キングダムネタバレ788話【確定】キタリ番吾到着!王翦軍の真の強さを見せつける時!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

キングダムネタバレ788話【最新確定】キタリ番吾到着!王翦軍の粘り強さは李牧の想定以上

<キングダムネタバレ788話【確定】キタリ番吾到着!王翦軍の真の強さを見せつける時!>

糸凌に対して敬意を表するカン・サロ。王翦軍と司馬尚軍、どちらが倒れるか五分五分。状況としては李牧も危険な状態にある。キタリが番吾に到着して攻城へ向かう。

本編ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい。
【追記:キタリの動き・亜光と亜光軍の突撃

カン・サロは糸凌を殺さず、ジ・アガの傷で死ぬと判断しました。

糸凌に対して一応の敬意も払っています。

現状の王翦軍は危険な状況ながら、これは李牧も同じであり、五分五分の戦況。

もし司馬尚軍が敗北してしまうと李牧は一気に形勢が傾いて命の危険に晒されます。

亜光が遂に司馬尚の元へ切り込み、周辺の兵士の士気が膨張しました。

田里弥はつぶれ役を買い、倉央に対して司馬尚討ちのために中に入っていくように命じます。

現状は一気に王翦側有利になりつつある状況、それでも司馬尚軍の強さは王翦の予想を上回っていました。

ただその予想については李牧も同じであり、王翦軍の強さは明らかに李牧の想定を上回っているものです。

そしてキタリが番吾へ到着しました。

この報告も李牧に入っており、キタリはそのまま攻城戦へ。

それではキングダム788話を考察していきます。

李牧は史実でも最強の武将

キングダム788話ネタバレ考察1・糸凌に敬意を示すカンサロ

・糸凌を殺さないカン・サロはジ・アガの傷で死ぬと考えている
・ジ・アガを倒せる人物だった糸凌に敬意を評しているカン・サロ
カン・サロは糸凌と同じく倉央も送ってやると宣言

カン・サロによって糸凌は殺されませんでした。

腕は折れて、鎧は砕け、死ぬ直前という印象。

ジ・アガを殺した人物ということで、その意味での敬意もあります。

ただ当然親友だった存在です。

同じく糸凌と共に倉央も送ってやると考えている様子です。

カン・サロが倉央の元に届いてしまうと、今の司馬尚軍が一気に盛り返す可能性もあるでしょう。

止めなければならないですが、この場所にカン・サロを止める術はありません。

よってカン・サロが届くまでの一瞬の間が王翦軍にとっての勝機と言えます。

ジ・アガとカン・サロの過去、互いは一心同体

キングダム788話ネタバレ考察2・王翦の想定外と五分五分の戦

・王翦は飛信隊と玉鳳隊がいきなり封じられるとは考えていなかった
・王翦は早期に戦が進むとは思っておらず予想外ながら戦況は五分五分だと思っている
王翦の敗北があるとすれば司馬尚軍の強さの想定外と飛信隊と玉鳳隊を封じられたことが理由
・司馬尚軍を中央に向けたことで、もし司馬尚軍が負けたら李牧は致命傷となる

王翦の想定外です。

そして「勝つ戦しかしない」と言われる王翦でも、やはり李牧に対して想定外が多く起こるのだと分かります。

王翦は現状の戦況でも戦いは五分五分だと思っている様子です。

決して「不利な状況」とは思っていません。

少し読者の発想とは違ったように思えますが、これも当然で司馬尚軍が敗北することがあればどうか。

現実に李牧を守る軍勢はいないに等しいものになるでしょう。

結果的に司馬尚軍VS王翦軍の勝敗が全てを分けることになります。

この二つの結果で全てが決まってしまうことになります。

また王翦は今回もし敗北するとすれば、その一つの理由が飛信隊と玉鳳隊を封じられたことによるものと考えています。

とするば、急ぎ戻る飛信隊、これが右翼に復帰すれば、玉鳳隊の王賁が戻ってくることになります。

一足先に中央に向かっている亜花錦の存在もある。

そう考えると、まだまだカン・サロ到着後にも王翦にチャンスが巡ってくるように見えます。

結果的にもし司馬尚軍を打ち破ることに成功すれば、逆に李牧は自らを守る手立てが楊端和によって封じられている以上、逃げるしかなくなるでしょう。

この戦の勝利は王翦軍のものになります。

王翦の強さは史実にあり

キングダム788話ネタバレ考察3・亜光の存在がスゴイ

亜光が司馬尚軍のもとへ切り込み、それによって士気が増大する
・関常は亜光がもたらす士気向上とそれに応じて更に攻勢を強める
・楽彰は亜光を追っていたが現場の亜光軍が亜光を追っており司馬尚軍への衝突不可避

