血の轍ネタバレ95話|しげるを突き落とし殺していた静一。逮捕確定も罪悪感は無い

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

血の轍ネタバレ95話|しげるを突き落とし殺していた静一。逮捕確定も罪悪感は無い

血の轍95話のネタバレ考察です。

冷静な中に残酷さを兼ね備えている様な静一。

今回もなかなか恐怖を感じる展開となりました。

突き落とした場所に向かう

静一は刑事に連れられてパトカーで突き落とした場所に向かいます。

正直に答えています。

罪悪感なんて微塵もなく「何が悪いのか分からない」と言った様子。

そんなことも分からなくなってしまっている静一です。

そして落ちていた帽子を見せられて「僕のだ」と正直に答えます。

この冷静過ぎる少年静一を見て刑事は何を思っているのかも気になるところ。

突き落とした場所からどのくらい落ちたのかを刑事は聞いています。

しげるが発見されるが死んでいる

落ちた場所を「ずっと下の方」と答えました。

そして何人もの刑事によって雪の中を捜索します。

雪崩の跡で人を探すような雰囲気。

もう一度静一に落ちたのはどのあたりか訊きますが、答えずにう少し微笑んでいるだけで何も話しません。

見ているのは飛んでいる鳶か鷲。

そこでしげるが遂に発見されました。

発見しました!

一人の雪内を捜索していて刑事からの叫び声。

雪の中から掘り起こすしげる。

これはどう考えても生きていません

夜中に突き落として朝まで雪の中に埋まっていたのだとしたら生きているはずがありません。

しげるを死んだ猫になぞらえる

静一はじっと半身が埋まったしげるを見つめています。

その姿にママと一緒に見た死んだ猫の姿を重ねていました

血の轍95話 雪に埋もれて死んでいるしげる

血の轍95話/押見修造先生/小学館
雪に埋もれて死んでいるしげる

ものすごい怖いワンシーンと言えるでしょう。

少し目が半開きで静一を指差している様にも見えます。

しかし静一の目には横たわる猫の様に見えているだけ。

人間、まして知り合いである人物を突き落とし殺したという意識は皆無です。

ねこさんだ」と意味不明発言。

こうなると精神異常として有罪にすらならない可能性も出てきそうです。

圧倒的な罪悪感で壊れたのではなく、先に壊れてしまってそこから突き落としています。

何より少年犯罪で長く刑務所に入ることもないでしょう。

静一は逮捕される

突き落とした場所などを聞いていた刑事の顔が怒りに歪んでいます。

そして何か言葉を発していますが静一の耳には一切届いていません

担架で運び出されるしげる。

ここから生き返りは絶対にないと言える状況で殺人未遂の母親と殺人罪に問われる息子というまさに「血の轍」と言える状態になりました。

逮捕される静一は「ねこさんばいばい」とヤバ過ぎる発言。

これで血の轍95話は幕引きとなりました。

煽りではここから「現実とどう向き合う」という言葉で締められています。

静一が罪悪感を抱く事があるのでしょうか。

このまま壊れた精神で罪の意識もなく裁判などに進んでいく可能性もあります。

主人公の逮捕

これまでの経緯と考えを述べるシーンがあるでしょうが、そこに潜む穏やかに見える深い闇を第三者が理解出来るのか

強い疑問を感じながらもしげる殺しとして静一は裁かれる事になりそうです。

血の轍96話のネタバレ考察



The following two tabs change content below.

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.10

【食糧人類考察】山引は桐生の強化改造人間も仲間として引き連れて「ゆりかご」崩壊を目指すか♣

(水谷健吾/蔵石ユウ/イナベカズ先生方 食糧人類 42話引用) ナツネの一言で あっさりと ペーストになって しまった桐生教授。…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る