【ドメスティックな彼女ネタバレ】164話は華の書いた脚本で芹沢が夏生にアプローチ!?ユウカがそれに嫉妬する?

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(流石景先生 ドメスティックな彼女 162話引用)

天才新人少女に
「普通」だと言われた
夏生の作品。

それが刺激となり
夏生も大きく成長する
チャンス!?

また芹沢も
夏生に対する
気持ちが止められなくなる!?

⇒【マオ先輩明るさの秘密!





酷評は成長の糧

新人・薊名は
これからどういう役割をもって
夏生と絡むのでしょう?

絡む・・・というよりは
夏生にとって
刺激的な人物の
立ち位置なのでしょうか?

しかし「普通」と言ったけど、
かなり的確な分析を
していますね。

展開の起伏が少なく、
登場人物の特徴も薄いと。

イチ読者の率直な意見は
ある意味貴重なものだし
なかなか聞けないものですが、
ああやってズドーンと
直球だとぐっさりと刺さりますね・・。

⇒【夏生はまさかクズ男!?

ただ蔦谷が、
夏生の繊細な表現力にも
才能と可能性を見出していると
言ってくれたのが救いですし、
夏生の秘めた才能を
ちゃんと見てくれる人がいると
それだけで頑張れますよね。

ちゃんと小説家として
人一倍努力していこうと
思った矢先の出来事。

何かのメッセージとしか
思えません!

しかも彼女の作品が
「めちゃくちゃ面白い」
と夏生も認めました。

悔しくて仕方ないでしょうね。

言われるだけのことはある!?

この出会いが大きく
夏生を変えることに
なっていくのでしょう・・、きっと!

⇒【ヒナは嫌われる女!?

大学では・・・

そして大学では、
次回のサークルの
オーディションが
始まりそうですね。

脚本は華先輩。

70年代のキャバレーが
舞台で色っぽさがあり、
歌やダンスもある内容とのこと。

物語の要約の段階で
すでに面白い・・・と
再び衝撃を受ける夏生。

華先輩が普通に就職なんて
つくづくもったいないと
思います。

その夏生の表情を
せつなく見つめるのは芹沢。

もうめちゃくちゃ
意識しちゃってますね!

夏生に話しかけて
危うく告白するところ
だったのでは!?

ぼふっと顔が
真っ赤になりますが、
夏生にはルイが〜!

どうしても芹沢を
選ぶ夏生が
想像できないから
もう負け試合みたいな
感じで見ちゃっています、私。

⇒【ルイと夏生は別れる!?




いや、万が一にも
芹沢ルートはある!?

あったら今まで
なんだったの!?と
大ブーイングなること
間違いないでしょう!

ユウカは多分ですけど
芹沢狙いだし、
ユウカから告白されて
芹沢がそっちに目覚めるという
展開ならそれはそれで
面白いと思う!

ユウカは夏生狙いとは
どうしても思えないんですけどね。

これからかなり
積極的に行動するのでは?

もし本当に芹沢狙いなら
ユウカを応援します!

⇒【ルイは面倒臭い女!?

役作りの芹沢

役作りのために
色っぽい女主人に
なるべく勉強をする芹沢。

あらゆる男を虜にする女・・・

役作りの想像の中の
相手はもちろん夏生。

これまで恋らしきものを
したことがなかったけれど、
夏生に恋をした今、
どうやら芹沢の
「内なる女」が疼きだした様子。

恋をすると女は
綺麗になるっていうし、
それは本当だなと思います。

今後芹沢は
どんどん「女」へと
変化していくことに
なるのでは?

それは夏生には
感じ取ることができなくても、
ユウカのようにもし
芹沢のことを常に
見ているならば
気がつくと思います。

まだユウカが
芹沢狙いか
確定したわけでは
ないですけどね!

⇒【ヒナのお見合い相手は誰!?

そうだとしたら、
夏生のために
綺麗になっていく
芹沢に・・・というか
夏生に嫉妬心を
持ってしまいそうですよね。

ユウカと芹沢は
この公演を通して
何かが起きそう!?

まずはオーディション。

芹沢は主役を
演じることができるのでしょうか?

役作りのために
どんどん夏生を利用しよう!!(笑)

⇒【最終回はまさかの結末!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【マオ先輩明るさの秘密!
⇒【ルイは面倒臭い女!?
⇒【ヒナは嫌われる女!?
⇒【夏生はまさかクズ男!?
⇒【ヒナのお見合い相手は誰!?
⇒【ルイと夏生は別れる!?
⇒【最終回はまさかの結末!?




マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.

カオリン

胸キュンものからシリアスものでも何でも好きですが女性ものが特に好きなアラサー女です。 年とともに「東京タラレバ娘」みたいなズバズバと斬り込んでくる漫画が胸に刺さるようになってきちゃいました! 私も胸キュンしたーい!といいながら今日も家に引きこもって漫画を読みふける実家暮らしの箱入り?娘です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

2021.1.9

食糧人類考察|ナツネの正体!イケメンな6歳!?精神年齢は?成長スピードは?結末とその想い

登場初期では頼れるイケメンキャラとして登場したナツネ。 物語が進むにつれ、その内なる闘志も少しずつ露わになっていきました。 そし…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る