ヒロアカ考察|轟焦凍と荼毘は兄弟で確定。死亡はしない可能性大!かっこいいとかわいいの両評価アリ

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ヒロアカ考察|轟焦凍と荼毘は兄弟で確定。死亡はしない可能性大!かっこいいとかわいいの両評価アリ

僕のヒーローアカデミアにおける轟焦凍についての考察です。

まずは気になっている人が多かった荼毘との関係

「兄弟ではないか」と予想されていましたが、確定しています。

荼毘=轟燈矢であり、轟家の長男であることが判明しました。

轟焦凍の死亡説を含めて考察していきます。

轟焦凍の死亡はあるのか

轟焦凍の死亡説

ちなみに僕のヒーローアカデミアでは結構なキャラが死んでしまいました。

代表的なものではサー・ナイトアイなどがそうでしょう。

他にもミッドナイトやクラスト、スナッチも死亡。

更に死柄木弔との空中戦においてアメリカのナンバーワンヒーローであるスター&ストライプも死んでいます。

僕のヒーローアカデミア333話 スターの死亡

僕のヒーローアカデミア333話/堀越耕平先生/集英社
スターの死亡

重要なキャラも死ぬことがある僕のヒーローアカデミアですが、さすがに緑谷出久のクラスメイトが死ぬケースはありません

今までの流れから考えてもA組からの死者が出る可能性は低いだろうと考えられています。

よって今のところの考察の多くは轟焦凍の死亡はないという予想が大多数を占めている現状です。

轟焦凍の兄弟

荼毘が轟焦凍の兄弟ではないか?

この考察は多くされていました。

そしてすでに決定しています。

荼毘は轟焦凍の兄弟で確定です。

轟燈矢=荼毘。

その過去についても僕のヒーローアカデミア350話にて明かされました。

長男で最もエンデヴァーに期待されていた人物と言えます。

しかし今となっては「死をもたらす炎」を持つ復讐の化身となってしまいました。

最終戦闘において轟焦凍との一騎打ちが実現しました。

エンデヴァーの大切なものを全て焼き尽くすのが目的である荼毘。

それに対抗する轟焦凍という戦闘の構図となっています。

この戦いを経て、更に進化した轟焦凍はエンデヴァーを超えていくのではないかと予想されています。

轟焦凍は学内一のかっこいいキャラ

轟焦凍は人気キャラの一人です。

登場時から「かっこいい」という声も多く、顔立ちは勿論のこと、発言のクールさなども含めてイケメンっぷりが序盤から繰り出されていました。

荼毘戦に至るまでには人間味も見せていて、それもまたギャップを呼び込んで人気を博しているところ。

「かわいい」という評価も受けている

「かっこいい」だけではなく「かわいい」という評価も受けている轟焦凍。

たまに天然な部分を見せることから、先程のクールさとは真逆のギャップを作り出して「かわいい」評価も受けています。

また極稀に見せる笑顔も人気の一つと言えるでしょう。

抱きまくらみたいなグッズまで登場する「王子様系」のキャラであるとも言えます。

基本は強くてクールで言葉の一つ一つもカッコいい。

でも時々かわいいという反則スレスレのキャラであるのは間違いありません。

こんなキャラを堀越耕平先生が「死亡させる訳がない」というのも死亡説否定の一端を担っています。

おそらく轟焦凍を死亡させてしまうとファンから大ブーイングが飛び交うことになるでしょう。

轟焦凍の天然エピソードは多い

先の「かわいい」と評される理由の一つに天然であるというのがあります。

自分のことを「手が壊れる呪いか」と言いながら、ハンドクラッシャーだと緑谷出久や飯田に言っていたシーンは有名です。

他にも飯田に対して「ウォッチマン飯田」と何とも言えない一言を告げるなど。

緑谷出久が「オールマイトの隠し子」と本気で思っているというシーンもありました。

知的でクールなイメージが顔の印象から出ている轟焦凍ですが、やっぱり末っ子らしさもしっかり残っているのが魅力でもあります。

ちなみにアニメの声優は梶裕貴さん

ちなみに「かっこいい」と「かわいい」の両評価を受け、しかも実力的には雄英の中でも随一の存在になりえる轟焦凍。

その轟焦凍のアニメ化での声優さんは梶裕貴さんとなっています。

非常に多くの作品に出ているので全てを書き出すことは不可能ですが、一部をご紹介しておきます。

最近で最も有名なキャラと言えば進撃の巨人のエレン・イエーガーでしょうか。

週刊少年ジャンプ系で言えばワールドトリガーの三雲修が該当します。
※ワールドトリガーは現在ジャンプスクエアにて連載。

  • 進撃の巨人(エレン・イェーガー)
  • ワールドトリガー(三雲修)
  • Over Drive(篠崎ミコト)
  • イナズマイレブン(一之瀬一哉、不動明王)
  • 黒執事(フィニアン)
  • SDガンダム三国伝(劉備ガンダム)
  • デュラララ!!(遊馬崎ウォーカー)
  • 花咲くいろは(種村孝一)
  • アクエリオンEVOL(アマタ・ソラ)
  • ハイスクールD×D(兵藤一誠)
  • LUPIN the Third -峰不二子という女-(オスカー)
  • 四月は君の嘘(相座武士)
  • 東京喰種トーキョーグール(霧嶋絢都
  • 信長協奏曲(明智光秀〈織田信長〉)
  • アルスラーン戦記(ヒルメス)
  • 本当に一部だけを書き出してもこれだけの数があります。

    上げればキリが無いほどに超売れっ子の梶裕貴が声優を務められています。

    ちなみに本も出されているので気になる方は読んで見て下さい。

    下積みを含め、声優って仕事の大変さから面白さ、また自分が体験してきたことを元に描かれている自己啓発的な書籍になっています。

    今後も注目の声優さんと言えるでしょう。

    以上が轟焦凍についての考察となります。

    謎めいた部分も荼毘=轟燈矢が発覚してほとんど無くなったと言える轟焦凍。

    ここからはエンデヴァーを超える強さを手に入れて緑谷出久や爆豪少年と同じくヒーローの最前線で戦う存在になっていくのものと思われます。



    The following two tabs change content below.

    人間ゴウセル

    各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    コメントするためには、 ログイン してください。

    ピックアップ記事

    2017.10.7

    【七つの大罪考察】メリオダスの魔力はチャンドラーが教えた!?全反撃は固有スキルではない!?

    (鈴木央先生 七つの大罪 22巻引用) メリオダスの師匠 チャンドラーと 闘う七つの大罪。 そんな中、 チャンドラーは …

    よく読まれている記事

    考察記事

    最近の投稿

    ページ上部へ戻る