Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【刃牙道ネタバレ】173話は範馬刃牙vs宮本武蔵が実現するのか!?愚地独歩、愚地克巳参戦!?

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(板垣恵介先生 刃牙道 17巻 引用)

範馬刃牙vs宮本武蔵
3度目の対戦が
実現すると思われましたが
やはり徳川光成が
登場しました。

その光成の提案を
武蔵はあっさりと
受け入れます。

はたして
刃牙vs武蔵は
実現するのでしょうか?

そして
第173話の展開は?

⇒【武蔵のありがとうの意味!?
⇒【武蔵は戦の基本を押さえている!?





対戦場所は?

対戦がお預けと
なってしまった
刃牙vs武蔵ですが、
2人の3度目の対戦場所は
どこになるのでしょうか?

2人の過去2度の対決は
いずれも徳川亭にて
行われています。

今回も光成の提案により
武蔵は徳川亭に
向かっているので、
3度目の対決が
再び徳川亭にて
行われる可能性は
十分にあると思います。

しかし
個人的には次の対戦は
地下闘技場で行われる
可能性が一番高いと
考えています。

ヒントは第172話で
刃牙が武蔵が現世で
斬り過ぎたことに対する
仇を取りたいと
述べているところに
あります。

刃牙が最も仇を取りたいのは
地下闘技場での
武蔵との闘いで
命を落とした烈海王で
あると思います。

刃牙の性格を考えると
その地下闘技場で
烈の仇を取りたいと
考えるのが自然では
ないでしょうか。

地下闘技場の
チャンピオンである刃牙が
武蔵と一度も地下闘技場で
闘わないのは
寂しい気もするので
是非とも闘いが実現して
欲しいという思いもあります。

しかし
徳川亭、地下闘技場以外で
闘いが行われる可能性も
捨てきれません。

徳川亭に移動中に
刃牙が武蔵に対して不意打ちを
仕掛ける可能性もあるでしょう。

刃牙は武蔵を現世から
葬り去りたいとの
強い思いがあるので、
手段を選ばない
選択肢もあるでしょう。

そして
その闘い方は
戦国時代の闘い方
そのものなので、
その場合は武蔵も応戦する
ものと考えられます。

その場合は
一般人に見られると
騒ぎになるので
深夜の公園や橋の下が
選ばれるのでは
ないでしょうか。

⇒【強さランキング!最強は誰!?
⇒【花山薫の握力は何キロなの!?



刃牙の修行

疲れて果てている武蔵は
宮本武蔵ではなく
倒しても意味がないと
刃牙は述べています。

この発言から
花山薫を助けに入った際
刃牙は武蔵と
その場で対戦することは
考えていなかったのでは
ないかと考えられます。

武蔵との対戦が
先延ばしにされると
いうことは
刃牙には武蔵との対戦に
向けて準備する期間が
残されていると
いうことにもなります。

刃牙はその期間を
使って範馬刃牙の型を
完成させると思います。

そして個人的には
その範馬刃牙の型とは
現代格闘技の技を
刃牙自身が取り込んだ
ものになると
考えています。

そのために刃牙は
現代武士達のもとを訪ね、
技を伝授してもらうのでは
ないでしょうか。

この際にポイントなるのは
本部以蔵と郭海皇に
なると思います。

まず本部に関しては
刃牙が武蔵を
現世から葬り去りたいと
考えたときに、
現代武士の中で
頼れるのは
本部しかいません。

試合に勝つことを
目的とした
現代格闘技ではなく、
勝負が生死に繋がることを
意識した古流武術を
刃牙が身に付けることで
武蔵を倒す際の
切り札となるでしょう。

郭海皇に関しては
烈の師匠とも言える
人物であり、烈亡き今
烈の中国武術を学ぶには
最も適した人物と言えます。

烈が武蔵との闘いで
刃牙の構えを使用したことから
烈と刃牙のスタイルは
親和性が良いと考えられます。

また刃牙は
烈が斬られた場所で
烈の技で武蔵を倒したいと
考えているでしょう。

郭海皇の伝授した技が
範馬刃牙の型完成に対し
重要な役割を果たす
かもしれませんね。

⇒【オリバの筋肉で武蔵敗れる!?

他の現代武士は?

このままの展開だと
刃牙と武蔵が闘う可能性が
高いと考えられますが、
他の現代武士が武蔵と
闘うことはないのでしょうか?

個人的には
可能性があるとしたら
愚地親子のどちらかに
なると考えています。

ヒントは148話で
刃牙、独歩、克巳が
会話している場面に
あります。

この会話の中で
克巳は独歩の
問いかけに対し、
”守護るとしたら
「俺ら」の誰か?”
と答えています。

「俺ら」とは
言っていますが、
克巳の本心では
自分がやりたいと
思っているでしょう。

そして
他の2人もその思いは
一緒であると考えられます。

今回刃牙に
先を越されてしまった
2人は武蔵と闘う機会を
伺っているでは
ないでしょうか。

刃牙との対戦が
実現する前に、
独歩もしくは克巳が
武蔵と闘う場面が
あるかもしれません。





まとめ

第173話では
武蔵との対戦に備えて
修行に励む刃牙の
姿が描かれると
予想します。

範馬刃牙の型
完成のため、
そして武蔵を現世から
葬り去るため
刃牙は本部と郭海皇に
教えを乞うことに
なるでしょう。

そんな中
武蔵との対戦を狙う
愚地親子が
刃牙よりも先に
武蔵と対戦する場面も
みられるかもしれません。

それでは第173話
楽しみにしています。

【こんな記事も読まれています】

⇒【強さランキング!最強は誰!?
⇒【武蔵は戦の基本を押さえている!?
⇒【武蔵のありがとうの意味!?
⇒【武蔵の闇と花山の白!?
⇒【花山薫の握力は何キロなの!?
⇒【オリバの筋肉で武蔵敗れる!?





マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
オウガ

オウガ

漫画はジャンルを問わず 何でも読みます! 特に熱い漫画が大好き!! 熱い漫画から生きるエネルギー をもらっているアラサー男子です。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.6.9

【ハンターハンター考察】ヒソカ暗黒大陸の出身説あるか♣念習得は幼少じゃなかった♦

(ハンターハンター 石田スイ先生ネーム 引用) ヒソカは冨樫先生も お気に入りのキャラ。 謎に満ちた人物。 念の習得は、…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る