【ホリデイラブ考察】渡と里奈は離婚しない♠反省した夫にレミとカイの存在♦

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(ホリデイラブ 苦悩の渡 64話 引用)

64話で突きつけられた
渡からの離婚届。

それを書くことは
ないと思っていたのだろう
渡。

最後には、
笑ってしまう。

玄関先で追い出した
彼女の叫び。

「純平さんしか!」(64話より)

それを苦悩の表情で
聞いている渡。

⇒【里奈が純平を略奪する!?





義姉の発言

義姉のお店の二階で
住まわせてもらっていた里奈。

その時に、
義姉は渡が里奈にまだぞっこん
だという話をしていた。

これについては、
事実なのだろう。

だからこそ、
裏切られたことを
許せない。

ただ、
プライドが高い渡。

自分がふりんをされた
というのが受け入れられない。

元々の原因は
自分にあったのかもしれない
ということは
微塵も考えずに
今まで以上の支配を
引こうとした。

当然ながら、
そんなことを
受け入れられない里奈。

渡と里奈の
歯車は完全に決壊した
かのように見えた。

渡の自己認識

渡がこの玄関先で
何を思っていたのか。

表情の苦悩っぷり。

里奈への恨みつらみ
というよりも、
「何故なんだ!」
という何とも言えない
敗北感や悲壮感といった
ものなのではないか。

自分自身の行動に
間違いがないと
思って生きてきている渡。

そのキャラクターから
誰もそれを指摘することもなく
今の今まで過ごしてしまった。

要するに、
渡は自分の何が悪いのか
全く分かっていない。

杏寿にしても、
この人苦手という
漠然とした理由で
もう連絡を取らなくて済むと
安堵していた。

もしもそれが分かれば
里奈とよりを戻そうと
行動する可能性もある。

⇒【里奈が純平を略奪する!?





プライドを捨てる

渡に最も必要に感じるのは
高すぎるプライドを
捨てることだろう。

自分のやってきたことが、
里奈をどれだけ苦しめて
いたのかを反省し、
プライドを捨てて
もう一度やり直して欲しいと
里奈に伝えなければ
それは出来ない。

里奈としても、
2人の子の親。

渡のことを
心底嫌っているという
ことでもないはず。

今までのことで
渡自身がはっきりと
歩み寄り反省しているの
ならば、
また子供と共に
幸せに過ごすことも
出来るはず。

言いたいことを言えない里奈。

そして、
相手の立場に立てない
非情な男の行動を
取ってしまう渡。

せめて里奈への愛情表現だけでも
確実に行えていれば、
こんなことには
ならなかったのだろう。

⇒【里奈嫌いから可哀想へ昇格!?

渡と里奈

渡のあの悲壮感あふれる表情。

そのまま怒りに任せて、
書かれた離婚届を
提出とはいかないはず。

渡は自分の何が
悪かったのかを考えて、
里奈や純平に
接触する可能性もある。

そこで、
杏寿からはっきりとした
言葉をもらうのだろうか。

そして、
思い直して、
渡は里奈のもとへ。

里奈は怒るだろうが、
それでも渡が真剣に謝罪し、
やり直したいと言われれば。

純平との未来がないと
わかっている状況なら、
そちらを選び
復縁するということも
考えられなくはない。

【こんな記事も読まれています】

⇒【里奈が純平を略奪する!?
⇒【里奈嫌いから可哀想へ昇格!?





マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2018.7.10

【ワンピース考察】ウソップの嘘が実現!伏線13個一覧!死亡の可能性もある!?

(尾田栄一郎先生 ワンピース119話引用) ワンピースの作者である 尾田先生は伏線とその回収の仕方が 1番上手いと言われていますが…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.10.31

【ジャガーン考察】九條由麻はなぜ壊人戦士ユママに!?天使か悪魔か!?

(にしだけんすけ先生 ジャガーン 3巻引用) それぞれの 壊人戦士からは なぜ壊人となったのかという 理由が語られました。 …

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る