【インフェクションネタバレ】106話は晴輝が立ち直れるか!?きららの反応や如何に!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(及川徹先生 インフェクション 引用)

晴輝と紗月の恋が
終わりを告げた今。

晴輝としては
ようやくきららとの恋を
スタートできると
思っていますが、

一方のきららは
そうとは思っていない節も。

気になるのは、
これからの2人の描写。

⇒【黒い人物は光の粒を操る!?




きらら

きららとしては、
晴輝がらぎ姉や
紗月と付き合う事になっても
特に問題はないといった反応でした。

自分だけ幸せなのは
平等じゃないなんて事も。

しかし、
晴輝としては結局
きらら一筋で

残るらぎ姉と紗月は
断った形。

きららはこれを受け
嬉しく思うのか。

思うとしたら、
そのままゴールイン。

しかし、
思わないとしたら、
まさかのらぎ姉と紗月と
付き合わせるなんて展開も
起こりえるのでは。

そうやって
3人をしっかりと
見極めたうえで、

自分を選んでくれた方が
きららとしては嬉しいのかもしれない。

普通の考えとは
異なる部分もありますが、
姉の体験談もあり、

隔離地域で非日常を生きた事もあり、

純愛に不安があるという事なのかも
しれません。

裏切られた時の痛みは相当なもの。

はたして、
きららの反応は。

⇒【高木が犯人と関係あり!?




晴輝

晴輝の態度を見ていると、
恐らくはこのままきらら一筋で
貫きそうな部分がありますね。

しかし、
まだ高校生の晴輝。

今回が初恋みたいな
雰囲気も感じますが、

日常に戻った際にきららと
一生やっていけるかと言われると
正直不安も多い。

2人の出会いに始まり、
隔離地域内で起こってきたことは
全てがファンタジーの世界。

それほどに思い出補正が
かかっている。

仮に日常に戻った時に、
物足りなさを覚えてしまうとしたら、
晴輝がどうなるのかは想像に容易い。

麗も言っていたように
まだまだ純粋な晴輝。

どうなるかは分からない。

⇒【紗月のポジションは何!?

4角関係

紗月とらぎ姉を振った晴輝。

晴輝は精鋭部隊の隊長として
今後とも外に出て活躍を
していくでしょうが、

紗月とらぎ姉に関しては
晴輝との恋が終われば
これといった描写もない。

らぎ姉だけは
上層の機関と繋がっているため
連絡係としての登場は
ありそうですが、

紗月にいたっては
何の変哲もない普通の高校生。

当初は
ヒロインかとも思われた
紗月ですが、

このような形で
終わるというのもまた
何処かもったいないと
感じる部分も。

ここにきて海外で
拾われてきた設定が
生きたりするのか?

終わりも見えたインフェクション。

その魅力の一つだった
4角関係はこのように無難な形で
終わる事になるのか。

では、
引き続き展開に期待。

【こんな記事も読まれている】

⇒【黒い人物は光の粒を操る!?
⇒【高木が犯人と関係あり!?
⇒【紗月のポジションは何!?
⇒【保菌者と光の粒は何!?
⇒【晴輝が保菌者騒動の犯人!?
⇒【小鳥の末路はバッドエンド!?
⇒【榎並が未経験!?
⇒【犯人は保菌者で実験!?
⇒【保菌者4種まとめ!




Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
人間ゴウセル

人間ゴウセル

雰囲気の暗い漫画や伏線・謎が多い漫画を好んで読んでいます!!(熱いのも好き)読んでいる漫画:七つの大罪、東京喰種:re、進撃の巨人、キングダム、ワンピース、ハンターハンターなどなど。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.9.28

【ワンピース考察】”キャプテン”キッドの名前の由来♦信じた者に裏切られ続ける人生♠

(尾田栄一郎先生 ONEPIECE 引用) 最悪の世代と 評されている海賊たち。 その中で、 登場当時最高額の 懸賞金とな…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.11.4

【ワンピース考察】物への悪魔の実の移植はゾオン系(動物系)だけではない♠パシフィスタは物か人か♣

(尾田栄一郎先生 ONEPIECE 引用) ワンピースの世界には 物へ悪魔の実の能力を 移植するというパターンがある。 その…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る