呪術廻戦ネタバレ257話【確定】虎杖は宿儺の双子の魂内包!御厨子も使える最強呪術師

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

<呪術廻戦ネタバレ257話【確定】虎杖は宿儺の双子の魂内包!御厨子も使える最強呪術師>

宿儺は元々双子だったが腹の中で食った。その魂と羂索が番って出来たのが虎杖。よって魂は同一で宿儺の潜在能力を虎杖は秘めている。虎杖は黒閃の連続で御厨子を開花。圧倒的な防御力と共に宿儺を圧倒する。

呪術廻戦の本編ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい。

宿儺と裏梅の回想から虎杖が何者であるかが判明。

羂索の番った相手が宿儺の双子として生まれるはずだった存在の魂を持った片割れ。

よって虎杖には宿儺と同じ潜在能力が秘められていることが分かりました。

宿儺VS虎杖悠仁。

黒閃の連打による覚醒で虎杖は宿儺の術式である御厨子も使えるようになります。

少し印象の違う斬撃ではありますが、使えるようになった現実は虎杖悠仁の凄み、その潜在能力を感じるところ。

更に宿儺VS虎杖悠仁の戦いの中で猪野がナナミンのナタで応戦。

来訪瑞獣の四番である「竜」もここで登場となります。
※見て生き延びた者がいないという瑞獣。

虎杖悠仁は宿儺が斬撃と打撃を混ぜ合わせた攻撃にもひるまずに黒閃をぶつけます。

怒る宿儺ですが、そのタイミングでナナミンのナタが直撃して大きな隙が生まれて、渾身の黒閃が宿儺の肋を粉砕する一撃へ。

圧倒的な強さを見せた主人公虎杖回となった呪術廻戦257話です。

黒閃の威力が2.5乗とはどういう意味

呪術廻戦257話ネタバレ考察1・宿儺の双子から生まれた虎杖

・宿儺は元々双子で腹の中でもう一人を食った(裏梅との会話の回想)
双子の片割れの魂を得た人物と羂索が番って虎杖が生まれた
・虎杖悠仁は宿儺の魂も引き継いでおり潜在能力は同一

とんでもない真実が明らかになりました。

まさかの虎杖も宿儺の魂を持っているというものです。

どうやら虎杖を生み出した羂索ですが、その番った魂は元々双子で生まれるはずだった宿儺と同じ魂ということ。

だから宿儺は手などが2人分あったということです。

そして双子の魂と羂索が番って出来たのが虎杖悠仁という器。

羂索は虎杖悠仁の母親である香織になっていました。

よってその番いということで虎杖仁に宿儺の片割れの魂が巡っていたということです。
虎杖仁は宿儺の片割れの魂持ちで虎杖悠仁は宿儺と同一魂の系譜

虎杖悠仁の潜在能力は宿儺と同一であり、これから更に強化される可能性があるということです。

あれだけタフな身体をしていた理由が分かりました。

そして同じ潜在能力を持っているということで、ようやく本質的な主人公的な強さになっていく理由が見えてきたところです。

虎杖悠仁と宿儺の魂は同じ!最後は魂の喰い合い

呪術廻戦257話ネタバレ考察2・黒閃による覚醒で御厨子開花

・宿儺を相手に一歩もひるまずに連続して黒閃をぶつける虎杖悠仁
・黒閃による覚醒によって受肉体として刻まれた宿儺の術式「御厨子」が開花
・虎杖悠仁が現在使える術式は九相図から得た赤血操術と御厨子

