ワンパンマンネタバレ考察|192話の感想と193話の原作流れ|黄金精子はタツマキの念力も効かない

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ワンパンマンネタバレ考察|192話の感想と193話の原作流れ|黄金精子はタツマキの念力も効かない

村田雄介先生の作画「ワンパンマン」の192話の感想と193話の原作流れからの考察です。

本編のネタバレを含みますのでご注意下さい。
⇒ワンパンマン192話を未読の方はとなりのヤングジャンプをお読み下さい。

ガロウ編はかなりの追加要素で構成されていて原作とは違っている部分も多くあります。

192話で遂にガロウと対峙することになったバング。

ただこのガロウは原作で見るとまだ完全体とは言えません

そしてワンパンマン192話の最後に現れた黄金精子。

出現タイミングも原作とは違いますが黄金精子の強さは半端なものではありませんでした。

当然それを全て凌駕するのが完全体のガロウな訳ですが。

吸収力が尋常ではないガロウ

ワンパンマン192話でガロウとバングの一騎打ちが始まります。

バングも本気を出しますが、ガロウの吸収力が尋常ではありません

肉体の限界値を引き出す奥義、剛醒呼法(ごうせいこほう)をひと目でモノにします。

ガロウの吸収力によって「強い相手」と闘えば闘うほどに強くなっていきます。

バングにも完全対応してくるガロウですが、言葉を発しておらず本当に怪人になってしまった感じが強くしています。

登場したセリフは

「オオ」「コオオオ」「クアアア」などで人語を操れなくなったのか!?と思わせる雰囲気。

原作を見ると完全体となったガロウは普通に喋っているので「今だけの暴走モード」って感じでしょうか。

このガロウ戦でまた一つガロウは成長して災害レベル「神」へと昇華していくことになりそうです。

ブサイク大総統がキモ過ぎる

原作をはるかに超えてキモち悪さが増しているブサイク大総統。

強すぎる溶解液を出して、先に消化してからそれを啜るという最悪の食事法

ここでもオリジナルのストーリー展開があり、ニチリンからアトミック侍へ日輪と呼ばれる刀が継承されます。

バネヒゲが日輪刀が何であるかを説明しているのが面白味のあるところです。

基本的に漫画は誰かに解説させないと読者には理解できないのでシリアス系の漫画だと結構悩むことが多いとのこと。

HUNTER×HUNTERなどで「解説することで強さが増す能力」といった制約が絡むものはマンガの特性状生まれたとも言えるでしょう。

それはさておいて日輪の他にも月輪と呼ばれる刀もあるそうです。

日輪と月輪。

その二口を手にした剣士は「剣聖」として天下無双の強さを得る。

天下無双といえば現実世界では宮本武蔵を指します。

宮本武蔵も二刀流だったので、そういった最強の剣士に今後アトミック侍がなっていくということかもしれません。

※宮本武蔵のマンガと言えばやはりバガボンドがオススメです。

最終戦が描けずにずっと休載しているという話ですが、本を読むよりもスラスラと読めるのは間違いありません。

ブサイク大総統と黒い精子の喧嘩

ブサイク大総統は黒い精子の死体も溶かして食っています

これを批難する黒い精子ですが、それに対してブサイク大総統は「事が済んだら家畜にしてやる」と。

怒る黒い精子。

この辺りは原作にはありませんが、そのまま原作にも現れた黄金精子の爆誕です。

ワンパンマンの原作80撃目でタツマキの前に爆誕したのが黄金精子でした。

そしてタツマキに対して一瞬で数撃を決める強さ。

黒い精子もブサイク大総統もどちらも登場時は「竜」でしたが、黄金精子は竜の中でもかなり上位に位置する存在と言えるでしょう。

ワンパンマン193話でガロウ完全体現れるのか

原作ではここからガロウの完全体が現れてS級ヒーローも含めて多くを粉砕します。

ただ村田先生のワンパンマンではそうはならないでしょう。

黄金精子がブサイク大総統を葬る可能性もあります。

仲間内で削り合ってくれればヒーロー側からすればありがたい限りです。

ちなみに完全体のガロウは災害レベル「神」となります。

但しこの「怪害神殺拳」が登場するのはもう少しあとでしょう。

バングがこのまますぐに敗れるとは思いません。

戦いを継続し、一度はバングに敗けそうになるガロウという展開も往々にしてあるでしょう。

その上で更に復活して全てを吸収した完全体のガロウ登場。

原作では完全体のガロウが登場すると(バング戦などが直前にあった訳ではありません)、そこからS級ヒーローは軒並み倒されていきます。

そして現れるサイタマにボコボコにされる流れですが、それでも単純なワンパン終了ではありません。

やはり災害レベル「神」となれば、普通パンチ一発で死亡するほどヤワではないのが分かります。

村田先生のワンパンマンでは他のS級が敗れるシーンもそれなりに重厚に描かれることが予想されます。

まだまだガロウ戦は終わらないでしょう。

ワンパンマン193話感想と194話の原作流れからの考察



The following two tabs change content below.

マンガ好き

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • アミュ
    • 2021年 6月 26日 5:25pm

    ブサイク大統領じゃなくて大総統だよ。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

2016.12.26

【ワンピース考察】カイドウの「オーズ説」と「鬼説」と「ドラゴン説」はどれが当たりなの!?最強生物のモデルは魔神ブウ!?

(ONEPIECE 796話 カイドウ「また生きちまった」+オーズ 引用) カイドウがワンピースの世界で 最強の生物だというのは、 …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る