【七つの大罪 考察】最強ランキング!! 大罪メリオダス達と十戒ゼルドリス達どちらが上!?

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(七つの大罪 22巻 表紙 引用)

七つの大罪が揃い、
ゼルドリス戦間近となった今!

今後、更に、
バトルが繰り広げられて
覚醒やらで色々変化して行くでしょうけども、
せっかくなのでここまでの
ランキングを考えてみたいと思います。

ということで、
216話までの(2017/5/12日時点)
強さランキングTOP20を独断で
考えてみたいと思います!

では、
楽しんで頂けたらと思います。





【20位】バン


七つの大罪の一人、強欲の罪のバン。

生命の泉を飲んだ事で不死身となっています。

魔力は『強奪』で、
相手の身体能力や力を強奪できます。

これにより、
登場時に猛威を振るっていたガランすら
凌駕しています。

そもそも、
シなないのに相手の力を奪うというのは
最強に近いステータスですよね…(笑)

ただ、現在では、
神器を手にしていないために、
本領を発揮していません。

今後は、
活躍で更に伸びていき、
一桁台に入る事も可能ではないかと
考えていますが、現状は
この辺でしょうか。

バンの活躍に期待です!

⇒【バンの神器の行方と能力は?!

【19位】メラスキュラ


十戒の一人で、
戒禁『信仰』では、
不信を抱いたものが目を焼かれて
しまいます。

魔力『獄門(ヘルゲート)』では、
シ者の魂をこの世に呼び寄せたり、
相手の魂をそのまま抜き取る事を
得意としています。

バンやエスカノールも
容易に魂を抜かれており、
魂の抜き取りに対する耐性がないとお終いでしょう…。

ただ、
それさえクリアできれば武力も全くなく、
非力な女の子に成り代わる事だと思います。

また、
パッと見、普通の女性ですが、
口が蛇の様に大きく開いたり、
舌も蛇そのもので、れっきとした魔神族。

⇒【メラスキュラが生きている!?

【18位】ガラン


十戒の一人、戒禁『真実』では、
偽りを口にしたものを石化させることが出来ます。

登場時では、
その強さを見せつけ、
メリオダスとマーリンを相手に、
余裕で勝利しています。

また、
バンとの戦いでは力を強奪されていますが、
倒す事は叶いませんでした。

そして、
魔力『臨界突破(クリティカルオーバー)』では、
闘級が4万まで上昇します!

エスカノールには
あっさりやられてしまいましが…、

当時、ドルイドの里で、
力を取り戻したメリオダスですら3万2500だったので
それよりも強いと考えたら(魔神化抜き)、
侮れませんよね。

また、
十戒の中でも一番長生きしており、
戦闘経験は誰よりも豊富な事でしょう!





【17位】グレイロード


十戒の一人で、戒禁『不サツ』では、
セッ生をしたものの刻を奪う事ができます。

魔力は『不浄(カース)』です。

魔力は汎用性が高い様で、
ハウザーの五感を奪ったり、
メリオダスを拘束したりしています。

異様な見た目をしていますが、その正体は、
灰色魔神が突然変異して生まれた
魔神族であり、複数の顔があります。

そして、顔を一つ破壊しようものなら
戒禁の能力に引っかかってしまうため
かなりの曲者…。

また、
他者に変身できたり、或いは
人間に卵を産み付ける事で魔神を誕生させる
事もできます。

マーリンが登場しなければ、
一体誰が倒せていたんだろう…
と考えると相当、強い能力を持った
キャラクターだったと言えます。

【16位】キング


七つの大罪の一人で、怠惰の罪を背負い、
更には、現妖精王ハーレクインでもあります。

魔力『災厄(ディザスター)』を持ち、
霊槍シャステフィフォルを最大限まで活用できます。

変形させた形態次第で、
ありとあらゆる状況に対応可能できるのが強み。

そして、
現在ではグロキシニアの試練を達成した事で
ついに羽も生えました。

試練次第では、
試練を与えた人物を超えられるかもしれない
とまで言われていたキングですが、
そうであれば闘級は50000前後。

まだ、
その真価は発揮されていませんが、
十分戦っていけるだけの強さを身に着けた事でしょう!

欲張りな王様として
今後、みんなを守っていく姿に期待です。

⇒【キングとディアは運命で両思い!?

【15位】ディアンヌ


七つの大罪の一人、嫉妬の罪のディアンヌ。

魔力は『創造(クリエイション)』で、
大地や鉱物を操る事ができます。

用途次第では、
どんな状況でも対応できるため、
優れた魔力だと言えます。

また、
ドロールの試練も達成しており、
強くなっている事でしょう。

試練では、
ドロールの舞いも見せていたので、
踊り子としての本質も目覚めている事
だと思います。

そして、
始祖ドロールを越えていれば、
闘級は54000以上です!