完全に呪術廻戦257話は虎杖悠仁回です。

まさか虎杖悠仁が御厨子を使えるようになるとは驚きです。

虎杖の当てる打撃は全て黒閃となっています。

そんな黒閃の連続によって覚醒した虎杖悠仁。

今の虎杖悠仁には術式が二つあります。

しかも強力。

一つは呪胎九相図から会得した赤血操術となります。

そしてもう一つが宿儺の術式である御厨子となります。

御厨子とは台所のような意味もあるので、おそらく料理をイメージしたものでしょう。

解体して捌いて、焼いて、食べるという工程になるのなら、開(フーガ)は焼くことを意味します。

そして最後に「閉」があるのだとすれば、それが食すことになるはず。

虎杖が御厨子を使えることで、宿儺を最終的に食って虎杖悠仁の役割を終えるのではないかと予想されます。

開(フーガ)の使用条件は解と捌での生存!最後は「閉」

呪術廻戦257話ネタバレ考察3・

・虎杖悠仁の御厨子は触った場所に切り込みのような線が一度現れるギャグテイスト(ハサミマーク)
御厨子は使い慣れておらず現状は黒閃だけが危険と判断する宿儺

虎杖の御厨子は不格好です。

今のところは捌を基本としていますが、それもハサミマークのようなものが出て「ココが切れるよ」と分かるもの。

不格好と言えばこの上ないものですが、宿儺も虎杖の黒閃は警戒しなければなりません。

ただでさえ体術面は相当な実力者である虎杖。

フィジカルモンスターという意味では真希に次ぐ実力を保持していると言えるでしょう。

しかも魂では宿儺と同じレベルのものを持っている成長中の王と言っても過言ではない存在です。

思ったよりも強者となっている虎杖に対して、宿儺は今何を思っているのでしょうか。

そして御厨子に危険がないと判断している宿儺、ここに油断があるのは間違いなさそうです。

呪術廻戦257話ネタバレ考察4・猪野が四番「竜」を使う

・猪野がナナミンのナタで戦闘に参加している
虎杖を相手に猪野が来訪瑞獣の四番「竜」を繰り出して隙を作る
・宿儺が虎杖に対して斬撃と打撃を合わせた技を繰り出すが対応される

猪野がこの強烈な戦いに参加しています。

未だにこの場に留まれている時点で只者ではなかったことが判明。

またここで初めて来訪瑞獣の四番である「竜」を発動させました。

猪野は竜を見たものは生存していないという話をしていました。

宿儺に繰り出して、当然これで倒せる訳ではありませんが、虎杖の黒閃によるダメージ蓄積が可能になります。

ここで宿儺は虎杖に対して斬撃と打撃を合わせた技を繰り出しますが、虎杖は対応。

もはや虎杖悠仁の独壇場ではありませんが、今まででは見えなかった宿儺のヤラれっぷりが見える戦況になっています。

これでもまだ宿儺は虎杖を強者としては認めないのでしょうか。

乙骨憂太の言う「ズルしました」とは何か

呪術廻戦257話ネタバレ考察5・ナナミンのナタで隙作り

・竜による隙作りで黒閃を2発連発で入れた虎杖
・怒る宿儺に対してナナミンのナタが宿儺に当たって更に隙が生まれる
肋粉砕コースの直撃黒閃を虎杖がぶつける(257話で5回の黒閃)

四番の竜によって隙が生まれた宿儺。

そこにすかさず黒閃をぶつけます。

もう虎杖の打撃は全て黒閃化しているような状態となっています。

そこから2発の黒閃。

そして怒る宿儺に対してナナミンのナタが直撃です。

クリティカルなポイントに入れば、誰でも怯むことになるナナミンのナタ。

生まれ隙を見逃す訳もなく、ここで更に虎杖が肋粉砕の黒閃をクリーンヒットさせました。

呪術廻戦257話で5回の黒閃をヒットさせた虎杖。

連続記録が前話から見ると6回の黒閃を繰り出しているので真人戦で見せた5回を上回ることになっています。

宿儺も遊んでいる場合ではなく、次回で遂に本気の宿儺を見ることになりそうです。

呪術廻戦258話のネタバレを含む考察

乙骨憂太は死んでいない!最後まで生き残り濃厚

※呪術廻戦の各種情報を元に速報での考察をしています。追記や修正はご了承下さい。



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.5.6

【東京喰種:re 考察】カネキ真の目的とは!?有馬の遺志と関係が!?オウル滝澤と似た思想?

(東京喰種:re ヒトと喰種は分かり合える 99話 引用) 99話では、 先代の隻眼の王の遺志を継ぎ、 喰種とヒトが理解し合える世…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る