【キングダム考察】鄴攻めで秦国は趙と因縁の閼与の戦いが再燃する!?王翦VS李牧、勝つのは!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(キングダム 昌平君と王翦 499話 引用)

鄴攻めの難所と呼ばれる場所が閼与です。

これは歴史的にも重要な場所であり、
「閼与の戦い」として残っている話。

キングダムでも確実に語られることになるものと思われます。

王翦は敢えて閼与を選択して侵攻したのか。

それとも李牧にそうさせられたのか。

見ものです。





閼与の戦い

閼与は(あつよ)と読む中国の山西省臨汾市あたりを言います。

胡昜と趙奢が戦った場所として有名であり、
どちらかと言えば趙奢の武勇を語る時に利用される事が多いでしょうね。

当時は、
この場所は韓の領土でした。

王翦が鄴を攻める30年以上も前の話になります。

韓を討つべく侵攻していた胡昜。

そこに、
趙が援軍を送り込もうとします。

当時の趙王は、
廉頗と楽乗に援軍を送り出すことが可能かどうかを確認しますが、
どちらも「厳しい」という回答。

そして、
趙奢にも確認。

すると、
「ネズミが穴で戦うようなもの。将軍が勇猛な方が勝つでしょう」

趙王は趙奢に韓への援軍を指揮するように指示します。

結果的には、
山上に秦軍が予期せぬ1万もの兵力を潜ませていた趙奢が秦国させます。

胡昜はこの大敗で有名という人物なので、
キングダムにおいてはどのように語られるのか楽しみでもあります。

趙奢は三大天の1人となるので、
六大将軍と三大天の戦として、
おそらく昌平君あたりが詳細を語ってくれるでしょうね。

⇒【司馬尚が三大天確定!?対比は藺相如ってことになる!?

時代を越えて閼与にて

王翦は鄴攻めの最終局面で閼与を抜きます。

その際は、
桓騎や楊端和をその手前に残して精鋭軍を編成して進軍していきます。

李牧という新しい三大天と、
王翦という新しい六大将軍級がここで初めてぶつかり合うことに。

時代を越えて、
閼与のリベンジを王翦がやってのける。

何ともロマンチックな展開ですね。

閼与を抜かれてしまえば、
恐らく李牧に抗う術はほぼ残されていない状態になります。

悼襄王がもしも、
合従軍のときの蕞(さい)に向かった政のようなことが出来たのなら、
まだ可能性は残っていたのかもしれませんが、
残念ながらそんなことをする王ではありませんね。

⇒【李牧の最期は史実と違う!?生き残りで昌平君と組む可能性も!?

悼襄王の崩御

李牧が負けることになる理由の一つは、
悼襄王の崩御が関わってくることも十分に考えられます。

悼襄王は、
この鄴攻めの年に崩御します。

次の幽繆王の代で、
李牧を止めさせたりと、
とんでもない愚策の連続で趙は滅亡するのですが、
これが李牧に何かしらの影響を与えてしまうという状況もあり得ます。

⇒【李牧は趙王(幽繆王)に処刑!?王翦の謀略で司馬尚と共に謀反扱いという悲劇!?

もしも、
鄴攻めの最中で悼襄王に危機が及んだとしたら、
李牧は戦いどころではなくなってしまうでしょう。

守る義理があるのかどうかは謎ですが。





閼与が最大の苦戦場所

閼与がこの戦いの難所なのは間違いありません。

なぜ、
王翦はそこから鄴を目指すことになったのでしょう。

それこそが李牧の策略だったのかもしれません。

狭すぎる道に阻まれた閼与を攻めるとなれば、
大軍で臨むわけにはいきません。

高速の進軍で、
まともな兵力を用意出来ずに戦が始まってしまった趙としては、
何としても少数で戦える場所が欲しかったと思えます。

そういう意味では、
閼与は非常に都合がよかったのでしょうね。

恐らく、
閼与の戦いの胡昜と趙奢の一件を知っている将軍は、
30年以上前にすでに戦に出ていた可能性のある者になります。

王翦も10代の頃に、
この戦を聴いているということは十分にあるでしょう。

昌平君は胡昜が師匠でしたから、
ほぼ間違いなくこの戦に詳しいはずです。

そんな場所での戦を選んだ王翦。

または、
選ばされた王翦ならば、
咸陽での焦りは凄まじいと感じます。

「閼与は抜けない」

そんな考えを、
王翦があっさりと破り捨ててしまえば、
趙国は王翦の凄みと恐ろしさを知ることになります。

同時に、
秦国にも激震が走るでしょう。

精鋭で進める閼与

閼与に進軍する際に、
王翦は斗食という功労以上を編成の基準として、
武功のない者を連れていきません。

20万からなる大軍でありながら、
実際に閼与と鄴を攻め落としたのは、
4万ほどの兵だと言われています。

これは、
今回の戦における一軍にも満たない数。

しかし、
精鋭故に出来ることは多いでしょう。

戦に置いて、
最も怖いのは相手ではなく、
自軍の恐怖の伝染だといいますからね。

王翦はかなり緻密に勝つためのシナリオを描いている人物。

こうすることで、
閼与と鄴を落とせるようになると分かっていたのでしょう。

【今読まれている記事はコチラ】

⇒【新しい六大将軍は誰の手に!?
⇒【桓騎将軍は李牧に敗北!?扈輒(こちょう)には勝利!?
⇒【李牧は趙王(幽繆王)に処刑!?
⇒【蒙恬が新六大将軍入りする可能性を考える!
⇒【王翦が秦国最強の武将という史実!?
⇒【李牧の最期は史実と違う!?
⇒【李信と王賁と蒙恬が共に進軍する最後の戦は起こらない!?
⇒【司馬尚が三大天確定!?
⇒【中華十弓ランキング!
⇒【武将の強さランキング(TOP10)





The following two tabs change content below.
王キン将軍

王キン将軍

キングダムは史実を参考にしながら進むオリジナルストーリーで中国史が好きでも純粋に愉しめるのがいいところですよ、ココココ。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

    • 李ぼくがいいんです
    • 2017年 2月 16日

    ちょうのあの王って死ぬの?

    それは本当の話?

    あいつは死なないでそのまま李ぼくにグサッとやられてほしいんだけどwww

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.8.26

【終末のハーレム考察】MKウイルスの謎。誰が何のために作り出したのか!?怪しいのはUW?絵理沙?

(終末のハーレム 1巻 水原怜人 引用) 終末のハーレムでは、 MKウイルスという、 男のみがシぬウイルスが 猛威をふるい、 …

よく読まれている記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る