ワンピース考察|チョッパーの親はベガパンクなのか。青鼻で捨てたか

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ワンピース考察|チョッパーの親はベガパンクなのか。鼻の色違いで捨てたか

ルフィのゴムゴムの実がヒトヒトの実であったことから、チョッパーの存在が強く注目されています。

「本当にヒトヒトの実を食べたトナカイなのか」

そもそもヒトヒトの実なのかというのも疑問視されるところ。
チョッパーはツキツキの実(2929)の能力者だった

今回はそれも踏まえて「ベガパンクが生みの親だったのでは?」という説を考察していきます。

これも考察者の中で考えられているものの一つになります。

メモメモの実が最強と呼ばれる理由

ベガパンクの故郷のバルジモア

ベガパンクがチョッパーの親なんじゃないかと言われた理由はバルジモアにあります。

ベガパンクの故郷である未来国バルジモア

これは冬島でチョッパーと出会ったドラム王国と似ている部分があります。

フランキーが研究データを見て、尚且つ最後に爆発させて「バルジモアの悪夢」を発生させた場所でもあります。

そこの村長を見ると「トナカイの角が生えている」のが分かります。
(ワンピース60巻592話「エール」を参照のこと)

この事からバルジモアとトナカイに深い関係があるのではないかと言われていました。

サウロが運んだオハラの本をロビンが読む

ベガパンクも月の民の血統

チョッパーに似ていると話題になったのはエネルが到着した先にいた月のロボというかツキミ博士が創ったロボットと同じスペーシー中尉です。

エネルはマクシムで月に向かっていきました。

多くの伏線が描かれている扉絵として今でも様々な考察の種になっています。

エネルそのものも同じく非常に重要な人物として今後本編でも大きな流れを生み出す可能性が高い人物です。

月の神がエネルで、太陽の神がルフィ

そしてどちらも5と6を象る実の名前ゴロゴロとゴムゴム

何もないはずがないと言えるような存在が月に向かって出会ったのがスペーシー中尉でチョッパーに酷似。

また月に関しては高い技術力がありそうな予感をさせた部分があります。

これは未来島エッグヘッドや未来国バルジモアに共通する部分とも言えるのかもしれません。

これだけでベガパンク=月の民、またはベガパンク=チョッパーの父とするのは難しい部分もあるでしょう。

但しスペーシーを作れるツキミ博士はバルジモアの出身であり、誰も知らない高度な技術を有していることが語られています。

ベガパンクは強くつながっている可能性があるというのはほぼ間違いないでしょう。

ティーチはタコの能力者だったのか

チョッパーはベガパンクが創った人形

スペーシーを作れるツキミ博士。

それと関わっているだろうベガパンクがチョッパーを創り出していれば「親」と言えなくもありません。

ベガパンクはモモの助が食べたカイドウの悪魔の実に対して「色が違う」と完璧主義なところを見せました。

バルジモアとトナカイは村長の角から考えてベガパンクもスペーシーの角アリバージョンのようなものを創った可能性はあるでしょう。

しかし青鼻であることから「失敗作」としてチョッパーを捨てた可能性は否めません。

そうなるとチョッパーは機械であり、その機械が悪魔の実を食べたということにも繋がっていくのかもしれません。

但しチョッパーは血も出るので、このあたりは「ほぼ人間」という状態で「月の民そのものを再生させた」という可能性もありそうです。

苦しい説にも見えますが、チョッパーに大きな謎が隠されていて、それがベガパンクと関わっているというのは正しい説なのかもしれません。

ウラヌスはイム様所持。起動に犠牲が必要



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.9.9

【ホリデイラブ考察】里奈にイライラ「最低嫌い」の声♦慰謝料も払わず純平を惑わす♠

(こやまゆかり先生 ホリデイラブ 65話引用) 里奈の純平や里奈に対する 行動の数々で、 すでに嫌われていた。 しかし、 …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る