呪術廻戦135話|確定ネタバレ|九十九由基が現る!脹相は味方!裏梅の術式「霜凪」

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

呪術廻戦135話の確定ネタバレ考察です。

脹相が虎杖の兄として味方になりそうな様子が伺えます。

135話のラストでは特級術師の九十九由基が現れる展開となりました。

呪術廻戦135話 九十九由基が偽夏油(加茂憲倫)の前に現れる

呪術廻戦135話/芥見下々先生/集英社
九十九由基が偽夏油(加茂憲倫)の前に現れる

脹相は術式の影響で兄弟の死が分かる

脹相は術式の影響もあり血の繋がった弟達の異変を感じ取れると言います。

「死」は特に顕著に現れるものです。

虎杖悠仁が死ぬ事を感じ取った脹相は彼が血の繋がった弟だと判断しています。

ただこれは自分が呪胎九相図の1番であるからなので、本当に兄なのかは定かではありません。

加茂憲倫の時代よりも更に前に同じ様に呪霊を子を孕む人間が居たとしても違和感はないからです。

場合によっては虎杖が長兄である可能性も捨てきれないでしょう。

脹相は虎杖の兄だと語り出す

脹相は兄としての頑張りを見せる為、裏梅に対して穿血(せんけつ)を浴びせます。

圧倒的な速さに裏梅が驚く程で手にダメージを受けます。

そのまま夏油に対しても飛び込み体術を浴びせますが、偽夏油も弱くはありません。

「無理するなよ、疲れてるだろ」と偽夏油(加茂憲倫)に言われながらもカッコいい言葉。

それが弟の前で命を張らない理由になるか?
-脹相-
(呪術廻戦135話)

こう話している中でパンダとボロボロの虎杖が会話をしています。

パンダは虎杖に「脹相は他人だよな?」と確認を取っています。

虎杖は他人どころか一度殺されかけてると説明。

東堂も同じような事を言っていた(ブラザーと)のでパンダは虎杖から「ヤバイフェロモンが出てるんじゃないのか?」と。

当然そんな事はなく、脹相に関しては記憶の中に虎杖がいます。

呪術廻戦12巻 脹相が見た謎の記憶

呪術廻戦12巻/芥見下々先生/集英社
脹相が見た謎の記憶

先に言った様に本当に脹相が兄であるかはさておき、虎杖が偽夏油(加茂憲倫)によって作られたのは事実と言えそうです。

裏梅が術式氷凝呪法「霜凪」

裏梅がパンダや虎杖に向けて「霜凪」という氷系の術式を使用します。

呪術廻戦135話 裏梅の氷凝呪法「霜凪」

呪術廻戦135話/芥見下々先生/集英社
裏梅の氷凝呪法「霜凪」

パンダも虎杖も一気に凍りつきました。

氷の術式!?
しkまおなんてハイレベルな!
下手に動けば体が割れる!
-加茂憲紀-
(呪術廻戦135話)

