【ヒロアカネタバレ】202話:3は合同戦闘訓練3戦目は轟VS鉄哲!?ヒートショックでA組勝利か!?B組の個性を予想!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(堀越耕平先生/集英社 僕のヒーローアカデミア引用)

合同訓練2戦目は
八百万の機転により
ピンチから一転して
A組の逆転勝利か!?

というところまで
いきましたが、
残念ながらB組に
負けてしまいました。

ここまでA組対B組は
それぞれ1勝1敗。

3戦目は轟率いるA組と
鉄哲率いるB組です。

どんな戦いと
なるのでしょうか?

⇒【ワンフォーオールはミリオに!?




3戦目のメンバーは!?

合同訓練も中盤戦と
なってきました。

3戦目のメンバーは
A組が
轟焦凍、飯田天哉、
尾白猿夫・障子目蔵。

B組が
鉄哲徹鐵、角取ポニー、
骨抜柔造、回原旋。

となっています。

B組は鉄哲以外の個性は
まだ判明していない
新キャラが3名です。

いったいどんな個性を
持っているんでしょうか?

⇒【合同訓練第5回戦の行方は!?

B組新キャラの個性は!?

B組の新キャラ3人が
どんな個性を持っているのか
名前から予想してみたいと
思います。

角取ボニー

まず角取ポニーは
角が生えた女の子で、
以前にもちょろっと
登場しています。

アメリカ人のようで
片言の日本語で喋っていました。

個性は角砲(ホーン砲)
らしいですが、
まだ作中では登場していません。
特徴的な大きな角を
発射したりする?

足の形も馬っぽくて
足がめっちゃ早そうです。

骨抜柔造

骨抜柔造の個性は”柔化”。

地面を柔らかくして
相手の沈ませて
動きを封じることが
できるようです。

地面以外にも自分の体や
相手を柔らかくしたりも
できるかも?

回原旋

回原旋の個性は”旋回”。

まだ作中に登場していませんが
自分が旋回するのか、
相手を旋回させるのか、
なんとなくしかわかりませんが、
結構やっかいそうな個性
だと予想できます。

空気を旋回させて
竜巻とかを起こせるなら
轟と相性が悪そうな
予感がします。

⇒【心操人使は編入出来る!?




どちらが勝つ!?

3戦目の戦いを予想すると、
轟は鉄哲と対決し、
尾白は角取と動物対決。

飯田は回原とスピード対決?

障子は骨抜と
関節VS軟体対決?

といった予想ができます。

ここまでお互い1勝1敗なので
どちらが勝ってもおかしくない
展開ですよね。

鉄哲の個性”スティール”は
自信の体を金属にする
能力ですが、
轟の半冷半燃の個性で
金属を急に加熱して
急激に冷やすと金属が割れる
ヒートショックという現象を
起こされてしまうんじゃ
ないかと思います。

ですが轟と回原の個性は
轟にとって相性が悪そうなので
どちらの組が勝つかは
まだまだわかりません。

また鉄哲はB組の指揮を
とることができなさそうなので
B組のブレインとなるのは誰か?

見た感じでいくと
回原が適任そうな感じ。

角取が自慢の足で、
索敵が得意そう。

鉄哲が壁となって
骨抜が地面を柔化して
敵を行動不能にする
というコンボが使えそうですね。

このB組を相手に
轟達はどう攻略を
していくのでしょうか?

次回の展開に
期待しましょう!

⇒【荼毘と轟は兄弟!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【デクはノートで180名以上分析?
⇒【デクは心を動かす!弔も救う!?
⇒【デクの個性が奪われた!?
⇒【デクに隠された個性とは!?
⇒【ワンフォーオールはミリオに!?
⇒【デクの見た夢の意味は!?
⇒【個性が世界を滅ぼす!?
⇒【心操はヒーロー科へ編入出来る?
⇒【物間がデクの個性をコピー!?
⇒【オールフォーワンが脱獄する!?




The following two tabs change content below.

ホォクスおじさん

マンガの読みすぎで中二病が治りません。 富樫義博さんと幸村誠さんのマンガがとくに好きで、読むのがもったいなくて逆に読みたくないという呪いにかかってますが、おっちゃんは今日も元気です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

2017.5.9

【進撃の巨人考察】ジークと王家の秘密?獣の巨人の謎解明?ダイナの意思を継承か?

(進撃の巨人 王家の血を引いてる訳でもないのに 93話 引用) 93話で明らかになった獣の巨人と ジークの関係です。 更に、 …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る