血の轍ネタバレ113話|静一の父、長部一郎は唯一息子を思っていた!死に覚悟の状況

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

血の轍ネタバレ113話|最新話|静一の父、長部一郎は唯一息子を思っていた!死に近い状況

血の轍113話のネタバレを含む考察となります。

本編ネタバレを含みますのでご注意下さい。

倒れたと聞かされた父を見に来た静一。

そして腸に穴が開いて早期手術を行ったために今はとりあえず問題ないとのこと。

但し油断も出来ず、場合によっては最悪のケースの覚悟もいると言われる静一。

静一は事件後の父親を思い出しています。

どうやら父親は全然息子を異物として扱わずに、なんだかんだで寄り添っていてくれたことが判明。

静一は何を思うのでしょうか。

血の轍113話を考察していきます。

父親、長部一郎の容態

寝ている父親の顔。

最初に入った時はゆっくり休んでいる様に見えました。

血の轍112話 眠っている静一の父親

血の轍112話/押見修造先生/小学館
眠っている静一の父親

しかし、今では半目を開いていて何となく容態が悪いのではないかと思えます。

そして静一は医者から現状を聞きました。

病名は「腸穿孔」で腸に穴が空いた状態。

今は緊急手術によって一応無事にいるとのことです。

但し状況次第では合併症によって「万が一の覚悟」という言い方をされました。

静一はいつも通りの無表情ですが、どこかで何かを感じている気もします。

事件後の父との記憶

静一の回想に入ります。

教護院に入ってからも何も喋らない静一を面会し続けた父親

そして出た後も「ふたりで暮らす」と部屋を借りてくれています。

「ここからやりなおす」と言う父親は別に静一を邪魔者として扱っている様子はなく、見る限り良き父親です。

担当官が訪れたときも「高校にもちゃんと行けている」と父親が積極的に答えてくれて担当者も安心している様子。

しかし静一は何も喋りません。

夜になるとお酒を飲む父親、何となく寂しい背中が見えていました。

ある日、静一は「一人になりたい」と高校卒業と同時に東京にいくことを父親に伝えました。

驚く父親でしたが、静一は辛辣な一言を発します。

「今まで僕を見て見ぬふりをしてくれてありがとう、さようなら」

冷たすぎる一言ではありますが、父親も涙を流す訳でもなく、寂しそうな表情をするだけでした。

ずっと気にしてくれていた父親

そんな表情を見せて、そのまま静一は東京に出て、あの工場で静かに暮らしていたのでしょう。

実はその後もずっと留守電に「元気か、お金は大丈夫か」と連絡をしていた父親。

なんだかんだで心配していたのではないかと思えてなりません。

しかし静一からすれば「父親の役割を演じている」くらいにしか思っていなかったのかもしれません。

静一は何を思うのか

意識が戻らない静一の父親。

病院の受付に「仕事があるので帰る」と伝えて何かあれば連絡が欲しいと言う静一。

その表情もまた何も考えていないのではないかと思わせるものでした。

帰り道も空虚な表情の中年になっている静一。

父親が死ぬかもしれない状況で、完全に穴が開いた闇に放り込まれていた静一の精神は何かしらの刺激を受けたのでしょうか。

これによって血の繋がりを感じるのなら「もう一度ママに会ってはっきりさせる」という気持ちも芽生えるのかもしれません。

血の轍113話の考察は以上となります。

血の轍114話のネタバレ含む考察



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

複数ライター様よりご寄稿頂いたネタバレを含む考察を掲載させて頂いております。編集時点で内容に誤りが生じる部分は直しを行っていますが全てに目が行き届かないケースもありますのでご了承頂けると幸いです。誤字などありましたらコメントで教えて下されば修正を行います。 またライター希望の方は問い合わせフォームよりご連絡下さい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

キングダム考察|王騎軍副官・騰の有能過ぎる!史実では武将でも文官でも活躍!!

2019.5.3

キングダム考察|王騎軍副官・騰の有能過ぎる!史実では武将でも文官でも活躍!!

キングダムでも人気キャラである騰将軍。 王騎の副官として陰を潜めていたが王騎亡き後、 秦国の将軍として多いに活躍した。 史実で…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る