【ハンターハンター考察】幻影旅団は弱い奴から消される!ノブナガの能力は出るか?

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(冨樫義博先生/集英社 ハンターハンター引用)

BH号でのヒソカ探しが
スタートしています。

船の下層を牛耳っている
マフィア連中でもまだ
ヒソカの姿は
見つけられていないらしく、
捜査は難航しています。

一方のヒソカは
旅団メンバーを
37564(ミナゴロシ)するべく、
虎視眈々とその時を
伺っているハズです。

奇襲であれば、
コルトピ・シャルナークを
瞬殺できるヒソカ。

BH号で旅団のメンバーの多くが
倒されてしまうことは
ほぼ確実でしょう。

⇒【暗黒大陸のあらすじと今後
⇒【クラピカVS幻影旅団は全員死ぬ?




弱い奴から消される?

ヒソカが旅団のメンバーの中で
最後に殺したいのは
おそらくクロロ。

前回の天空闘技場の対戦では、
念願叶ったせっかくの
一対一のバトルを汚されたことで
相当に起こっている様子。

まずは手足を奪い、
ジワジワと旅団を
追い詰めていくでしょう。

ということで、
ヒソカに消されていくのは
旅団の中でも
弱い奴からでしょう。

現在残っている
旅団のメンバーは

クロロ、フランクリン、シズク
フェイタン、フィンクス、
マチ、ノブナガ、ボノレノフ

そしてゾルディック家の
イルミ、カルトです。

この中で一番弱いのは
これまでの描写的にも
シズクですね。

そこから、ボノレノフ→
フェイタン→フィンクスあたりが
ヒソカのスピードに付いていけず
仕留められていきそうです。

フェイタンの能力は強力ですが、
瞬殺されてしまっては
意味がありません。

ゾルディック家のイルミ、カルトは
旅団なのは仮の姿なので、
ヒソカにとっては狙う必要が無いので
生き残りそうです。

⇒【次の標的はボノレノフとシズク
⇒【イルミとヒソカどっちが強い?

ついに出る?ノブナガの能力

まだ一切能力が不明なノブナガ。

円4メートルで
ドヤっていたところ、
ゼノが円300メートルを
出したことで
最弱扱いされていますが(笑)
一応は旅団の特攻。

初期からのメンバー
ということもあり、
そこそこ強いんじゃないかと
思っております。

王位継承編で
その能力は発揮されるのでしょうか。
長年の愛読者としては
結構気になるポイントです。

できれば強い能力であってほしい。
なす術なくヒソカに
倒されないでほしい(笑)

範囲4メートルとはいえ
円は奇襲には強いでしょうから、
ノブナガは多少長生きしそうです。

まあでも、
相手がヒソカですからね。
力及ばず倒されて
しまいそうです。

その際はきちんと
ノブナガの本領を発揮させてから
倒してほしい(笑)

結構好きなキャラなので、
旅団最弱説は覆して
ほしいのです(笑)

⇒【クロロ1対1なら負ける?
⇒【HxH 強さランキング!




生き残るのはマチ?

気になるのがマチの存在。

作者の冨樫先生は、
コミックスの巻末コメントで
マチが生きていた方が
面白くなると述べていましたが、

次々とメンバーを倒され、
追い詰められた中で
マチはどういう
働きをするんでしょうか?

団長を倒された後
最後の生き残りのマチが
クロロを倒す!
みたいなのは
あんまり現実感がありません。

ここは
冨樫先生の腕の見せ所
ということでしょうか

いずれにせよ、
旅団の運命は
長くはなさそうです…。

幻影旅団の
これからの動向に
注目していきましょう!

【こんな記事も読まれています】

⇒【ヒソカあと10人はイルミ含み!?
⇒【ゴンの父はドン・フリークス
⇒【ジンの念能力は?
⇒【5大厄災と希望のまとめ!
⇒【ジンとカンザイ達がグル!?
⇒【ヒソカは顔を隠している?
⇒【36巻表紙を考察!
⇒【フウゲツ1層へ戻る!
⇒【プレデターは霊獣に効果あり?
⇒【サレサレの霊獣は強い?弱い?




The following two tabs change content below.

ある民

ちょっとダークな雰囲気のマンガが好きな永遠の厨二病。H×Hや進撃の巨人、ベルセルクなど設定が作り込まれたものや、カイジやウシジマくんなど心理描写が上手いマンガが好き!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.13

【東京喰種:re考察】カネキのタロット7は何を意味するのか♣逆位置の「暴走」はまさに♠

(石田スイ先生 東京喰種:re 144話引用) カネキの暴走。 その前に、 ちょっとコメディタッチな 感じでカネキの中の …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る