闇金ウシジマくん考察|竹本優希の最後とその後は!ヤバイ清掃の仕事!時給5万円!?

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

丑嶋の親友竹本優希。

ウシジマくん本編の「ヤミ金くん」で登場するも、最後の最後では借金返済すべく地獄へと送ったとの台詞が描かれました。

一体、竹本は何処へ行ったのでしょう?

竹本優希とは

丑嶋の中学時代の元同級生で一番優秀だった人物

また、中学時代には丑嶋のリンチに参加しなかった人物でもあります。

後に分かる事ですが、丑嶋はその事が「スゲー嬉しかった」そうです。

その後、丑嶋と竹本は意気投合し親友と呼べる仲になっていきます。

最終的に親友すらも地獄に送ってしまう仕事をしている丑嶋が少し精神的なダメージを露骨に出した回でもありました。

そして丑嶋が鰐戸三兄弟を殺す覚悟を決めた際には、飼っていたうさぎを竹本に預けています。

丑嶋は三蔵の頭をぶったたいて鑑別所へ。

数年経ち少年院を出た丑嶋。

竹本と再会した際には、うさぎのうーたんをしっかりと返しています

ウシジマくん本編のヤミ金くん

「ヤミ金くん」で登場した竹本。

柄崎には落ちぶれたなーと言われる程になっています。

そして竹本は鰐戸兄弟が管理する「誠愛の家」で日雇いの仕事をしていました。

「誠愛の家」に住む甲本、榊原、黒田を救うために行動に出た竹本。

溜め込みすぎた丑嶋に(お金を)分けてもらおうというもの。

この辺りの発想が正義感だけで世の中を渡れない事が分かっていなかった竹本の弱点とも言えます。

竹本は丑嶋が隠していた大金の居場所を探り当て、5千万円をロッカーに隠してしまいます。

最後は甲本がその大金を持って逃走してしまったために、竹本は全員の負担を取り一人で強制労働行きになってしまいました。

地獄行きの竹本

丑嶋からは、

お前を地獄に送ったコトを後悔してねェ・・・・・・
(ウシジマくん208話)

と話されています。

しかし一人車内で顔を手で覆う丑嶋。

本当は追い込みたくなかったという台詞からもウシジマくんの在る種の弱さが垣間見える瞬間でもありました。

徐々に精神を削りながらウシジマくんも闇金という仕事をしているように感じられる描写でした。

竹本が送られた「地獄」とされる先は何処なのでしょう?