ここで亜光の到着。

単騎で突き進んだ亜光でしたが、ここにきて大きな意味を持ちます。

亜光を追う楽彰、その後ろには更に亜光軍です。

切り込んできた亜光。

その姿を見たことで王翦軍そのものが一気に士気を向上させています。

戦において非常に重大な意味を持つ兵士たちの士気。

これがなければ戦えるはずもなく、逆にこれが強まることは何倍にも兵力を増強させる意味があります。

亜光の存在の危険性は楽彰も承知の上。
亜光は大将軍級の人物で王翦軍の要

だからこそ数の上では多数存在している亜光軍よりも亜光単騎を追ったのでしょう。

実際にこの動きに呼応して関常もまた攻勢に転じて司馬尚軍の勢いは更に半減といったところ。

司馬尚の敗北はイコール李牧の敗走を意味するものとなります。

よってこの戦そのものの終わりを告げるようなものです。

現状は明らかに王翦側に天秤の揺り戻しが起こったと考えていいのではないでしょうか。

李牧の史実が悲惨すぎて目も当てられない

キングダム788話ネタバレ考察4・李牧の予想を上回る王翦軍の強さ

・田里弥は自らつぶれ役を買い、司馬尚を討つべく倉央が前に行く
王翦は司馬尚の強さが確かに想定以上だったが、李牧の想定を王翦軍が上回ると予想
・李牧にもこの現状の報告は入っており、遠目に見ているが別段の表情の変化なしで新たな指示もなし

李牧もまた想定外なのでしょうか。

王翦軍がここまでの強さを持っているとは想定していなかったのでしょう。

但し李牧は表情を変えていません。

また指示をするでもなく、完全に司馬尚を信じているというところか。

鄴攻めの間に対峙したことのある王翦。

李牧からすれば予想の中で強さを見切っており、あらゆる想定をしても司馬尚と青歌軍の方が強いと考えているのでしょう。。

しかし現状は司馬尚本軍の力を持ってしても進みきれず、王翦を討ち取れていません。

亜光の士気上げ、倉央と田里弥の後方支援、関常と玉鳳隊の残りでの横撃。

全てが機能しており、中々王翦の首まで届くものではありません。

そうはいってもジリジリと詰めている司馬尚の強さが、また王翦の想像を遥かに上回るものだった事実は認めざるを得ません。

倉央がそんな司馬尚を狙うべく田里弥に指示されて前に出ていくことになります。

そもそも倉央が向かって司馬尚を討つことが叶うのでしょうか。

どう考えても、過去最強クラスの武力を持つような存在であり、これを倒せるのは、それこそ龐煖クラスのバケモノではないのかと思えてしまいます。

ここからカン・サロが届き、楽彰が亜光の後ろを取っていくので、そういう意味では王翦軍も後がない状況にあります。

更に及ぶ危険については、向かっている亜花錦、そして右翼に戻った後で、即座に動き出す王賁が王翦軍の最後の要となるのか。

ついに王翦まで届いた対司馬尚のところにギリギリで間に合うのが王賁ということになる気がします。

王賁は史実で四カ国を滅ぼす

キングダム788話ネタバレ考察5・キタリが番吾城へ到着

・李牧は楊端和軍の一部が番吾へ向かったと報告を受ける
番吾城に着いたキタリは兵と共に攻城に向かう

キタリは番吾城に到着しました。

同じく李牧も楊端和軍の一部が抜けていったことを報告されています。

ただ番吾には仕掛けた施されているという話でした。

そしてキタリはその城を見る、進むべく攻城の構え。

番吾にはどんな罠が仕掛けられているのか。

そしてキタリはこの番吾城攻めをどう考えているのでしょうか。

通常のよくある攻城戦にはならないだろうというところは予想できます。

壁が救われるのも近いのではないかと考えられます。

ちなみに史実では番吾城は秦国が取っているので、この番吾城攻めは成功するのではないかと予想されます。

キングダム789話のネタバレを含む考察

楊端和の史実と引退

※予想や独自の史実解釈を含めた速報からの考察となります。追記や修正はご理解ください。



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ワンピース考察|百獣海賊団、名がトランプに関しない者にカイドウは裏切られる!?

2019.3.28

ワンピース考察|百獣海賊団、名がトランプに関しない者にカイドウは裏切られる!?

ルフィたちがワノ国に潜入して月日が流れ、 カイドウたちの手の内も徐々にわかってきた。 百獣海賊団には幹部クラスには 『真打ち』、『…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る