今後の活躍に期待です。

⇒【キングとディアは運命で両思い!?

【14位】グロキシニア


十戒の一人で、戒禁は『安息』。

魔力は『災厄(ディザスター)で、
霊槍バスキアスの力を最大限まで引き出す事が
可能となっています。

キング同様に、
いくつもの形態に変形させる事が可能で、
様々な状況に対応できる事でしょう。

また、元々は、
初代妖精王だった人物で、
過去には光の聖痕のメンバーとして
魔神王を打倒しようともしていました。

しかし、
妹・ゲラードの一件もあり、
怒りを抑え切れえずに恩寵の光を
崩壊させてしまっている様です。

また、
羽の大きさからしても
妖精族で一番強い人物と言えます。





【13位】ドロール


十戒の一人で、戒禁は『忍耐』です。

魔力は『大地(グラウンド)』で、
バイゼル喧嘩祭では大迷宮を出現させています。

また、
その仕様用途は様々であり、
メリオダス戦では強力な技を何度も発動させ、
使い慣れているのが確認できます。

そして、
その正体は巨人族の始祖にあたる人物で、
大地の神と崇められたほどです。

過去には、
メリオダスと共に光の聖痕で
魔神王を倒す事を夢見ていた人物の一人です。

しかし、
魔神王の代理ゼルドリスに敗れてしまい、
仕方なく<十戒>に入る道を選んでしまいました。

悔しくも敗れましたが、
巨人族としては最強の人物だと言えます。

【12位】サリエル


3000年前の聖戦で登場した
四大天使の一人です。

また、
四大天使と言われているだけに
羽は四枚生えており、
内2枚は等身の2倍ほどの大きさがあります。

登場時には、
極大聖櫃(オメガアーク)により、
魔神族を一気に消滅させています。

十戒を相手に、
5分あれば十分と余裕の表情を見せています。

そして、
モンスピートの“獄炎鳥”をくらっても
無傷だったり、デリエリの攻撃も届かなかったりと
特殊な魔力を持っている様です。

デリエリ・モンスピート・フラウドリン・ガランの4人を
同じ四大天使タルミエルの二人で相手していた事からも
相当強い人物だったと言えます。

⇒【デリエリ生存確定!?服を着る!?

【11位】タルミエル


3000年前の聖戦に登場した
四大天使の一人です。

恐らく、女神族は、
羽の大きさや数が強さの象徴ですが、
タルミエルは6枚羽が生えており、
顔も三つと特殊な風貌をしています。

登場するなり、早速
極大聖櫃(オメガアーク)で
十戒が連れてきた同胞の魔神達を一斉に
消滅させています。

また、
十戒を倒すのに10秒で十分と
自信満々に発言しています。

デリエリの
連撃星を54発まで耐えたり、
顔を半分に切られてもすぐ復活したりと、
底の見えないキャラクターでした。

【10位】マーリン


七つの大罪の一人、暴食の罪のマーリン。

魔力は『無限(インフィニティ)』では、
一度出現させた炎は燃え続け、氷は凍り続けます。

また、
この魔力により自身の刻をも止めており、
メリオダスと最も長く付き合いがある事からも、
年齢が相当高いと考えられます。

更には、
ベリアルインの娘である事から
戒禁の耐性をも持っているという
最強に近いステータスを持っています。

しかし、
本気を見せたことがなく、
ガラン戦でも呆気なくシにかけていたり
戦闘も自分より弱いキャラクターばかりで、
魔術師の強さが今一分析しづらいため
賛否両論あると思いますが現状はこの辺に留めています。

実力的には、
十分一桁台に食い込んでくると思いますが、
本気出したところを一回見て見ないことには
何とも言えないので、今後に期待です!

⇒【出身地ベリアルインとは!?