ウシジマくんの世界観からして、まともな所でないことは容易に想像がつきます

ヒントとしては、時給5万円で清掃員です。

これだけでも「まーあれだろうな」、と思う方はいるでしょう。

ただ最近は死体を拾うような仕事などでも大した時給にはならないそうです。

福島第一原発事故の際に募集された月給が75万という話もありましたが、ソレ以上に危険なものであるとも想定されます。

死体洗いの可能性

死体を洗うバイト(仕事)というのがこの世には存在しています。

一応、清掃というカテゴリーになるのでしょうか。

都市伝説なんて呼ばれたりもしますが、経験者がしっかりといるとおり決して幻ではありません

また、そんなブラックな仕事という訳でもなく、しっかりと報酬が払われる高額なアルバイトといった感覚です。

中には、ホルマリン漬けのプールに(防腐処理に用いられるモノ)遺体がプカプカ浮いており、それを棒で沈めるだけの作業もあるそうです。

こちらも高額ですが、一回やったらもう二度とやる人はいないそうです。

何か特殊な霊の様なものを見てしまったり、時には死体が少し動いたという報告をする人もいるほどに精神が少し病んでしまう仕事と言えます。

更に防護服を着ていても服に臭いが染み付いたりして、まともに食事ができなくなるそうです。

1日で数万円稼げるとはいっても、人生で2回やろうとは思わないような仕事と言えますね。

それを常時やらされることになったとしたら、まさに地獄です。

ただ竹本なら少しで慣れはじめて別に困らずやりきってしまいそうな予感もします。

そんな程度の場所を丑嶋が「地獄」と評するとは思えません

少なくとも命の危険はない訳です。

原発事故の現場清掃

ヤミ金くんが題材に選ばれた時期などを考えてみても、原発事故の現場清掃員というのが有力に思えます。

月給で75万や、起こった当時は本当に100万単位での募集があったと言われます。

但し被爆の危険性もあり廃人化してしまったような人もいたとかいないとか、これこそ都市伝説の如く語られている部分でもあります。

ちなみに今の2020年12月末ごろでも求人として存在している仕事です。

少しずつ情報の風化が見られて「やってみよう」と思う人も増えているのか給料は以前ほど見込めるものではありません。

その中でも丑嶋の持つ危険なルートでの仕事は「ほとんど死ぬ」という作業を行うものなのかもしれません。

放射線量が死亡リスクに限りなく近づく場所での作業だけど、後々文句が出ない人たちに任せる場面もあったでしょう。

もしそうだとすれば、正義感のある竹本が少しの時間で逃げ出すはずもなく「死ぬまで」という条件が付け加えられると丑嶋は感じたのでしょう。

実際に当時の原発事故の清掃現場の近くでは入れ墨や小指が無い様な方々が多く派遣として清掃業務に当たっていたそうです。

「地獄に送り込む」という言葉がそのまま「死ぬまで」と置き換えられる訳です。

ネタバレになりますが、

最終回ではウシジマくんも死んでしまうという事を考えると「あの世での再会を果たせた」と考えるのも一つなのかもしれません。



The following two tabs change content below.
人間ゴウセル

人間ゴウセル

雰囲気の暗い漫画や伏線・謎が多い漫画を好んで読んでいます!!(熱いのも好き)読んでいる漫画:七つの大罪、東京喰種:re、進撃の巨人、キングダム、ワンピース、ハンターハンターなどなど。

関連記事

コメント

  1. アバター
    • 2017年 11月 03日

    いや、原発関係やろ普通に考えて

    • 人間ゴウセル
      • 人間ゴウセル
      • 2017年 11月 04日

      コメントありがとうございます!
      そうなんですね、また参考にさせて頂きます。

  2. アバター
    • 2017年 11月 07日

    ピュアか(笑)
    死体洗いも特殊清掃もせいぜい月に30万くらいで、
    普通の清掃よりちょっとだけ高給だから人気あるくらいだぞ。

    原発関係は確かに日当が高いけど、
    オフィシャルのピンハネ業者だけでも5次受け、6次受けが最低必要。
    作業員の日当はせいぜい1.5万くらい。
    マスコミが常時追ってる超有名なネタなのに
    闇金連中がそれより上流で受けられるわけがないから、
    日当5万円なんてあり得るわけがない。

    所詮は漫画。完全にフィクションの世界だよ。

    • 人間ゴウセル
      • 人間ゴウセル
      • 2017年 11月 07日

      コメントありがとうございます!
      なるほど~、また参考にさせて頂きますね。

  3. アバター
    • うにゅ
    • 2017年 11月 22日

    死体清掃や特殊清掃は実際に人気職なので、違いますね。精神的にくるとしても、廃人になりません。
    原発関係は身体的に、できなくなるかもしれませんが、被ばく量が計測されていて、それを超えると
    その仕事には法律上つけませんので、無理矢理やらせても病人になるだけで採算とれませんので、違うでしょう。
    違法な薬物関係とかは捕まって刑務所に行くだけで、廃人になりません。
    同じく、治験の仕事も人気がありますが、連れていかれる感じはちょっと違うでしょう。

    専門資格があれば日当10万とかあるんですがね。
    何の資格もない借金するような低能力の人は、かなり危険な仕事についても5万程度。
    20日勤務で1年で1200万。5年で6000万ですか。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.5.2

【東京喰種:re 考察】ヒデは半喰種!?半人間!?ピエロのボス!?生存説と伏線の謎

(東京喰種:re ヒデ 喰種金木と地下水路で遭遇 137話 引用) ヒデの生存説が囁かれる中、 え?シんだんじゃないの? と言う声…

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る