Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

鬼滅の刃ネタバレ171話【20巻】上弦の壱の刀が変異!天狗風と双極の合わせ技で着物が斬れただけ!

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

鬼滅の刃171話のネタバレ考察となります(単行本20巻掲載)。

上弦の壱とヒメジマ&不死川の痣出現状態での戦いとなりました。

しかし、さすが上弦の壱と言えます。

最初はヒメジマと不死川が押している様子が見えますが、それでも耳と着物を斬れただけ。

刀を変異させて二人の攻撃を止めさせます。

柱上位の実力を持つ二人を目の前に、上弦の壱は全くもって焦りを感じさせない動きとなります。

それでは鬼滅の刃171話を考察していきましょう。

鬼舞辻無惨が炭治郎の家を襲った理由




鬼滅の刃171話 髪を食って聞こえる無惨の声

玄弥は胴体を斬られてしまったので、時任無一郎にひっつけて貰いながら上弦の壱の髪を食べます。

濃い血を得ている上弦の壱の髪を食べると速攻で傷が治ります。

それだけ無惨に近いと言える状況ですが、ここで玄弥に変化があります。

何かしら無惨の声が聞こえてきました。

聞き取れるのは一部だけ。

黒死牟。
柱を何人倒した。
まだ此方へは来させるな。
-無惨の声-
(鬼滅の刃171話より)

上弦の壱の名前が黒死牟なので、単に連絡しているだけですが、玄弥は鬼に着実に近づいていると言えます。

鬼滅の刃171話 反応速度が上がっている

上弦の壱はヒメジマに対して考えを巡らせています。

盲目の状態でも鎖のついた武器によって空間把握が完全に出来ている状態であるヒメジマ。

これほどまでに至るとは信じられないのでしょう。

にわかに信じがたいと感じています。

ヒメジマの方が強いと考えた上弦の壱は狙いを不死川に切り替えます。

刀を横から攻撃して折ってしまおうとするのですが、驚異的な反応で返す不死川。

死にかけの傷を追いながらも、以前よりも反応速度が増している事に驚きます。




鬼滅の刃171話 天狗風と双極

速度を上げながら二人で連撃を繰り返しているヒメジマと不死川です。

一瞬の隙きで上弦の壱の耳を削ぎます。

そして追撃で岩の呼吸・壱の型である天狗風と風の呼吸・漆の型である双極を上弦の壱に対して繰り出します。

この攻撃によって上弦の壱の着物の上半身が弾け飛びました。

頸を斬り落とすべく更に畳み掛けようとするヒメジマと不死川ですが、そう簡単にはいきません。

鬼滅の刃171話 黒死牟の刀が変異

次の攻撃を行おうとした瞬間、ヒメジマと不死川のどちらも斬られてしまいます。

致命傷ではありませんが、追撃のタイミングは逸しました。

今までの間合いから変化している事にヒメジマは驚いていますが、当然でしょう。

上弦の壱が持っている刀は以前とは全く違う形状のものに変化していました。

鬼滅の刃171話 上弦の壱黒死牟が見せた長い刀

鬼滅の刃171話/吾峠呼世晴先生/集英社
上弦の壱が見せた変異した刀

刀の形状と長さを変化させられるのだとすれば、想定される間合いが分からなくなります。

盲目のヒメジマにとっては致命傷となり得る相手の強みでしょう。

柱上位であると黒死牟も認めている二人だけに、このヒメジマと不死川を倒せば残りは容易そうだと感じています。

時任無一郎と玄弥が登場して、4人で上弦の壱を倒す事になるのでしょうか。

次回の鬼滅の刃172話では玄弥が遂に折れた上弦の壱の刀を食べて、更に鬼に近づいていこうとします。

鬼滅の刃172話のネタバレ考察



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る