Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【ハレ婚ネタバレ】166話はやっぱり龍之介の浮気が判明する!?小春はそれを目撃するか、それとも知らずに帰っていくか!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(NON先生 ハレ婚引用)

小春もいろいろと安心しきって
地元へと戻ることになりましたが
龍之介の浮気疑惑が
晴れたわけでは・・ない!?

龍の近くにいる女性は一体!?

⇒【小春と龍は結ばれる運命!?

種ありだけど

龍之介の種は
かろうじてあったみたいですね。

機能していない種も多くはあったけど、
それでも子種がないとかではなく、
無理なことはないみたい。

確率は高くないって言ってるけど、
それって麟之介がやっぱり
自分の子ではないと
言っているのも同然では?

いつ受けたんだろうか?

小春は疑問に思わなかったのかな?

じゃあ麟之介は・・?って。

しかも龍之介と小春の
会話を聞いていると、
まだ子供を持ったことがない夫婦の
内容だと思いませんでした?

まあ2人にとっての子供は
「初めて」になるんだけど、
なんか龍之介の語り口に
違和感を感じました・・・。

やっぱりジョーの子では!?

ますますそうとしか
思えなくなってくる!

⇒【ゆずの子供はジョーの子?




小春の安堵

小春は京都へ来て、
かなり龍之介に対するモヤモヤとした
気持ちが晴れたみたいですね。

たくさんヤッたし(笑)、
龍之介が検査受けてくれていたのも
わかったことだし
一緒にいたら優しいいつもの
龍之介だし。

女って単純〜!
って思ってしまうけど、
それでご機嫌よくなるなら
それはそれでいいかもしれません。

しかし!
根本的なことはなにも
解決はしていないですよね。

ごまかされた・・・と
言っても間違いじゃない?

小春の気持ちは晴れたけれど、
実はなにも真実はわかっていません。

お互いの愛は確かめあえたけど、
龍之介の近くには謎の女・・・。

小春ちゃん、
ルンルン気分で八ツ橋買って
帰ってる場合じゃないぞ!

⇒【小春嫌いが多い?好感度:低

謎の女

龍之介の近くにいた女性・・
彼女は一体何者!?

駅から見送る龍之介の表情が
なにか含みを持ったものでしたし、
やはりそれは小春に対して
後ろめたい気持ちがあるのでは?

仕事の関係者って感じでは
ありませんよね?

まどかって感じもないだろうし。

本当に浮気してるんじゃないかしら?

浮気というより次の嫁候補とか。

てか小春がまだ近くにいるの、
龍之介は気がついていない?

お土産屋に入ったのを
電話に気を取られて
龍は見ていなかったのでは?

ゆずへの八ツ橋土産を買って
出てきたところで
龍が女と一緒にいるのを
目撃しちゃうんじゃないかな!?

しかも腕くんだりしてるのを
小春が見てしまうとか!?

それに気づかない龍之介・・。

小春ももう一度改札を出て
後をつけるということも
考えられますよね?

それか何も見ずに
すっきり気分で地元へ戻るか・・。

続きが気になりまくりです!!

⇒【まどかはなぜ離婚した?

【こんな記事も読まれている】

⇒【ゆず妹レモンがギャル化!?
⇒【龍之介はかわいそうな男?
⇒【ゆずの子供はジョーの子?
⇒【小春嫌いが多い?好感度:低
⇒【ゆずの大家族まとめ
⇒【12巻は伊達家嵐の始まり
⇒【ゆずが妊娠?相手は誰?
⇒【龍之介は一体何者?
⇒【まどか子宮摘出のワケ!?
⇒【まどかはなぜ離婚した?
⇒【小春と龍は結ばれる運命!?
⇒【うららの恋の行方は!?
⇒【「ハレ婚。」を無料で読む方法!?



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
カオリン

カオリン

胸キュンものからシリアスものでも何でも好きですが女性ものが特に好きなアラサー女です。 年とともに「東京タラレバ娘」みたいなズバズバと斬り込んでくる漫画が胸に刺さるようになってきちゃいました! 私も胸キュンしたーい!といいながら今日も家に引きこもって漫画を読みふける実家暮らしの箱入り?娘です。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る