【終末のハーレム考察】まひると火野が両想いになるか♣メイティングの形が変化する♠

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

(LINK/宵野コタロー先生方 終末のハーレム 32話引用)

まひるに
一目惚れしたという
ナンバー1の火野。

メイティングについては
兄である怜人が
本人が嫌がっているのも
あって断ることに。

しかし、
諦めきれない火野は
頼み込んで
お茶だけでもと
言っている。

火野も恋愛をするのか。

⇒【花蓮が人気の理由は脱ぎ!?





好きになる

怜人は絵理沙の事が好きで
メイティングを
拒んでいる。

最初は絵理沙という
思いが強いのだろう。

純粋で一途といえる
主人公。

火野はそれに比べると
ハーレム感をそのまま
味わっているような男。

ただ、
悪い人間ではない。

怜人のことも
友達だと思っている。

陽気な性格で
今のハーレム感さえ
なくなればいいやつと
彼氏としても
悪くはないだろう。

そんな火野が
本気でまひるを
好きになったら。

⇒【MKウイルスは誰が何の為に!?

まひるも

火野が正式に
アプローチするのなら
まひるもどこかで
恋心を抱くかもしれない。

もしそうなれば、
火野もまた怜人と
同じ様に一人の女性と
だけメイティングを
する方向になるだろう。

それは、
UWとしても看過できない
事態と言える。

まひるも火野を
好きになって恋愛に
発展すれば色々な
問題が勃発しそうな予感。

もし火野が今まで通りの
メイティングを続けて
まひるが火野を好きに
なっている状態なら
怜人もこの事態を
受け入れにくくなる。

火野との喧嘩も
どこかであるのか。

⇒【土井翔太が一番ゲスくなる!?





普通の恋愛

この世界では
普通の恋愛は
許されないといえる。

しかし、
怜人はそれを
押し通そうとした。

絵理沙と怜人。

火野はすぐに受け入れたが
まひるに一目惚れした
ということで、
ここからまひる一筋に
なるってことも
あるだろう。

翔太はかなりゲス感が
強くなってきているが、
元々はゆず先生一筋と
言ってもいい。

こう考えると、
徐々に普通の恋愛へと
着地していく可能性も
秘めている。

そのためには、
他の男性の復活が
絶対条件。

男全員が
ワクチン作成の方向で
統一していくことになるか。

⇒【ゆず先生は翔太の子供を妊娠!?

心と体

心と体は
一致しない。

現実世界でも
色々と問題になる
ことでもあるが、
恋愛に発展すれば
そういったリアルでも
起こり得るドロドロとした
狂気も起こる。

数少ない男性を
独占するという状況が
もはやこの世界では
あってはならない。

ただでさえ、
嫉妬は必ず起こる。

恋愛は諸刃の剣。

男性がハーレムに
飽きてしまい、
本来の恋愛のスタイルに
戻るまでに
ワクチンは完成するのか。

【こんな記事も読まれている】

⇒【ゆず先生は翔太の子供を妊娠!?
⇒【花蓮が人気の理由は脱ぎ!?
⇒【汐音で翔太にS心まで宿る!?
⇒【土井翔太が一番ゲスくなる!?
⇒【翔太はみんなとメイティング!?
⇒【MKウイルスは誰が何の為に!?





マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

複数ライター様よりご寄稿頂いたネタバレを含む考察を掲載させて頂いております。編集時点で内容に誤りが生じる部分は直しを行っていますが全てに目が行き届かないケースもありますのでご了承頂けると幸いです。誤字などありましたらコメントで教えて下されば修正を行います。 またライター希望の方は問い合わせフォームよりご連絡下さい。

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2017年 11月 20日 8:11am

    ワクチンが完成しても女性50億に対して
    コールドスリープ中の男性は世界中で100~500万しかいないので
    男女比は1:1000~5000になります

    人口や男女比が元に戻るまでの数世代は一夫多妻制の流れになるかと

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.9.8

【鬼滅の刃考察】我妻善逸は強い!?おもしろキャラの人物考察

(吾峠呼世晴先生 鬼滅の刃 4巻 引っこんでろ!!! 引用) 個性の強い登場人物のなかで、 強さが前面に出ていない ヘタレキャラの…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る