ワンピース考察|バジュラング=ハヌマーンの別名!ハヌマーンは神猿でニカそのもの!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ワンピース考察|バジュラング=ハヌマーンの別名!ハヌマーンは神猿でニカそのもの!

ニカ・ルフィが繰り出した技。

その名が確定したのがワンピース1048話でした。

「ゴムゴムの神猿銃(バジュラングガン)」

バジュラングというのはハヌマーンというインドにおける神です。

そしてこの神様の特徴はまさにニカってことでハヌマーンそのものがニカのモデルと考えていいでしょう。

それではバジュラングという言葉からハヌマーンについて少しお伝えします。

Dの一族はテンプル騎士団と関係

ハヌマーンはまさにニカ・ルフィ

ギア5としてニカ化したルフィ。

自分自身が巨大化したり、雷を掴み取ったり、周囲をゴムに変えたりと自由気ままな戦いをしています。

そしてそのモデルとなっているのが「ハヌマーン」というインドの神様です。

このインド神様ハヌマーン(別名バジュラング)ですがどんな存在かを見るとニカ・ルフィのモデルなのがよくわかります。

  1. 変幻自在に身体の大きさや姿を変えられる
  2. 空を飛ぶ事が出来る
  3. 雷鳴のような咆哮を放つ
  4. 四つの猿(モンキー)の顔に一つの人間の顔
  5. 果物と間違えて太陽を持ってこようとした
  6. 一度インドラに殺されている
  7. 復活時に不死と決して破られない強さと叡智を得た
  8. ハヌマーンの復活によって世界に再び風が吹いた

これらを見ているとニカ・ルフィとの対応が多いことにも頷けるのではないでしょうか。

そして世界に再び風を吹かせた存在ということで、実際に風を吹かせたのはヴァーユですが、ハヌマーンが復活したことで機嫌を良くしたのが理由。

ハヌマーンが死んだ時にヴァーユが風を止めて、そのため多くの人間や動物が死にました

何となく世界政府と今の世界の関係を表しているようにも見えます。

ゴムゴムの実(ヒトヒトの実モデル幻獣種ニカ)の覚醒が言わばハヌマーンの復活であり、それによって世界が救われる風の復活が成し遂げられることになるのでしょう。

そしてこのハヌマーンは猿王と呼ばれる存在との関係も深いものです。

猿関連では西遊記でも有名でしょう。

これは尾田先生が敬愛する鳥山明先生のドラゴンボールとも密接に関わっています。

そもそもドラゴンボールの主人公である孫悟空は西遊記の主人公でもあります。

この時代のアジア大陸における猿の存在がどういったものだったのかを感じるところでもあります。

古代兵器は兵器じゃない

ハヌマーンを軍師とした猿王スグリーヴァ

ハヌマーンは猿王スグリーヴァの軍師として活躍したことがあります。

猿王と言えばルフィの技にもありました。

「猿王銃(コングガン)」

これを考えると、その時からバジュラング(神猿)についても想定されていたということになるのでしょう。

ちなみに猿王スグリーヴァと軍師ハヌマーンの話は「ラーマーヤナ」にて描かれています。

ラーマーヤナにはジブリの天空の城ラピュタでも登場した話のモデルが多く出てきます。
(ヒロインのシーターやインドラの矢など)

ロックスの息子がティーチ(黒ひげ)で確定か

スグリーヴァは太陽神の息子

ハヌマーンを軍師とした猿王のスグリーヴァ。

そしてハヌマーンはスグリーヴァに対してヴァーリンの追ってから逃れるためにリシャヤムーカという山への逃亡を指示しました。

その前は世界を放浪していて、その時に世界そのもの地理に精通したのがスグリーヴァでもあります。

またスグリーヴァは太陽神スーリヤの息子でもあります。

ここでも太陽という言葉が出てきてニカと繋がる部分でもあります。

ちなみにスーリヤは闘神であるインドラの兄弟とも言われているので、この先でもインド神話をモデルとした話の展開があるのかもしれません。

そう考えるとインド神話も抑えておくとワンピースをより楽しめる可能性もありそうです。

バジュラング=ハヌマーンということで色々な共通点が出てきたワンピースのルフィ。

インド・中国と猿という存在に大きな意味を持つエピソードが残っていて、更にルフィの名前にモンキーが付いている。

当初は尾田先生の好きなドラゴンボールがモチーフで、そこから孫悟空=猿=西遊記と流れていったと考えれていました。

さらに深掘りしてインド神話にまで突入したこのモデルになっている世界観。

ルフィが鍵となって世界が変わるのは間違いありませんが、そのストーリーの軸にインド神話が絡んでいるのかもしれません。

それがあまりに壮大で想像だにしなかった読者も多かったのではないかと推測できます。

ワンピースとルフィの猿神銃(バジュラングガン)からハヌマーンに至るまでの簡単な考察でした。

大口真神(おおぐちのまかみ)とは何か



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

複数ライター様よりご寄稿頂いたネタバレを含む考察を掲載させて頂いております。編集時点で内容に誤りが生じる部分は直しを行っていますが全てに目が行き届かないケースもありますのでご了承頂けると幸いです。誤字などありましたらコメントで教えて下されば修正を行います。 またライター希望の方は問い合わせフォームよりご連絡下さい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • 名無しの権兵衛
    • 2022年 5月 09日 3:40pm

    ハヌマーンでは

      • ヒソ神さん
      • 2022年 5月 09日 9:12pm

      ありがとうございます!申し訳ありませんでした!(編集担当)

ピックアップ記事

2017.1.26

【約束のネバーランド考察】ミネルヴァは食人鬼の抵抗勢力!?ペンと本で明かされる秘密!?

(約束のネバーランド 21話 ミネルヴァのフクロウ 引用) 唯一外の人間で子どもたちの味方 と思われるウィリアム・ミネルヴァという存…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る