Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【終末のハーレム考察】31話後編の汐音の涙が根底を覆すか♣利用する者と利用される者♦

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(LINK/宵野コタロー先生方 終末のハーレム 31話引用)

31話の後編で
遂に汐音との
メイティングが
始まったが、
中々のSの具合。

というよりも、
翔太はもう別人に
なったと言っても
いいだろう。

昔の復讐も
兼ねているとはいえ、
以前の翔太なら
ありえない行為。

汐音の涙が
これからの
メイティングを変化させる。

⇒【汐音で翔太にS心まで宿る!?





候補者

メイティングの候補者というのは
あくまでも相手に好意を
抱いている者というのが
大前提だった。

それは、
怜人の時も、
翔太の時も
同じような説明が
なされている。

しかし、
汐音は別。

完全に、
アイドルとして
成功したいから
という自分の目的の為に
翔太とのメイティングを
希望していた。

広義の意味では
これも受け入れている
と言えなくもない。

ただ、
今までとは明らかに
勝手が違っている。

こうなると、
この候補者について
疑問が抱かれる。

⇒【花蓮が人気の理由は脱ぎ!?

利用する者される者

翔太もある意味で、
利用されている。

それは、
自分でも理解しているだろう。

怜人もわかっている。

しかし、
メイティングの
女性側はどうなのか。

子供が出来れば
裕福な暮らし。

そういった打算で
ここにいる者も
少なからず存在するはず。

純粋な好意じゃない女性。

実際に、
男性がこの一人しか
いないという状況だけに
好意が向きやすいのは確実。

その中に、
嫌悪感があれども
利用すると決めている者が
男を籠絡していくような
人物だったら。

このメイティング制度は
それなりに諸刃の剣と
言えなくもない。

⇒【ゆず先生は翔太の子供を妊娠!?





愛させない

愛する者。

これは、
UWはにとっては
厄介な存在。

怜人の一件からも
明らかだろう。

心に決めた一人の女性。

そういう存在は
数多くのメイティングを
してもらいたいという
UWにとっては無用なもの。

近づき過ぎた者を
どんどん排除していく。

そうすれば、
そもそもその人だけ!
という状況にはならない。

いや、
なれない。

それを繰り返せば、
気付くだろう。

仲良くなると
いなくなってしまう。

ただ、
それは安らぎの排除。

狂うのも時間の問題か。

⇒【翔太はみんなとメイティング!?

汐音

汐音はアイドルとしての
成功を視野に入れて
翔太とのメイティングを
受け入れている。

まさか、
人が見ている屋上で
とは思っても
見なかっただろうが、
それでも我慢した。

涙を流している姿から
汐音にとっての
アイドルというものが
どれほどに重要なことか
理解できる。

この一件で
汐音がアイドルとして
成功したとすれば、
問題も発生する。

それなら私も。

UWが排除するだろうが、
翔太そのものが
それを望んだ場合。

イジメられっ子から
イジメっ子への変換。

よくある話。

土井翔太の性格が
大きく曲がることに
なるかもしれない。

【こんな記事も読まれている】

⇒【ゆず先生は翔太の子供を妊娠!?
⇒【花蓮が人気の理由は脱ぎ!?
⇒【汐音で翔太にS心まで宿る!?
⇒【土井翔太が一番ゲスくなる!?
⇒【翔太はみんなとメイティング!?
⇒【MKウイルスは誰が何の為に!?





マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.12.28

【キングダム考察】王賁が死ぬ事はないか♣史実の最期は不明でも子孫は有名な人物♦

(原泰久先生 キングダム 引用) 王賁といえば、 歴史的にもかなり重宝 された武将。 秦国においては、 楚を滅亡に追い込ん…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る