バキ道ネタバレ93話と94話と95話|零鵬VS野見宿禰の現代と古代の激突!零鵬もまた規格外

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

バキ道ネタバレ93話と94話と95話|零鵬VS野見宿禰の現代と古代の激突!零鵬もまた規格外

バキ道の93話~95話までのネタバレ考察です。

本編ネタバレを含みますので、ご注意下さい。

愚地克己を除いて全て白星となった地下格闘技闘士側。

実際に愚地克己も敗けた訳ではなく、これ以上やってはいけないと去ったに過ぎません。

そして最終戦は零鵬と野見宿禰の戦い。

どう考えても野見宿禰に零鵬が勝てるとは思えません。

それではバキ道93話~95話を見ていきましょう。

【バキ道93話】横綱が残ってりゃ大相撲の敗けにはならない

全ての試合で敗けたと言える大相撲サイド。

そして現れるのは「大相撲史最高傑作」である零鵬です。

まずはその零鵬の過去が描かれます。

14歳の時点で走り幅跳びで8m超えの存在。

体重97kgで100mは10秒3、しかも裸足。

走り幅跳びの世界記録はアメリカのマイク・パウエルで8m95cm。
ウサイン・ボルトの100mの記録は9秒58で体重は94kg。勿論シューズは有り。

ソフトボールを投げたら視界から消える大遠投。

ここで誘いがかかったのが大相撲の元大関である太刀旋風からでした。

【バキ道94話】何者なのかを知りたかった宿禰

野見宿禰の名を許された二人目となる現在の宿禰

バキ道94話 宿禰の名を許された二代目野見宿禰

バキ道94話/板垣恵介先生/秋田書店
宿禰の名を許された二代目野見宿禰

登場から今に至るまで強すぎるその力は過去最強クラスとなります。

例え前話で紹介された人類での最高峰が零鵬だとしても話にならないでしょう。

宿禰は「知りたかった」と言います。

宿禰とは何者なのか。
-野見宿禰-
(バキ道94話)

遂に向かい合う両者。

本気でぶつかりあえばオリバも瞬殺した野見宿禰です。

どれだけ凄腕の実力者であったとしても勝ち目はないでしょう。

最初は零鵬の攻撃を受ける形で強さを見るのかもしれません。

お互いに四股を踏み合いますが、宿禰のものは四股と呼べるのかどうかすら怪しいレベル。

バキ道94話 宿禰の四股はもはや別物

バキ道94話/板垣恵介先生/秋田書店
宿禰の四股はもはや別物

全くもって異質の四股を見せつける宿禰

闘いの火蓋が切って落とされようとしています。

【バキ道95話】古代相撲VS大相撲

四股を踏み終えた二人。

進化したのか退化したのか。
近代相撲と古代相撲。
土俵から出たら即決着。
足の裏以外を接地したら即決着。
シンプルを極める大相撲。
-零鵬-

確かにこう言われると非常に容易にルールが分かるのが大相撲。

分かりやすさは一つの見やすさに繋がっています。

それが人気の秘訣でもあるでしょう。

知れば知るほど格闘技としての面白さが増していく大相撲ですが古代は違います。

完全KOを持って決着という本場の「どつき合い」と言えるもの。

地下格闘技場のルールはまさにこの古代相撲のあるところです。

向かい合う二人。

野見宿禰は身長210cmに体重が250kg。

零鵬は身長195cmで体重161kg。

宿禰はエア零鵬とすでに戦っていて想像通りだったと言います。

宿禰を前に零鵬は想像での戦いを超えられるのでしょうか。

まだ戦いが始まらずに3話を消費しましたが、バキ96話で幕開け。

どちらが勝利するのでしょうか。

バキ道96話と97話のネタバレ含む考察



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

チェンソーマンはなぜ地獄で殺されたのか!転生した理由が分からない!

2021.1.10

チェンソーマンはなぜ地獄で殺されたのか!転生した理由が分からない!

チェンソーマンが97話で最終回を迎えました。 最終的にマキマを食う事で殺したデンジです。 支配の悪魔については別の場所で別の個体…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る