【僕たちがやりました考察】市橋は本当にシんだのか♣蓮子の彼氏じゃない♠トビオと同じ未経験♣

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(僕たちがやりました シんだって 2巻 引用)

ウッカリでは済まされない
爆破事件を起こした4人。

そのトビオは
そんなありえないことが
起こした日にも関わらず
蓮子とカラオケに。

ただ、
事件のことを
すごかったらしいねと
聴かれても
カタコトの外国人みたいな
言い方になっていた。





人がシんだ

そこで知らされる蓮子の情報。

「シんだって、今日の爆発で」

市橋とトビオの最初の
出会いというのは、
道で蓮子が二人乗りの
バイクから降りてくるのを
確認。

その後で、
トビオをかばうために、
「家にだれもいないんだ」
なんて言いながら
市橋の気をそらす。

それを見ていたトビオは
蓮子の彼氏だと
勝手に解釈していて
驚いている。

ただ、
蓮子は否定。

クラブに行くような女は
みんな~って発言に
ちょっとむくれる蓮子。

蓮子「そーゆーのまだしたことないんで」(2巻より)

市橋は本当にシんだのか

市橋と蓮子が
何の関係もなかったことを
聴いたトビオ。

だからといって、
今日やってしまった
出来事から逃げられる
わけでもない。

そして、
家に帰ると
知らされる真実。

「シ者6名」

トビオからすれば
驚愕の事実だろう。

爆破してしまったのは
何となく気付いているが、
それでも人の命を
奪ったという
重圧はこのニュースを見る
まであまり実感が
なかったはず。

そして、
その中に市橋の名前は・・・。

⇒【蓮子は市橋を選ぶ?





生きている市橋

市橋は、
この爆発でかなりの重症。

パイロットになりたかった
という市橋だが、
実際にはその夢も絶たれる程のケガ。

リハビリを続ける生活になるが、
生きてはいる。

車椅子の状態で、
犯人がトビオたちだと
決めつけて復讐しようとする。

矢波高校を仕切っていた
市橋はその力も
利用しながら
トビオたちを徐々に追い詰めていく。

⇒【市橋がトビオを疑う!?

市橋がシぬ

最終の局面。

トビオと市橋は
色々あって友情を
深めていく。

ただ、
前を向いて歩きだしている
トビオ。

それを見て、
自らの絶望が
広がる市橋。

明るく振る舞いながらも
その希望のない自分の未来に
自ら終止符を打ってしまう。

間近で起こった、
もう一つのシ。

結果的には、
爆破で10名が亡くなり、
そこから更にでっちあげの
シ刑囚に市橋。

終盤にはなるが、
パイセンの異母兄弟なんかを
含めていくと、
かなりの人数のシを
一つのイタズラが
もたらしたと言えそう。

市橋が自らを
終わらせた方法は
病院からの飛びおり。

蓮子はその時、
トビオと付き合っていて、
それを聴いた蓮子は
涙する。

「相談しろよ」と。

トビオは自分のせいだと
悔やんでいた。

⇒【蓮子は市橋を選ぶ?
⇒【市橋がトビオを疑う!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【最終回の笑顔の意味は!?
⇒【結末に納得がいかない!?
⇒【伊佐美は今宵と遊びだった!?
⇒【トビオは今宵が好き!?
⇒【マルは刺されて当然!?
⇒【パイセンの親は超ヤバい!?





マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.1.26

【ワンピース考察】ジャッジからブルック(ソウルキング)に世代交代か!?聖書の歴史が物語る!?”ジャッジ”&”サウル王”との関係とは!?

(ONEPIECE 848話 ソウルキング”魂王” 引用) 「ジャッジ」と「ブルック」 この二人に関しては、 今のところほとんど共…

よく読まれている記事

ピックアップ

2018.5.4

【進撃の巨人考察】ジークは裏切り者で付け髭兵士とグル!ピークが勘付くが目的は一体!?王家の血で始祖の巨人を使用!?

(諌山創先生 進撃の巨人 99話引用) 飛行船にいたジーク。 髯の人物は ジークの信者。 ピークは そこに勘付く。 …

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る