【ベルセルク考察】黒髪の少年の正体はガッツとキャスカの子!?深淵の神と出会った!?愛で世界を救う!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(三浦建太郎先生/白泉社 ベルセルク37巻引用)

浜辺でガッツ達の前に
姿を現した黒髪の少年

いまだ全貌は見えませんが、

今回は、
その正体と今後の動向について
整理していきます。

⇒【グリフィスとガッツ和解!?
⇒【髑髏の騎士=カイゼリック!?




ガッツの前に現れる赤子

物語の道中では、
度々ガッツの前に
奇怪な赤子が姿を現していました。

(三浦建太郎先生/白泉社 ベルセルク 1巻引用)

ガッツは赤子を恐れ
嫌悪していましたが、
しかし赤子がガッツに直接
危害を加えることはなく
進んでいきます。

そして、
黄金時代のラストでは、
蝕が行われ、

キャスカがグリフィスに
犯されることに。

その後、
キャスカが魔の赤子、
まさにガッツの前に
現れていた子を産む事に
なりましたが、

この赤子は
グリフィスとキャスカの
子供という事になるのか?

しかし
髑髏の騎士いわく、

髑髏の騎士
「いずれお前達の前に姿を現す
子は親を慕うものものだ
魔は魔なりのやり方で」
(三浦建太郎先生/白泉社
ベルセルク14巻/幼魔引用)

ということです。

お前“達”とは、
ガッツとキャスカを指す
言葉であり、

そういう意味では、
赤子はガッツとキャスカの
子供という事になります。

実際、
ガッツとキャスカは
一度行為に及んでいますから
無理な話しではありません。

つまり、
赤子の正体はガッツとキャスカの赤子に
グリフィスの魔が宿ったもの、
と考えるのが自然ですね。

そうなると、
赤子がガッツの前に
現れていたのは、
父に遊んでもらいたかったとか
愛して欲しかったとか、
そういった気持ちが故って
ことになりますかね。

ガッツは終始
拒絶していましたが、
赤子の気持ちを思うと
若干寂しい気持ちになったり。

⇒【キャスカどうトラウマを克服!?
⇒【キャスカ完全復活ならず!?




完璧な世界の卵

断罪篇では、
モズグズの炎による攻撃から
赤子がキャスカを守り
負傷をしてしまいます。

その後は、
ベヘリットの形をした
使途に飲み込まれることに。
(自称“完璧な世界の卵”)

(三浦建太郎先生/白泉社 ベルセルク20巻引用)

そうして
最終的に蝕によって
完璧な世界の卵(赤子を含んだ)が
グリフィスの器となり、
溶け合っていきました。

結局、
このべヘリット型の使途は
現世に絶望し死んでいった
“底なしの者(人間)”ですが、

20巻の兆しでは

完璧な世界の卵
「もうすぐそれは現れる
この世界には居もしなかった
私という存在を引き換えに」
(三浦建太郎先生/白泉社
ベルセルク20巻/兆し引用)

こんな話しをしていますから、

目的は?と言われると、
完璧な世界(幽界)
を呼び起こすことに
なるでしょうか。

最終的に、
グリフィスも通過点として、
幽界(ファンジア)を実現
させていきましたが、

完璧な世界の卵の想いは
報われたと言えます。

21巻の共鳴では、
完璧な世界の卵が血の涙を流し
笑っていましたが、
これまた想いが報われた事の
描写だったように思えますね。

そして、
気になるのは、
グリフィスと器となった
赤子の行方。

⇒【ガッツがモテモテ!恋人は誰に!?
⇒【グリフィスとガッツ和解!?

グリフィスの器となり

グリフィスが再度転生し、
ガッツ達の前に姿を現すと、

グリフィス
「鼓動・・・・・・
微かに高鳴っている
オレの血は凍てついていたはず
・・・これはオレの器となり
融(と)け合った
あの赤子の想いか」
(三浦建太郎先生/白泉社
ベルセルク22巻/獣剣士対黒い剣士引用)

こんな台詞が描かれました。

つまり、
赤子は完璧な世界の卵ごと
グリフィスの器になったと
言えます。

それと同時に
赤子の想いもグリフィスの心に
溶け合った・注がれたと
言えますね。

これがグリフィスの
救いになるとしたら
面白いですが、

しかしでは
赤子は完全に消滅して
しまっているのか?

