしてならない。

五皇の一人と目されるルフィの直下で考えると、
ルフィ20億でゾロも10億近い金額というのが四皇に次ぐ存在らしい組織図に見える。
(一味であるから他の海賊団とは大きく異なるが)

麦わらの一味の懸賞金一覧!

黒刀化とワノ国。

ゾロに注目したい展開が多く残されている。

スサノオとヤマタノオロチ

【こんな記事も読まれています】

⇒【ギア6は覇王色の覇気で決まり!?
⇒【ゾロは蛇の目と呼ばれる!?
⇒【ゾロはダイヤ斬りミホーク超え!?
⇒【シャンクスの剣グリフォンとは!?
⇒【アポロ計画とワンピースの関係!?
⇒【悪魔の実が宿る場所判明!?
⇒【ティーチも白ひげを食べた!?
⇒【Dの一族テンプル騎士団モデル!?
⇒【麦わらの一味の懸賞金一覧!



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

よく読まれている記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る