日下部も食らって全く動きません。

偽夏油は「メッセンジャーは必要だ」と殺さないように指示しています。

それに対して裏梅は「全員生かす理由になるか?」と言いながら反転術式で傷ついた手を治します

日下部は裏梅の反転術式を見て「呪術のスケールが段違い」だと感じています。

この場でまともに戦えるのは特級呪術師である五条悟くらいなものでしょう。

呪術廻戦9巻 五条悟の覚醒状態

呪術廻戦9巻/芥見下々先生/集英社
五条悟の覚醒状態

高専時代にすでに反転術式をマスターし、更にそれを順転とぶつけて虚式なる技を使い出しています。

脹相を殺そうとする裏梅ですが、そこに現れるのが虎杖です。

氷を割ってきますが、氷結が甘くこれも宿儺関連だと推察しています。

脹相とも共闘戦線

虎杖は脹相の横について「味方でいいんだな?」と問います。

違う」という脹相は自分はあくまでも「お兄ちゃんだ」と言い出します。

この冗談っぽいやり取りから察して今後も脹相は味方になることは確定でしょう。

弟に二番の壊相と三番の血塗がいましたが、虎杖と釘崎野薔薇によって殺されています

これについてはひと悶着ありそうな予感もしますが、今ではないはずです。

脹相は「とりあえず一回呼んでみてくれないか?お兄ちゃんと」とふざけた事を言っています。

九十九由基が現れる

獄門疆を何とか奪い返そうと西宮が付喪操術「鎌異断(かまいたち)」にて偽夏油と裏梅を狙います。

問題なく裏梅に弾かれますが、西宮は虎杖と共に歌姫先生の準備が出来るまで時間を稼ぐ様に指示。

歌姫は五条悟の先輩にあたる準1級の呪術師です。どんな術式を使うのかは分かりませんが五条悟に対しては「先輩」であることを強調する勝ち気な面があります。

裏梅は「メッセンジャーは虎杖だけで十分」と氷凝呪法「直瀑(ちょくばく)」で全員を一気に狙い撃ちます

呪術廻戦135話 裏梅の氷凝呪法「直瀑」

呪術廻戦135話/芥見下々先生/集英社
裏梅の氷凝呪法「直瀑」

裏梅と偽夏油の関係を見るにかなり対等な関係に思えます。

宿儺と対峙した時の裏梅とは全く違っているのが分かるでしょう。

直瀑によって恐らく全員が「殺される」と思った瞬間、現れたのが九十九由基でした。

一時は偽夏油=九十九由基ではないかとすらされていましたが違います。

今の現状で日下部やパンダで偽夏油と裏梅を倒せるはずもないと読者は思ったはずです。

そこで今回呪術廻戦135話で偽夏油(加茂憲倫)の前に登場するのが九十九由基

呪術廻戦6巻 九十九由基が東堂の前に現れる

呪術廻戦6巻/芥見下々先生/集英社
九十九由基が東堂の前に現れる

いつもの如く偽夏油である加茂憲倫に対して女のタイプを訊いています

偽夏油=加茂憲倫ですが、加茂憲倫も頭を縫われているので恐らくは宿儺や裏梅と同じく千年以上前の人物でしょう。

加茂憲倫も千年前の誰か

九十九由基が登場した事で偽夏油もそう簡単にこの場を掌握出来なくなりました。

しかも九十九由基は偽夏油戦と考えて対策を練ってきているはずです。

このまま逃亡の可能性も高くなっていますが、呪術廻戦135話はここで終わりです。

呪術廻戦136話で九十九由基VS偽夏油

偽夏油(加茂憲倫)との九十九由基というカードでの勝負が描かれる可能性があります。

九十九由基としても夏油傑に一つの考えを植え付けてしまったという罪悪感のようなものがあるのでしょうか。

呪術廻戦9巻 夏油は初めて非術師の皆殺しを口に出した

呪術廻戦9巻/芥見下々先生/集英社
夏油は初めて非術師の皆殺しを口に出した

これで呪術廻戦0巻と合わせると特級を関する人物全てが戦闘に加わった事になります。

0巻の主人公である乙骨憂太については本編での登場はありません。
乙骨憂太の現在は海外で何をする

九十九由基とのバトルの末に裏梅と偽夏油である加茂憲倫は逃亡を図るのではないかと推測されます。

一先ず真人を取り込み五条悟の封印には成功しました。

後は宿儺が虎杖から出る準備を行って、新世界を作り上げていくだけでしょう。

136話九十九由基VS加茂憲倫&裏梅の展開



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.6

【東京喰種:re考察】3部タイトル予想!トーキョーグール:reの次も○○!?王“re”となったカネキの最期は!?

(石田スイ先生 東京喰種 7巻表紙引用) 東京喰種:reが 終わりを迎えようという今。 作品としては、 再びタイトルが 変…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る