あなたがしてくれなくても61話|確定ネタバレ考察|みちが陽一に「離婚してください」の一言

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

あなたがしてくれなくても61話【最新】確定ネタバレ考察|みちが陽一に「離婚してください」の一言

あなたがしてくれなくても61話のネタバレを含む考察となります。

本編ネタバレを含みますのでご注意下さい。

楓と誠に関しては元鞘の状況になりそうな展開。

しかしながら、みちと陽一。

あなたがしてくれなくても59話で話がされる直前でしたが、61話で遂に。

真剣な眼差しは「別居」とかそういう次元の話をしようとしているのではありませんでした。

「離婚してください」

という強烈な一言が陽一に浴びせられることになりました。

それでは、あなたがしてくれなくても61話を考察していきます。

誠の回想

誠の両親の回想も考えさせられます。

母親の「女は家を守り、男は外で働く」それが一番うまくいくという古い考えの持ち主でした。

昨今はほとんどいなくなりましたが、心のどこかで「女と男」を分けて考える思想は残っていたりします。

こういう書籍は山のように出ていてベストセラーも多いものです。

しかも当てはまるし結構面白い。

さらに「世間様」という言葉を使うところから、世間体を気にして日々過ごしているのが分かります。

そんな母親の思想って子供に移っていきます。

それが当たり前だと思うから仕方ありません。

子供が見れる親は一組だけって現実がそうさせます。

結果作法重視、世間から、周囲からどう見られるかが重要になります。

お焼香は何回とかそんなの本来どうでもいいことです。

そのくらい誠の中で「世間様」というのが心根に蔓延っているのが分かります。

世間様って要するに自分の中の常識だと思います。

「こうしなきゃ」「こうあらなきゃ」というものです。

思い込みと言い換えてもいいでしょう。

「作法より気持ち」

この一言で誠は「なぜ自分があの時に楓を追わなかったのか」が分かりました。

非常にシンプルな気持ちの面。

これを誠は理解できていませんでした。

どこかで思っていたんです。

「追うのが普通だよな」「世間的に見れば追うよな」という感情で自分の気持ちが隠れてしまっていました。

楓と誠は元鞘の雰囲気

誠の中で「追いかけられなかった理由」が気持ちにあるのだと分かります。

今までは純粋に楓が好きだった誠。

しかし今は・・・。

これはレス問題でもはっきりと出てくるかもしれません。

出来ない理由は「好きじゃなくなったから」というものです。

恐らく世間的に往々にしてありえるもので、好きというのが男女としての性的な面での魅力と捉えるなら失われてレスになるのは頷けるところでもあるでしょう。

以外とレスについて読んで見ると面白く発見も多いものです。

要するにここでは以前のように愛する気持ちがなくなったということです。

悲しい現実ですが、これに気付いた時に足を引きずっている楓を見つけました。

これは、あなたがしてくれなくても60話での話です。

前回は楓視点でしたが、今回は誠視点です。

そして楓は謝りました。

レスのことも「たかが」と思っていたと正直に話します。

「誠を失いたくない」の一言に、誠もまた何かを感じはじめました。

チャンスが欲しいから家に帰ってもいいかと訊く楓、見つめ合う二人。

その誠の表情は明らかに今までのような暗いものでは無くなっています。

おそらくここから二人はもとの関係に戻っていくのではないかと思わせる描写となりました。

陽一が「子供を作っていいよ」

誠と楓とは全く逆の展開になっていくみちと陽一。

「子供のこと、私達のことで話がある」と言ったみち。

これについて、陽一がみちの発言を待たずに「俺も」と子供のことを話します。

そして「子供、作ってもいいよ」の一言。

当然ながら陽一にとっては大きな一歩でした。

ただ手遅れ、というか言い方を考えろって感じですね。

人は話し方が9割っていいたくないですが、ここでちゃんと謝罪して、自分がいかに怖がっていたのかも話せば違っていたはずです。

どこかで自分本位のプライドが擡げてしまったと言うしかありません。

男のしょうもないプライドってやつですが、そのプライドのために生きている男性も多いので何とも言えません。

今まで父親になんてなれないと考えていた男が一歩踏み出した状態。

進歩は進歩ですが、間に合いませんでした。

陽一から気持ちが離れていく前に、この一歩が踏み出せていなければならなかった。

みちの「離婚してください」

当たり前ですが、今の段階で「作ってもいいよ」なんて言われて喜ぶはずもありません。

そして必ず訪れる未来の絵面。

「みちが欲しいっていったんじゃん」

これは読者誰もが想像したところでしょう。

どう考えてもワンオペ育児に絶望することになります。

この本を陽一に叩きつけていいんじゃないかって気までしてきますね。

こうなると育児の負担はひと所に集まることが確定したようなものです。

そんな相手と一緒に子育てが出来るとは思えません。

みちは覚悟を持って陽一に伝えます。

「すり減らしながら生きられない」

これまでみちがどれだけ自分をすり減らしていたのか。

陽一は初めてこの発言で自分といることでみちが精神を削っていたのだと知ります。

どこかで「自分といれることを幸せに思っている」と勘違いしていたはずの陽一からすれば寝耳に水でしょう。

今までは傷ついても何とか繕いながらやってきた、それは陽一に対してみちが愛情を持っていたからです。

それが今はもうありません。

これもまたシンプル。

誠の時と同じです。

「もう愛していない」って伝えたも同然。

覚悟の一言がありました。

「私と離婚してください」

みちの真っ直ぐな表情は涙もなく、ありのままと呼べるほどに強さを感じるものでした。

これに抗うことが出来るとは到底思えない視線。

陽一は一体このみちの発言にどう答えていくのでしょうか。

もうその場しのぎとかでどうにかなる状況ではありません。

相手は離婚を望んでいて、何をしてもそれが覆らないと思わせる表情をしている訳です。

ここからの挽回はほぼ不可能と言えるでしょう。

陽一とみちの離婚。

どう進んでいくのか、次回あなたがしてくれなくても62話が楽しみでなりません。
(漫画アクションでの連載は2月15日号となりますのでお見逃し無く!)

あなたがしてくれなくても62話のネタバレ含む考察



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

複数ライター様よりご寄稿頂いたネタバレを含む考察を掲載させて頂いております。編集時点で内容に誤りが生じる部分は直しを行っていますが全てに目が行き届かないケースもありますのでご了承頂けると幸いです。誤字などありましたらコメントで教えて下されば修正を行います。 またライター希望の方は問い合わせフォームよりご連絡下さい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2018.5.25

【東京喰種:re考察】金木を攻撃した赫子はリゼのものか、旧多のものか!?

(石田スイ先生 東京喰種:re 173話引用) 地下では金木が旧多を攻撃し、 追う展開となりました。 そして逃げる旧多。 …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る