Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

GIGANT(ギガント)ネタバレ56話【6巻】パピコと零の別れ!2年待って!アメリカは核使用!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

GIGANT(ギガント)56話のネタバレ考察となります。

パピコに別れを告げる零ですが、お互いに相当なショックがあります。

2年後に映画監督になって迎えに行くと言う零ですが、実際にどうなるのかは分かりません。

そんな中、アメリカがサタンに対しての核攻撃を実施しました。

GIGANT56話 アメリカがサタンに対して核攻撃

GIGANT56話/奥浩哉先生/集英社
アメリカがサタンに対して核攻撃

残念ながら、サタンは核攻撃でも倒しきれません。

人類の敗北と言って良い状況です。

細かくGIGANT56話を見ていきます。

パピコと零の別れ

パピコに電話で別れを告げる零です。

零が生きがいのパピコなので、簡単に折れはしません。

「芸能界を辞める」

そういうパピコですが、自分のせいでパピコの人生がおかしくなるのは許容出来ないでしょう。

零も零で、お芝居がしたいと言っていたパピコの生きがいを奪いたくないと言います。

GIGANT56話 パピコの生き甲斐は零なのか

GIGANT56話/奥浩哉先生/集英社
パピコの生き甲斐は零なのか

零は渋るパピコに対して「2年」と期間を付けます。

高校中に映画を撮り、映画監督として認知された後に迎えに行くというのです。

到底現実の話に思えませんが、そうでもしないと納得しないと零も感じたのかもしれません。

双方が泣いて別れる事になりました。

パピコは傷心で何も出来ない

別れを告げられ、お互いに泣きながら電話を切りました。

パピコはその後も泣き続けています。

傷心のパピコは犬と共にシャワーを浴びています。

全くの虚無という雰囲気が見えます。

GIGANT56話 パピコが傷心で服を来たままシャワー

GIGANT56話/奥浩哉先生/集英社
パピコが傷心で服を来たままシャワー

アメリカがサタンに核攻撃

二人の恋事情が進み終わった中で、アメリカに話が移ります。

進行し続けていたアメリカはホノルルで核爆弾をサタンに使います。

人類の最大兵器の使用を行い、自国の領土を爆破したアメリカです。

しかし、この攻撃を受けてもサタンの動きは止まりませんでした。

この時点で人類の敗北が決したと言えます。

パピコは零を失った時点で、もう戦う理由がありません。

芸能界で頑張るはずもなく、何より核攻撃が効かなかった事で海を渡っていずれは日本にも到着します。

次号では遂にあの未来人達がサタンを相手に奮闘するのでしょうか。



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.7

【東京喰種:re考察】144話から続くとしたら!?話題づくり!?演出!?理由は!?

(石田スイ先生 東京喰種 13巻引用) ※確定あらすじ※ カネキたちが 水掛け論をしている。 すると、 トーカのことを…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る