Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハイキューネタバレ342話(確定速報)|星海を月島がブロック!序盤で点差を付けたい烏野!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
ハイキューネタバレ342話(確定速報)|星海を月島がブロック!序盤で点差を付けたい烏野!



ハイキュー342話は日向が後衛に回って月島がブロックとして前衛に到着する。

星海と月島の戦いが見られるが、
日向のお陰もあり星海にもそこまで驚かない烏野陣営。

鴎台はまだブロックが相手に慣れておらず本域ではないが、
準備が整ってしまうと更に厄介になる。

烏野としては相手のブロックが完成してしまう前に点差を広げたい所ではあるが、
そこまで上手くは運ばない。

月島は冷静な読みと飛ぶタイミングを合わせて星海のスパイクをシャットアウト。

ここで漸く2点差をつける展開となるが、
止められた後から星海を含めて鴎台も変化をさせてくる。

多彩な攻撃の中でどれを選んでくるのかを完全に読み切るのは困難。

月島の能力に期待がかかる。

それではハイキュー342話を考察していく。

星海が小さな巨人に近い




月島が速攻を読む

日向が後衛となり月島が前衛に現れる。

ブロック対決だと叫ぶクロではあるが、
研磨は月島の真似をして「ブロックが戦うのはスパイカーなんで」と冷静な月島を想像。

事実、
月島はかなり落ち着いている。

日向の普通サーブからのチャンスに対して鴎台は速攻を仕掛けるが月島は読んでいた。

ワンチから東峰が打ち込む。

得点にはなっているが相手のブロックはしっかりと二枚。

鴎台のブロックは常に束で用意されている。

正面を中心に三枚で対応しているが、
左右の攻撃に対してもしっかりと二枚を容易するスタイル。

非常にブロック力が高いと言えるが、
まだ大きく機能していないのは烏野の攻撃に慣れていないから。

鴎台のブロック陣が烏野の攻撃に慣れた時が非常に恐い。

それまでに点差を付けたい烏野ではあるが一進一退。

ベスト4最後の1校は




星海にも完全に対応する月島

ハイキュー342話での見どころはやはり月島と星海の戦い。

星海の滞空時間を意識している月島。

同じタイミングで飛んでしまったらブロッカーが先に地に落ちてしまう。

それを防ぐために星海のスパイクに合わせたタイミングで飛ぶ月島。

ベストのタイミングで飛び月島は星海のスパイクをシャットアウト。

ここで烏野は鴎台に2点差をつける。

月島が言っていた「必要以上に恐れなくていい」の言葉がカッコ良すぎる。

小さいけど凄い選手に一切驚かない烏野の特徴。

アドバンテージは選手全体にもあると言える。

元祖小さな巨人である宇内天満は止められてからが始まりと言っている。

ここから星海もまた進化してくるのだろう。

343話 月島VS星海

【こんな記事も読まれています】

⇒【決勝は梟谷戦で準決が4校目!?
⇒【ベスト4の最後の一校は!?
⇒【最強のセッターランキング!?
⇒【春高とインターハイの違いとは!?
⇒【宮侑が日向にトスを上げる!?
⇒【小さな巨人はどんな人物!?
⇒【星海が小さい巨人に近い理由!?
⇒【烏野が優勝するまでの相手は!?
⇒【井闥山学院はチート的な強さ!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る