十字架のろくにんネタバレ45話|杏奈も久我の暴力の前に命令に従う存在になっていた

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

十字架のろくにん45話のネタバレを含む考察です。

本編ネタバレを含みますのでご注意下さい。
⇒未読の方はマガポケより45話をご覧下さい。

久我と杏奈が一緒に歩いているところを見た女装漆間から始まります。

同じ様に二人を尾行している人物

もちろんこれは杏奈の幼馴染である「黒澤」です。

十字架のろくにん42話 漆間に助けを求める黒澤

十字架のろくにん42話/中武士竜先生/講談社
漆間に助けを求める黒澤

以前助けを求めていたところ。

ただ漆間の家を放火した上に祖父が死にかけて虫のいい話だなとは読者も感じたところではないでしょうか。

杏奈と久我が付き合っている

漆間も黒澤も杏奈と久我に見つかってしまいます。

何しているのかを尋ねる杏奈ですが茫然自失の黒澤。

倒したい相手であり放火をしてまで守ろうとした人物が敵と一緒に歩いていたらこうなりそうなものです。

そんな杏奈が黒澤に追い打ちの言葉。

黒澤には言ってなかったよね。
私いま久我と付き合ってるんだ
-杏奈-
(十字架のろくにん45話)

これを聞いて完全に頭が真っ白になってしまった黒澤は暴挙に出ます。

漆間女装版と付き合っている設定をそのまま暴露。

そしてまさかの四人でファミレスに行くことになります。

黒澤にはすぐにバレたので久我にもバレそうなものです。

二人の肉体関係が気になる黒澤

おかしくなっている黒澤は「いつから付き合っているのか」と訊きます。

それに答える杏奈。

『半年前くらい前かな』

くらいって発言が怪しさに繋がりますが、この期間で「キスはしたのか」とぶつぶつ言っている黒澤です。

肉体関係があるのか気になるのでしょう。

そして更に黒澤が暴挙を重ねます。

オレら付き合って3ヶ月くらいだけど体の相性はいいよ
お前らはどう?
-黒澤-
(十字架のろくにん45話)

何を訊いているんだって感じがしますが、杏奈は「そういうのはまだ」と明言。

久我が大切にしたいからと言う杏奈です。

当然そんなはずがないのは漆間も黒澤も分かっているところです。

普通に考えたら絶対に嘘です。

ただ黒澤はもう思考回路がバグっているので涙ながらに「大切にしたほうがいいよ」と言います。

このあたりの展開はギャグテイストのあるお笑い展開ですが、ここから一気にシリアスモード

女装漆間と黒澤が帰ってすぐに久我が「いくぞ」の一言に対して暗い顔で「うん」と杏奈。

外に出て女装を解いた漆間は「杉崎杏奈は使えそうだ」と判断しています。

橋の下で杏奈の腹を殴りつける久我

電車が通る橋の下の河原付近に杏奈と久我。

そこで思いっきりボディに拳を入れる久我です。

女性に向かって行うような暴力ではありません。

女性の腹を平気で殴れる精神からして久我の異常性がよく見えます。

苦しみながら「ごめんなさい」を連呼している杉崎杏奈。

どうやら至極京の従姉弟だからといって久我が容赦することもなかったみたいです。

『いっぺん身体に教えてやるか』と久我。

どんな女も容赦なくものにしてきたのは黒澤の話にありました。

十字架のろくにん42話 どんな女も物にしてきた久我

十字架のろくにん42話/中武士竜先生/講談社
どんな女も物にしてきた久我

逆らう人間に関わらずにこの状態だったのなら、逆らった杏奈はどうなってしまうのでしょうか。

実は杏奈も黒幕の一人である可能性もありましたが、それは無いことが判明。

次回は杏奈が久我に襲われる展開になるのでしょうか。

欄干の下で杏奈がめちゃくちゃにされる可能性も出てきました。

そして漆間はこの杏奈と久我の関係について見破った上で「杉崎杏奈は使える」と判断したのかも気になるところです。

十字架のろくにん46話のネタバレ含む考察



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2021.1.13

ワンピース考察|Dの一族はテンプル騎士団の関係!ジャック・ド・モレーの最期

(テンプル騎士団 絵画 引用) ワンピースの中でも最大級の謎といえる「Dの一族」について。 そもそもこのDについて「ディー」と読…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る