黄猿を倒すヒントが光を殴る『光圧グローブ』にある|ワンピース考察

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

黄猿を倒すヒントが光を殴る『光圧グローブ』にある|ワンピース考察

黄猿ボルサリーノはピカピカの実の能力を有する光人間です。
黄猿ボルサリーノの強さと正体

ロギア系でも最強クラスの力と言えるものですが、この黄猿を倒す方法が見えてきました。

それがエッグヘッド島でベガパンク05暴アトラスが見せた「光圧グローブ」です。

これがあれば「光を鑑賞物」に留めずにホログラムでも殴り飛ばせました。

黄猿を倒すヒントが出たと考えて間違いないでしょう。

ウラヌスはイム様所持。起動に犠牲が必要

ロギア系にも覇気での攻撃は有効

今の時点でも「ロギア系に対して覇気を纏った攻撃が可能」というのは既出の情報です。

しかしながらここには盲点というか重要な情報が一つ眠っています。

それは「ロギア系能力者の覇気が上回った場合はロギアが優先される」ということです。

これは頂上決戦で大将クラスと白ひげ海賊団がぶつかり合った際に判明しているところ。

サカズキがマルコやビスタの攻撃に対して覇気を強めた状態で無効化していました。

ロギア系能力者の覇気>攻撃者の覇気=ロギア有効で攻撃が無効化

この状況になれば通常のロギア戦と同じようにダメージは受けません

逆に覇気の使い所を間違ってしまうと、この時の青雉のようにダイヤモンドジョズの攻撃で血を流すような展開もあるということです。

覇気は相手を上回る必要があるということになります。

「覇気を纏えばロギア系に必ずダメージを与えられる」という訳ではありません。

そういう意味では覇気最強こそがワンピースの世界における最強と言えるかもしれません。

シャンクスはなぜ強いのか。覇気最強の存在

ホログラムを殴れる光圧グローブ

エッグヘッドにてホログラムで出来ている龍をアトラスが殴り飛ばしました

そこで登場したのが「光圧グローブ」でした。

一瞬の説明ではありましたが、これによって「黄猿を攻撃可能」と言う状況が生まれました。

大将クラスなので覇気も相当なレベルに至っていると考えていいでしょう。

最終章に入ったところで四皇よりも大将の方が強い説が濃厚になっています。

それは緑牛があたり前のようにキングやクイーンを屠ったところでも分かります。

やはり最終的な戦争ではサカズキあたりがラスボスの筆頭格として描かれると多くの考察者が予想しているところ。

そうなると当然ながら多少の覇気使いだとしても黄猿が覇気で上回れば「ダメージを与えることは不可能」という状態になるでしょう。

しかし今回未来島で登場した「光圧グローブ」の存在で一気に「黄猿へのダメージ」が現実味を帯びたと考えていいでしょう。

ガープの強さは大将以上なのか

黄猿を実体として攻撃可能

今はグローブでしたが、ブーツで作ることも可能でしょう。

手足に仕込めばパンチもキックも黄猿に当たることになります。

それどころかスーツにしてしまえば、膝や肘、体当たりでも攻撃可能になってきます。

そう考えるとサンジのレイドスーツが黄猿を倒せるほどのものに変わるのではないかという予想も出てくるでしょう。

元より最終決戦の時のマッチアップの一つの説として「黄猿VSサンジ」は言われていました。

黄猿は革命軍という説など色々と交錯しているところから戦うかどうかは不明ですが、光圧グローブの存在、それをスーツへの応用と考えれば「戦う可能性は十分ある:と考えていいのかもしれません。

ベンベックマンの懸賞金は30億超えでミホーク級もある

政府側が使用する可能性もある

もし黄猿が政府側に反していた場合はどうなるのか。

先にも伝えましたが、黄猿は革命軍であるという説も存在します。

反政府側だとしたらサンジと戦う可能性は低くなるでしょう。

よって黄猿にダメージを与える光圧グローブは政府側が使うことになりそうです。

この場合、最有力となるのが戦桃丸を倒したロブ・ルッチと黄猿が因縁関係になる可能性です。

戦桃丸が黄猿と仲が良いのは周知の事実ということを加味してのもの。

エッグヘッド島に降り立ったことを考えて、ロブ・ルッチが光圧グローブを手にしても違和感はないはずです。

実際にわざわざホログラムに対してカクが攻撃して、それが透かされるところをステューシーが「ホログラムだもの」と解説、それにロブ・ルッチが「詳しいな」と答えている部分もあります。

すでにエッグヘッド島で実現していた技術だけに、ベガパンクが政府から逃げ出しても、この技術の応用は難しくないでしょう。

何にしても、この技術が使われて黄猿ボルサリーノはロギアによる攻撃の無効化が使えなくなる可能性は極めて高いと言えそうです。

それでもピカピカの実と黄猿の戦闘経験は尋常ではなく、容易に倒せる相手ではないと考えていいでしょう。

シャンクスが腕を失った原因。4つの説



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.12.27

【七つの大罪考察】キューザックの”うたたねの死神”とは!?眠りの神が元ネタ?

(鈴木央先生 七つの大罪 236話引用) ゼルドリスの師として 堂々と登場したキューザック。 その異名は “うたたねシに神”…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る