物語の続きを見るに
そうでないので、
もうちょっと掘り下げていきます。

⇒【髑髏の騎士=カイゼリック!?
⇒【キャスカどうトラウマを克服!?




黒髪の少年

28巻月下の少年では
満月の夜に黒髪の少年が
登場しました。

少年はキャスカに
懐いている様子でしたが、
なぜかガッツを直視しては
目をそらすという行動を
繰り返しています。

親に構ってもらいたい
子供のような、
そんな感じですね。

そして、
物語が進んでいくと、
この少年がガッツを
狂戦士の気から救ったり、
海神からガッツを導いたと
思われる描写が描かれていきます。

なぜ黒髪の少年は
ガッツに拘るのか…?

これはもう
グリフィスの器となった赤子が
違う形で成長し、
黒髪の少年になったと考える他
ないでしょう。

それ以外はもうありえません。

つまり
黒髪の少年はガッツとキャスカの赤子が
転生したのか、
違う形を成して誕生した
新しい存在だと考えるのが自然に
なります。

⇒【キャスカ完全復活ならず!?
⇒【ガッツがモテモテ!恋人は誰に!?

深淵の神

ベルセルクでは
未収録の回として
“深淵の神②”というものが
あります。

ここではグリフィスが
フェムトとして新しい肉体を
手に入れる際に、

深淵の神と出会い
フェムトの肉体を授かるシーンが
描かれているのですが、

恐らく、
グリフィスが再転生した際に、

この赤子も深淵の神と会い、
新しい肉体として
黒髪の少年になったのではない
ないでしょうか。

そして、
グリフィスはこの時に
“翼”を求めたために
フェムトになりましたが、

ここで重要なのは
赤子が何を求めたか
という事ですね。

まだ赤子である点からして
本当にシンプルで純粋な
思いだとは思いますが、

“両親に会いたい”だとか
そういった“愛”に関連したものに
なるんじゃないかと考えています。

今後は、
この赤子の思いが
全世界を救うことに
なるんじゃないかと、
そう直感しています。

⇒【グリフィスとガッツ和解!?
⇒【髑髏の騎士=カイゼリック!?

まとめ

ということで、
黒髪の少年の正体は
ガッツとキャスカの赤子が
深淵の神と出会い転生した
姿ではないかと思います。

そして、
深淵の神と対話していた
事でしょうが、

どんな思いをもって
今後どう行動していくかが
肝になるでしょうか。

個人的には、
グリフィス、キャスカ、ガッツ
この3人を救うことになるのではと
思っていますが、

ガッツとグリフィスが
対峙しないことには
始まらないので、
まだまだ先は長くなりそうです。

では引き続き黒髪の少年の
動向にも注目していきましょう!

【こんな記事も読まれている】

⇒【グリフィスとガッツ和解!?
⇒【髑髏の騎士=カイゼリック!?
⇒【キャスカどうトラウマを克服!?
⇒【キャスカ完全復活ならず!?
⇒【ガッツがモテモテ!恋人は誰に!?




The following two tabs change content below.
人間ゴウセル

人間ゴウセル

雰囲気の暗い漫画や伏線・謎が多い漫画を好んで読んでいます!!(熱いのも好き)読んでいる漫画:七つの大罪、東京喰種:re、進撃の巨人、キングダム、ワンピース、ハンターハンターなどなど。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2018.5.23

【七つの大罪考察】十戒メリオダスの戒禁が「慈愛」だと判明!エスタロッサは「不殺」!?

(鈴木央先生 七つの大罪 265話引用) 3000年前以上の事。 メリオダスは十戒の リーダー(統率者)を していました。 …

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.7.15

【ハンターハンター考察】クラピカの性別確定♦論争激化♦冨樫先生は男女中性キャラで惑わす♠

(ハンターハンター クラピカ 34巻 引用) クラピカが 男なのか女なのか。 これについては、 以前よりも 耐えない論争が…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る