Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【ホリデイラブ ネタバレ】93話は里奈を迎えに渡がやってくる!?全員揃って現場は修羅場と化す可能性あり!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(こやまゆかり/草壁エリザ先生方 ホリデイラブ引用)

逆ギレ?した麗華によって
里奈の夫・渡が彼女を迎えに来る!?

渡が里奈に取る態度・行動とは?

全員が一挙に揃って泥沼に!?

⇒【最終回はバッドエンド?




麗華の言い訳

杏寿を陥れるためのブログや
携帯の写真や全て消去した麗華。

「訴える」という言葉に
行動が早かったですね!

せっかく苦労して作ったのに・・と
少し惜しい感を出してはいましたが(汗)。

確認した杏寿と純平ですが、
そこまで拡散される前に
消すことができたとほっとします。

しかし一度アップされたものは
なかなか完全に消去ができないのが
ネットの恐ろしいところではありますが、
有名人とかでもないし、
そこまで知れ渡ることは
ないかもしれませんね。

麗華は全ての責任を里奈になすりつけ、
私は悪くな〜いアピールをしましたが、
なんかすごい麗華っぽいというか。

麗華の言葉を
鵜呑みにしているような杏寿にも
ちょっと驚いちゃいました。

これでは麗華の思う壺。

麗華はこのまま責任を負わずに
逃げ切ることができるのでしょうか?

⇒【里奈嫌いから可哀想へ昇格!?

里奈の嫉妬

ブログなどが消去されたことに
安堵する杏寿と純平の姿を見て、
悔しい思いを感じる里奈でした。

純平が心変わりしたと思って
喜んで車に乗ったのに
杏寿と純平の絆のようなものを
見せつけられる形になりました。

嫉妬するのも当然ですが、
なんだか怒る矛先が違うし
こんな時になってそんなことを思えるって
やっぱり里奈はちょっとどこかおかしい。

普通なら相手が夫婦でやってきて、
問い詰められるようなことになったら
諦めるというか2人の間には入っていけないと
勘付くものでは?

そして今、怒りの矛先は
どうやら純平に向かっているようで?

今後里奈が復讐に燃える可能性も
出てきてはいますね。

純平の人生をめちゃくちゃにしてやろうとか。

純平の車に乗る前は、
何かしようと企んでいたようですし。

それを実行できるかできないかは
渡次第でもある!?

⇒【里奈と純平の対立で失職!?




渡が来て修羅場?

麗華はもう里奈を置いておけないと、
出て行くように通告しました。

お金も行く当てもないという里奈に、
渡に迎えに来いと電話した麗華。

里奈が一番戻りたくないところであり、
迎えに来たとしても
すんなり帰るのでしょうか?

むしろ渡が来るとも思えないのですが。

かなりのプライドの高い男だから、
里奈が負けたと思って
高笑いしながら迎えに来る姿が
想像できるのは私だけでしょうか?

それとも渡はそんなやつは知らんと言って
麗華の電話を切っちゃうこともありそう。

でも里奈は渡が迎えに来たら
死んだほうがまし!と半狂乱に
なっちゃうかもしれない!?

外へ飛び出して行き、
車に轢かれてドラマみたいな
終わりになっちゃうとか。

渡が来たらそれこそ
主要人物が全員揃うことになり、
そこは修羅場と化すのでしょう・・ね。

次回も見逃せません!

⇒【渡が全ての元凶?

【こんな記事も読まれています】

⇒【里奈と純平の対立で失職!?
⇒【里奈のフリンは夫のDV!?
⇒【里奈の魔性っぷりがやばい!
⇒【ハナが2人の救世主!?
⇒【里奈が襲われるのを演じる!?
⇒【里奈にイライラMAX!?嫌われ役
⇒【渡が全ての元凶?
⇒【純平は嘘つきのクズ?
⇒【里奈が純平を略奪する!?
⇒【最終回はバッドエンド?
⇒【里奈嫌いから可哀想へ昇格!?
⇒【渡の反省?離婚届け出さずに謝罪?



The following two tabs change content below.
カオリン

カオリン

胸キュンものからシリアスものでも何でも好きですが女性ものが特に好きなアラサー女です。 年とともに「東京タラレバ娘」みたいなズバズバと斬り込んでくる漫画が胸に刺さるようになってきちゃいました! 私も胸キュンしたーい!といいながら今日も家に引きこもって漫画を読みふける実家暮らしの箱入り?娘です。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る