少年のアビスネタバレ|ナギの神回!怖いけど可愛さとエロさで令児を癒やすのか

ライター募集中!
マンガ好き.comで一緒に考察記事を書いてみたい方は問い合わせよりご連絡下さい。
ライターに応募してみる
※文字単価は記事数とレベルによって変化します。まずはお試しで気軽にご連絡を。

少年のアビスのナギの神回。

令児は元々アイドルのナギがタイプでした。

そんな女性が地元のコンビニに現れて「一緒に死にたい」と明言。

その流れで抱かせてくれるナギの寛容さ。

めちゃくちゃ怖いですがやっぱり可愛さとエロさに男は勝てません

先生がやばい!可愛い危険人物

令児を誘惑するナギ

一緒に心中しようと言うナギ。

それに対して「本気で言ってんの?」と令児。

最後にちょっとだけ生きててよかったなって思えるかも。
-令児-
(少年のアビス2話)

アイドルのアオエナギと死ねるのならと令児は言いますが、ナギはこの「ちょっとだけ」を心外と言います。

そして令児の股間に手をやって「家に来ない?」と誘い出しました。

美人のお姉さんからの誘惑。

断る理由皆無でしょう。

言うて令児は純粋無垢ではなく、それなりにゲスなのがこの作品の良いところです。

チャコはかわいい幼馴染で令とヤるか

ファン待望の衣装で愉しむ

そして少年のアビス3話ですぐに家です。

家ではナギがアイドルのステージ衣装でベッドの上。

少年のアビス3話 アイドル衣装でベッドに寝転ぶナギ

少年のアビス3話/峰浪りょう先生/集英社
アイドル衣装でベッドに寝転ぶナギ

ファンならよだれモノのワンカットです。

待望というか夢にまでみるワンシーンとも言えそう。

アイドルファンはそんなことを思わない!って怒られそうですが、ヤリたいキモチはどこかにあるはずです。

絶対に来るアイドルとしてチャコと話していた青江ナギ。

その青江ナギが目の前で自分におっぱいを揉まれている。

少年のアビス3話 絶対に来るアイドルと言っていた青江ナギの胸を揉む令児

少年のアビス3話/峰浪りょう先生/集英社
絶対に来るアイドルと言っていた青江ナギの胸を揉む令児

これだけで興奮は相当なものでしょう。

さすが女神担当のナギです(女神担当なのかは分かりませんが)。

しかし!そうは問屋が卸さないのも現実。

この状況でナギを触っていきますが「たちません」という状態。

男はよくあります。

令児はカッコつけて、ではないですが「あなたをちゃんと見たいから」と衣装を脱ぐように伝えます。

令児「衣装脱いでくれない?」
ナギ「どうして?喜ぶと思って着たのに」
令児「だってスカートがごわごわして邪魔だし、ブーツ冷たいし。アナタをちゃんと見たいから」
(少年のアビス3話)

まぁまぁの贅沢ですが、何にしても童貞ですからナイーブな部分もあるものです。

ナギで果てる

全部脱いだナギ。

そして「もうちょっと下」とリードされながら挿入完了。

アイドルだった自分とは違う世界にいた存在とのセックス。

令児の中で価値観の一つが崩壊したと言えるシーンとなります。

少年のアビス3話 アイドルに手が届く状態を超えた令児

少年のアビス3話/峰浪りょう先生/集英社
アイドルに手が届く状態を超えた令児

この後で似非森(夫)が登場して修羅場!?と思いきや別に何もありません。

ただ令児の中での価値観は更に歪んでいくことになりました。

死に際に「おっぱい」を触りたい

ナギが最初に脱いだというか令児のお願いを聞いたシーン。

ねぇナギさん。
最期に抱きしめていい?
-令児-
(少年のアビス7話)

雨の中、川の土手の近くでこの発言までは問題なく普通の事でしょう。

しかし次に「おっぱい触っていい?」とゲス発言の令児。

「いいよ」と簡単に見せてくれました。

少年のアビス7話 おっぱいを見せて揉ませてくれるナギ

少年のアビス7話/峰浪りょう先生/集英社
おっぱいを見せて揉ませてくれるナギ

まぁ一度ヤっちゃってますからこのくらいは簡単にしてくれます。

この後で先生に見つかって心中にはならないままナギとは一時のお別れとなっています。

チャコといい感じになった後で一度ナギの元に行きますが後ろから胸を揉む程度で結局性行為としては最初の一回のみ。

出てきたナギのノーブラタンクトップに照れる令児。

少年のアビス24話 男のリビドーを直撃してくるナギ

少年のアビス24話/峰浪りょう先生/集英社
男のリビドーを直撃してくるナギ

この時点で先生とヤっていますが、まだ不慣れってことか。

実際に令児にとってドストライクはナギだけです。

なのでそういう意味で本当に好きな人(タイプ)だからってことで照れているのでしょう。

意外に多そうだった神回ですが、実際3話のみと言っても良い状況でした。
となりのヤングジャンプにて3話のみ読めます

しかしながら最初の女性は記憶に残ると言わんばかりに令児は結局「ナギと死にたい」と意識が反転。

彼女がアイドルに戻ってしまってまた手が届かなくなったのが原因でしょう。

男の支配欲というか独占欲のようなものが令児にも目覚めたと言えます。

今後も青江ナギと他の女性との中で苦悩していく様が容易に想像がつくでしょう。

ナギと令児の神回を見たい方は上記の「となりのヤングジャンプ」にてご覧下さい。

The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

キングダム考察|輪虎(りんこ)は史実不在!廉頗四天王も実在しない

2021.1.18

キングダム考察|輪虎(りんこ)は史実不在!廉頗四天王も実在しない

廉頗四天王の輪虎(りんこ)ですが史実には存在しません。 廉頗四天王の中で突破力という点において追随を許さない次元に在る人物でした。 …

よく読まれている記事

考察記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る