【刃牙道考察】 強さランキング!!1位は宮本武蔵か範馬勇次郎か?!それとも本部以蔵か!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(板垣恵介先生 刃牙道 159話引用)

戦国時代より
現世に蘇った
宮本武蔵。

武蔵との闘いは
武器使用不可の
現代ルールとは違い、
武器、爆薬何でもありの
戦国時代の
ルールで行われます。

そのルール変更に伴い
刃牙道では
キャラクターの強さの
序列に変化が見られます。

今回は
武蔵との対戦を
基準として
強さをランキングに
してみました。

⇒【武蔵は戦の基本を押さえている!?





【10位】ガイア

かつてのシリーズでは
範馬勇次郎と並ぶ実力と
称されたこともあるガイア。

武蔵との闘いでは
得意の環境利用闘法で
簡単に武蔵の背後を取ります。

しかし
武蔵はガイアの存在に
気づきながらも
危険がないことから
無視していたのでした。

とっておきの飛び道具も
簡単に見破られ、
最後は4つに
切り裂かれた内容は
完敗と言えるのでは
ないでしょうか。

因みにガイアは
実践武術家として
本部の弟子であることが
明らかとなっていますが、
本部との闘いでも
完敗しています。

【9位】愚地独歩

独歩は空手を散々馬鹿にされ
最後は刀を圧するだけで
斬られないという
屈辱的な負け方をしました。

その際に独歩が
放った攻撃は
武蔵の顔に切り傷を
付けることで
精一杯でした。

【8位】渋川剛気

渋川は合気を使い
武蔵を床に押さえつけて
顔面にパンチを食らわせ
見事烈の仇をうちます。

しかし
その後は合気も
武蔵には通用せず、
簡単に斬られてしまいました。

【7位】範馬刃牙

刃牙は武蔵との
対戦が2度あります。

1度目は
刃牙の蹴りを簡単に
捉えられてしまい、
一振りで地面に
たたき付けられることで
気絶してしまうという
内容でした。

2度目の対決では
勇次郎直伝の
ジャブで武蔵から
ダウンを奪うことに
成功します。

しかし
2発目のジャブは
完全に見切られてしまい
最後は斬られて
敗れていしまいました。

⇒【武蔵のありがとうの意味!?





【6位】烈海王

烈は刀を持たない武蔵を
倒しても意味がないと
武蔵との武器使用可の
対決を申し込みます。

中国武術の全てを
武蔵にぶつけますが
武蔵にはどの武器も
通用しませんでした。

郭海皇との特訓の末
習得した消力も
武蔵の前には
通用しないかと
思われましたが、
刃牙の構えと
融合させることにより
武蔵からダウンを
奪います。

しかし
最後は消力が完全に破られ
烈は亡くなってしまいます。

【5位】ピクル

ピクル原始の肉体は
武蔵の刀ですら
通すことはありません。

この肉体には
武蔵も肉の宮と
賞賛を送りました。

武蔵に斬られながらも
武蔵の肩を食べることに
成功したピクルですが、
最後は斬ることが
楽しくて仕方がないという
武蔵の表情をみて、
完全に食欲をなくしてしまい
本部に泣きつくという
衝撃的なラストとなりました。

【4位】花山薫

花山はその強力なパンチで
武蔵から何度も
ダウンを奪っています。

また
現世最強vs戦国最強
として注目された握力対決も
いとも簡単に
勝利してしまいました。

そして
ピクルと同様に強力な
肉体は武蔵に
斬られはしますが、
貫通させることはなく
肉の宮、そして骨の宮と
賞賛されています。

最後は二刀流を使用した
武蔵を前に敗れてしまいますが、
単純な強さ比べでは
武蔵に勝利したといっても
良い内容だったのでは
ないでしょうか。

⇒【武蔵の闇と花山の白!?
⇒【花山薫の握力は何キロなの!?



【3位】本部以蔵

本部は武蔵が復活した
ことによる何でもありの
ルールの中で
最も実力の変動が大きかった
人物と言えます。

武器使用不可の
現代ルールの下では
いまいちパッとしなかった
本部ですが、
実践戦術となると
ガイア、ジャックに圧勝
してしまう程の実力となります。

その実力でもって
現代武士の中では唯一
武蔵から勝利を
収めています。

現代武士を武蔵から守護る
ことを自らの使命として
認識しており、
勇次郎すらも守護ると
宣言しています。

【2位】宮本武蔵

これまで数々の手強い
現代武士との闘いで
勝利を収めてきた武蔵。

その闘いぶりは
天下無双の名に
ふさわしいと言えます。

唯一の敗北となった
本部との闘いでも、
終了後に本部は
命を取り合う勝負は
しておらず、
武蔵は本気ではなかったと
述べています。

初めての技を受けてみたい
との好奇心から
ワザと攻撃を受けて
ダウンしてしまう場面も
多く見られますが、
そこからの回復も
超人的にはやく、
攻撃、守備ともに
現世でも実力は
トップクラスと
言えるでしょう。

⇒【武蔵は戦の基本を押さえている!?

【1位】範馬勇次郎

1位はやはり
地上最強の生物
範馬勇次郎でしょう。

武蔵との闘いは
本部の乱入により
勝負なしとなって
しまいましたが、
その前に武蔵から
2度のダウンを奪っています。

最後は武蔵の奥義から
本部が勇次郎を守った形に
見えますが、
個人的には本部の
助けがなくても
勇次郎であれば攻撃に
対処できていたのでは
ないかと思っています。

よって
天下無双武蔵が現れても
勇次郎が最強であることは
揺るがないという
結論となりました。

まとめ

宮本武蔵との対戦から
刃牙道での強さを
ランキングにしました。

武器が使用可となり
武蔵に勝利を
収めたことにより
本部が大きく順位を
上げたことが
このランキングの
大きな特徴と
言えるでしょう。

また
地上最強の生物vs天下無双
は地上最強の生物
範馬勇次郎に軍配が
あがる結果となりました。

今後の対戦で
ランキングがどのように
変化していくのか
楽しみにしています。

【こんな記事も読まれています】

⇒【武蔵は戦の基本を押さえている!?
⇒【武蔵のありがとうの意味!?
⇒【武蔵の闇と花山の白!?
⇒【花山薫の握力は何キロなの!?
⇒【オリバの筋肉で武蔵敗れる!?





マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
オウガ

オウガ

漫画はジャンルを問わず 何でも読みます! 特に熱い漫画が大好き!! 熱い漫画から生きるエネルギー をもらっているアラサー男子です。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.3.29

【七つの大罪考察】メラスキュラは生きている!?怨反魂の法についての考察

(七つの大罪 148話 メラスキュラがエールを飲む 引用) 「七つの大罪」のバンによって、 心臓を5つ潰されてしまったメラスキュラ。…

よく読まれている記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る