呪術廻戦172話|確定ネタバレ考察|レジィが死ぬ!玉犬で殺した恵!髙羽や黄櫨、虎杖は登場せず

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

呪術廻戦172話【最新】確定ネタバレ考察|レジィが死ぬ!玉犬で殺した恵!髙羽や黄櫨、虎杖は登場せず

呪術廻戦172話のネタバレを含む考察となります。

本編ネタバレを含みますのでご注意下さい。

レジィとの対決も最終局面に入る呪術廻戦172話です。

「再契象」を使って木造2階建てという重さ30トンを影に放り込もうとするレジィ。

再度満象によって水の中で押しつぶされるレジィ

伏黒恵の影に掴まれて車分の重さが乗った状態で浮上は困難な状況でした。

解除すると伏黒恵も領域が解除していて、単純な肉弾戦の一騎打ちと見せかけます。

レジィも気付いていてカウンター狙い。

しかし最終的には玉犬によって耳から鎖骨のかけてを食いちぎられてレジィ死亡となりました。

それでは呪術廻戦172話を考察していきます。

呪術廻戦の強さランキング

40Gに耐える伏黒恵

前回は軽自動車3台分で2.4トンの重さを引き受けていました。

この状況の解説から呪術廻戦172話は始まりました。

普通の人間なら2.4トンが伸し掛ればそれだけで潰れてしまいそうですが、伏黒恵は動けなくなっただけです。

一般的な人間は5~6Gで失神するという解説。

以外と知らないし、案外難しい重力の話です。

呪術廻戦って五条悟の術式もそうですが、結構な勢いで科学系の話が飛び出しています。

今の状況は伏黒に40Gが与えられている状況になっています。

強烈なGによって下半身へ血液が流れて脳に血が回らない現象を抑えるために伏黒恵は姿勢を低くしていました。

その程度で耐えうるとは到底思えませんが、さすがは天才伏黒恵といったところでしょうか。

なぜ宿儺は伏黒恵を助けるのか

レジィのとっておきは木造2階建て

満象の攻撃を受けていたレジィは潰されたそうな状況になっています。

新たに再契象を繰り出そうとしますが、その時に影の中に沈んでいきます。

脱出しなければ死ぬ状況で思いついたレジィは影から逆に車を一台放り出して、自らも影の外から出ることに成功します。

そしてすぐさま伏黒恵の影にむかって「とっておき」を放り込みます。

それが「木造2階建ての家」でした。

重さにして実に30トン

これだけで60キロの伏黒恵からすれば500Gで耐えられるはずがありません

現代SF小説のトップを走る三体Ⅱの下巻に100Gで人体が液体のようにペシャンとなって一瞬に死ぬところが細かく描写されています。

ここでそのまま終わらない伏黒恵はレジィの背後から影で羽交い締めにして水の中に引きずり込みました。

抗えないほど強烈な力は車2台分の重さが乗っているからです。

再契象を解除しなければ、先に自分が窒息してしまう状況でレジィは止む無く解除

そして伏黒恵も領域展開を解除して肉弾戦の戦いとなります。

もう一人の内通者は一体誰なのか

レジィを玉犬で殺す

レジィと伏黒恵のシンプルな肉弾戦が始まるところ。

しかしレジィはそう思わせながら伏黒恵が式神で隙きをついてくると考えています。

そこを予想してカウンターで仕留めると考えるレジィ。

二人の攻防は結果的に伏黒恵の方が一枚ウワテとなりました。

レジィからすれば死んだと思っていた玉犬

この程度で玉犬が死ぬはずもありません。

影から現れた玉犬によってレジィは頭の一部と耳のあたりから鎖骨に至るまでを食い破られます。

玉犬のことを完全に思考の外にレジィが追いやるまで色々な手法を使って待っていたということです。

レジィも自分が受けたダメージの理由を理解して、そのまま倒れて死亡確定となりました。

伏黒恵VSレジィの勝負は、かなりギリギリに見える状況でしたが伏黒恵勝利で決定です。

これで術師二人を殺したのでポイントを10にしています。

呪術廻戦172話でも髙羽と黄櫨がどうなったのかは描かれず。

また虎杖の動きも現状は不明となっています。

呪術廻戦173話のネタバレ含む考察

来栖華が持つラッパとヨハネの黙示録の関係



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

複数ライター様よりご寄稿頂いたネタバレを含む考察を掲載させて頂いております。編集時点で内容に誤りが生じる部分は直しを行っていますが全てに目が行き届かないケースもありますのでご了承頂けると幸いです。誤字などありましたらコメントで教えて下されば修正を行います。 またライター希望の方は問い合わせフォームよりご連絡下さい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

キングダム考察|信と蒙恬が大敗する楚の戦!項燕の奇襲と昌平君の裏切り

2021.2.10

キングダム考察|信と蒙恬が大敗する楚の戦!項燕の奇襲と昌平君の裏切り

信と蒙恬は非常に仲が良い武将と言えます。 但し史実は少し年代が離れていて李信と蒙恬は年齢的に李信が随分上であったと推察されています。 …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る