ワンピース考察|緑牛がドラゴンボールのセルみたいって話!力を吸い取るは本当なのか

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

ワンピース考察|緑牛がドラゴンボールのセルみたいって話!力を吸い取るは本当なのか

ワンピースの海軍大将・緑牛。

最後まで明らかになっていなかった大将ですが、植物を扱うことだけ分かっていました。

それがワンピース1052話にて背中の花で飛ぶ行動とドラゴンボールのセルみたいに人の力を吸うって話が出てきました。

力を吸って、仮にその力をパワーに変えられるとすれば恐ろしいものです。

ちなみにドラゴンボールのセルはそういうキャラでした。

この尻尾の部分で相手を吸い込む。

そしてその力を反映させる化物です。

バジュラング=ハヌマーンという神猿がモデル

緑牛もセルと同じなのか

まず気になるのは緑牛もまたセルと同じように「パワー」への変換が可能なのかってことです。

セルは最初は中々に不格好な感じでしたが、吸い込むことで強さをそのまま頂戴して甚大な力を手に入れます。

見た目もこのようにスマートに、そして強そうに変化。

当然緑牛はこうやって容姿まで変化することはないでしょう。

ただ強い相手を吸うことでより強くなるって部分は一緒かもしれません。

ビッグマムのモデルは人を食った

養分としての吸い取り

パワーアップするとすれば緑牛の強さは相当なものでしょう。

しかしパワーではなく単純に養分としてなら頷けます。

ずっと飯を食っていないってことで、光合成ではないかって話が出ていました。

無限に喰わずに過ごせる意味が分かるところでしょう。

更に飯を食うことなく養分として人からエネルギーを吸い取ることも可能と言えます。

ルフィが食う肉とおなじように人のパワーを吸い取る。

強くなる訳ではありませんが、相手は弱くなります。

要するにルフィがハラヘリ状態になってしまうってことですね。

恐らくパワーアップではなくこちらが能力として付与されていると感じます。

なので緑牛に捕まってしまうとパワーを吸い取られて腹減り状態のようにエネルギーが不足してしまうってことです。

吸い取れる限界はある

無制限に吸い取れるのかと言われれば、それも疑問でしょう。

やはりそこには上限があるはず。

ってことで一度吸われたら死ぬまでってことはない気がします。

また何人も連続で吸い続けるってのも難しいでしょう。

吸うためにはある程度空腹になる必要があるはずです。

ティーチも白ひげを食べたのか

満タンじゃないと使えない技がある

養分吸い取り系のキャラによくあるケースとして大容量のエネルギーを使う技があるというもの。

ドラゴンボールで言えば元気玉みたいなものですが、多くのエネルギーを手にして発動するものがありそうです。

そもそも緑牛は最終的に味方になるのではないかって言われているキャラでもあります。

そう考えると強い能力も最終的には麦わら側として利用されるのかもしれないって気もします。

緑牛は味方になる可能性がある

セルがモデルなのか

ドラゴンボールのセルがモデルだと言われていますが、さすがにそれはないでしょう。

セルは別に植物系ではありません。

吸い取るという行為だけが類似しているだけで吸い込んで身体が変化するってこともないはず。

もしあるとすれば今頃とんでもない異形になっているはずです。

緑牛の能力については未知の部分が多くありますが、植物を操るってことで、その一部として食虫植物のように人間からも養分を吸い取れるってことで見せただけでしょう。

メインの力は吸い取りではないとも感じられるところです。

緑牛の吸い取りについての考察となりました。



The following two tabs change content below.

人間ゴウセル

各種ご意見や予想、またコメントや掲示板やSNSを含め考察記事を編集して掲載させて頂いております。史実が必要なものはそれをもとに考察しているものもあります。内容に間違いがある場合もありますが、あくまでもその時点での考察記事としてご理解頂けると幸いです。誤字脱字は都度修正しますが行き届かない点はご容赦下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

2018.7.26

【七つの大罪考察】回収された伏線一覧(23個)!ゴウセル、メリオダス、マーリン、エスカノールの正体!憤怒、嫉妬、強欲の罪!etc

(鈴木央先生 七つの大罪 27巻引用) 七つの大罪というと 設定がしっかりと 練られており、 伏線もちらほらと 散りばめら…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る