Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

約束のネバーランドネタバレ146話確定と147話|ギーラン一族VS王家と五摂家!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい
約束のネバーランドネタバレ146話確定と147話|ギーラン一族VS王家と五摂家!

約束のネバーランド146話でギーラン一族を王都の城内に導いて復讐の機会を見事に与えるノーマンたち。
ギーランも怒りを顕に王家と五摂家に立ち向かう。
(週刊少年ジャンプ2019年38号)

ティファリで女王がアノ存在に対して最高の実りを捧げている。
そこで王都の一部が爆破される。
西側と東側の守りを制圧しセキュリティも突破したバーバラやヴィンセントたち。
これで思う存分ギーラン一族暴れる事ができる。

それでは約束のネバーランド146話を考察していく。




約ネバ146話 戦力分散した王都

王都の元の守りは5,000だったがノーマンの策によって事前に1,000まで削られた。
現状は城内に300と城下に700。
城下では爆破の対応に追われる事になる。
またヴィンセントによって城門は閉ざされている状況。

城内に入り込んだギーラン一族は50。
相手は300で奇襲として暴れるには十分な状況だと言える。
見事な手際にギーランもノーマンの手腕には舌を巻いたのではないか。

全てはノーマンが思い描いた通りのシナリオに進んでいると言える。
鬼同士が少しでも多く潰しあえば残る鬼を殲滅して王家と五摂家と今回の作戦を知るギーランを葬れる。

そうなれば鬼世界の政治機能は完全に麻痺していく事になる。
農場の壊滅も容易に出来るだろう。

約ネバ146話 ギーランの復讐

儀祭が行われていた部屋に乗り込んだギーラン。
女王との久しぶりの接見と言える。

今までの苦しみを伝えて王家と五摂家に対しての復讐を刊行するギーラン。
プポ卿が最初の犠牲者となる。
プポ卿の配下達になりすましたギーラン一族。

プポ卿の家族はすでに食われていて仮面を被り化けていた様子。
食えば相手の遺伝子を取り込む鬼だからこその芸当と言える。

大きな激突となるギーランVS王家&五摂家。
どこまで壊滅的な状況となるのか。




約ネバ147話予想 王家の強さ

女王である王家は最上の食事を続けていたはず。
その王がどれほどの強さを示すのかが気になる所。

ギーラン復讐に対して王は「笑止」と終わらせている。
自分自身の絶対的な優位を分かっての事とも考えられる。

ギーラン一族によって五摂家と王家が滅ぼされるのがノーマンのシナリオであれば、
女王独りの力でギーラン一族が敗れてしまえば話は変わる。

潰し合いが為されなければこの作戦が成功したとは言えない。
ギーランの方が圧倒的な強さを誇っていた場合はエマとレイたちが間に合わない可能性もある。

ノーマンに誤算はないのか。
もし王が強すぎたとしてもノーマンはそれすらも思考して作戦を練っているのか。
この辺りも注目したいポイントとなる。

約ネバ147話 最新情報

【こんな記事も読まれています】

⇒【エマとレイの死亡を暗示?
⇒【スミーの正体とは?
⇒【ムジカを走馬灯で見た理由
⇒【もう一つの約束とタイトルの関係
⇒【レイ最後の本でエマ嘘付き!?
⇒【クローン説の伏線が凄い!?
⇒【鬼の用語と神存在は発音不可!?
⇒【首のナンバーの謎が解明!?



The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2018.3.9

【ハンターハンター考察】イルミVSヒソカ強いのはどっち♣旅団ナンバー11で婚前契約発動♠

(冨樫義博先生 ハンターハンター引用) 王位継承戦の中、 下層では幻影旅団と イルミが手を組み、 ヒソカを襲うという 展開にな…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る