【進撃の巨人考察】ハンジは徐々に権力に染まり、リヴァイと対立する!?

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(諌山創先生/講談社 進撃の巨人引用)

シガンシナ区全域に対して、
強制退去命令を下したハンジ。

シガンシナ区周辺で、
超大型巨人を使った
何らかの実験を行うのは
間違いないでしょう。

しかし、
巨人を使った実験が
大好きなはずのハンジも
気乗りしている
雰囲気はなく、

しぶしぶこの命令を
下したように見えます。

リーブス商会の
フレーゲルからは
その強引さを詰められて
いましたし、

かつては
パラディ島の真実を共有した
新聞記者のピュレたちからも

4年前とは
すっかり変わってしまったと
疑問を持たれる始末。

フレーゲルからの
「信じていいのか?」の問いにも
お茶を濁すような
回答しかできませんでした。

ハンジに一体何が?

⇒【“地鳴らし“で自滅の可能性も!?
⇒【アニ復活で情報提供!?




憲兵団サネスの言葉

以前ハンジたち調査兵団が
革命を起こした4年前。

憲兵団を捕らえ、
団員のサネスを拷問した際に
こう言われています。

「…順番だ
こういう役には多分順番がある…
役を降りても…
誰かがすぐに変わりを演じ始める」

「どうりでこの世から
なくならねぇわけだ…
がんばれよハンジ…」
(諌山創先生/講談社 進撃の巨人56話引用)

これは、

何か大きなことを
成そうとした時には
必ず誰かが裏で汚いことを
する必要がある。
次はお前の番だハンジ。

という意味でしょう。

あれだけ醜かった
サネスの言動も
この時ばかりは、
妙な説得力があり、

事実、
その言葉を聞いたハンジは
机を蹴り上げ、
取り乱しています。

⇒【ハンジが飛行船で登場!
⇒【黒幕は巨人科学?

理想と現実の板挟み

兵器の開発や、
巨人を使った実験など
もともとは理系のオタク気質で、
愉快な性格だったハンジ。

新エルディア国において
重要なポジションに就いたことで、
様々な立場にいる人を
まとめることになり、
必ずしも、
自分の気持ちだけでは
行動できなくなっています。

だいたい
調査兵団のメンバーなんて
自分勝手なヤツばかり
ですからね!

意見の統率は
相当大変なハズです(笑)

ということで、かつては
しがらみも少なく、
悪に対して正義を貫けたハンジも
守るものが多くなり、
必ずしも綺麗事だけでは
済まなくなってしまった様子。

ハンジは今、
理想と現実の狭間で
揺れています。

⇒【ジークの秘策の内容とは!?
⇒【最終はジークVSエレンとなるか!?




リヴァイと仲違いも!?

いくら権力を守るためとはいえ、
あまりに正義に反する行いをすると
彼が黙っていないでしょう。

そう兵士長リヴァイです。

リヴァイは
どんなに力のある人物だろうが
道理のない相手には容赦しません。

その容赦のなさが、
パラディ内での
クーデター成功の源泉で
あったことは事実ですが、

権力を守る立場になったハンジが
このまま強引な政治を進めていけば、
いずれは対立してしまうでしょう。

長年信頼していた相手だからこそ、
その対立が深刻になる
可能性もあります。

「こういう役には多分順番がある…」

歴史は繰り返し、
サネスの言葉は
現実となってしまうのでしょうか。

⇒【調査兵団で内乱!?
⇒【リヴァイの最期!?神トール共通点

【こんな記事も読まれています】

⇒【アニは結晶化したまま
⇒【エレンとジークの狙いは!?
⇒【ガビを助けたのはサシャの子!?
⇒【アニ復活で情報提供!?
⇒【アルミン拾ったホラ貝!?
⇒【アッカーマンは巨人の子供!?
⇒【ラグナロク襲来!契約の破棄!?
⇒【九つの巨人の名前と能力!
⇒【イェレナは敵で裏切る!?




The following two tabs change content below.

ある民

ちょっとダークな雰囲気のマンガが好きな永遠の厨二病。H×Hや進撃の巨人、ベルセルクなど設定が作り込まれたものや、カイジやウシジマくんなど心理描写が上手いマンガが好き!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2018.4.4

【東京喰種:re考察】芥子(Vヴィー)の正体判明!半人間でヴァスケイの者!?

(石田スイ先生 東京喰種:re 166話引用) 無印の東京喰種の 終盤で登場した 芥子。 「:re」では、 V(ヴィー)な…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る