【9位】リュドシエル


3000年前の聖戦で登場した、
ネロバスタ曰く、最高の四大天使です。

また、その強さの裏には、
目的のために家族と友を捨てた覚悟があり、
“とある”人物と被っています。

十戒戦では、
登場するなり、フラウドリンとガランをいとも容易く
倒しており、正に瞬サツ。

そして、
残ったデリエリとモンスピートも2体1で
軽く凌駕しています。

しかし、
デリエリとモンスピートの命を捨てた
最後の切り札インデュラにより敗れています。

ただ、
デリエリとモンスピートの二人がインデュラ化しなければ
勝てなかった事を考えると、
やはり相当強い人物だったと言えます。

十戒4人を、
一人で相手にして余裕だった人物は今のところ
彼くらいしかいないでしょう…。

【8位】デリエリ


十戒の一人で、戒禁は『純潔』。

魔力は『連撃星(コンボスター)』で、
攻撃が途切れずに命中する度に、
パンチに20万ポンドの重さが付加されていきます。

今のところ、
54発までしか確認できていませんが、
それ以上の可能性を考えると、ある意味
最強といえる魔力です。

そして、
5万闘級以上の上位魔神に許された、
『インデュラ』を発動させる事のできる
数少ない人物です。

インデュラ化すると、
手が蟹・海老の様なハサミの形となり、
足の脛や髪の毛の先は全て棘と化し、
髪の一番長い所は蠍の尻尾の様な形になります。

そして、インデュラ状態では、
最高の四大天使リュドシエルの攻撃を
顔面に直撃させられても、微動だにせず、
全く通じていませんでした。

また、
鋭利になった髪の毛の攻撃では、
巨大樹が二つ消滅する程の破壊力。

しかし、
一度インデュラとなってしまうと、
理性を失い、シぬまで暴れまわる事になるため、
諸刃の剣と言えます。

⇒【デリエリの戒禁の能力とは!?
⇒【デリエリ生存確定!?服を着る!?

【7位】モンスピート


十戒の一人で、戒禁『沈黙』の持ち主。

魔力は『遊撃星』で、
破壊力の高い飛道具を放ったりしていますが、
詳細は不明です。

そして、
六つの心臓を贄と捧げる事で、
インデュラとなる禁忌の術を扱える
数少ない人物でもあります。

インデュラ化すると、
蛸の様な長い手が10本生え、
髪の毛は逆立ち、足も逆関節の様な
尖った形に。

そして、インデュラ状態では、
片手にサリエル、もう片手にタルミエルを掴んでみせ、
手の爆発により、二人を一発で戦闘不能にしています。

また、ほぼ同等でしょうが
元の闘級がデリエリより1000高いために、
恐らくデリエリ強いのではないかと
考え、この順位にしています。

【6位】女神族エリザベス


3000年前の聖戦で登場した女神族のエリザベス。

羽は四枚生えており、
内2枚は等身を超える程の大きさをしています。

魔力を引き出すと、
両目に紋様が浮かび上がり、
その力はインデュラ化したデリエリとモンスピートを
二人同時に抑える程。

そして、
タルミエルとサリエルの補助もあり、
デリエリとモンスピートの救う事に成功しています。

人を傷つけるために
力を行使する様な人物ではありませんが、
誰かを救うため、そして誰かを守る時には
限界まで頑張ります。

どんな強敵も、
エリザベスなら乗り越えされそうな、
そんな気さえしてきます。

今後は、
現世でのエリザベスが覚醒する事で、
この頃の魔力を扱えるようになるかもしれません。

今後の展開に期待です!

⇒【エリザベスの呪い!?輪廻転生の理由とは!?





【5位】エスタロッサ


十戒の一人で、戒禁は『慈愛』。

エスタロッサの前で憎悪を抱く者は
人を傷つける術を失ってしまいます。

その戒禁の強さは、
メリオダスが放った渾身の一撃リベンジ・カウンターを
無効化してしまう程。

また、
リオネス城に攻め込んだ際も、
バンを含めた聖騎士全員が戒禁により力を失っています。

魔力は『全反撃(フルカウンター)』で、
あらゆる物理攻撃を倍以上に跳ね返すことが出来ます。

エスカノールには
悔しくも敗れてしまいましたが、
メリオダスの兄弟だと言われており、
そうであれば魔神化や、モンスピートが見せた
インデュラを使用する条件も満たしている人物であり、
まだ底知れない力を持っている事でしょう。

現在では、
行方不明ですが、再登場に期待しています。

⇒【エスタロッサ再登場でインデュラ化!?

【4位】ゴウセル(本体)


十戒の一人で、戒禁『無欲』の持ち主。

ゴウセルの前で
欲望を抱いた者は感情を失ってしまいます。

ゴウセルの本体は、
3000年前の聖戦で登場しており、
ゴウセルの危険性から魔神王が牢獄へと幽閉し、
自由を奪われた人物です。

また、
人形ゴウセルを創った張本人であり、
マーリンからは偉大なる術士と評価されています。

牢獄の門から、
脱獄した際には聖戦を止めたいという発言をしており、
その真意は未だに判明していませんが、
人形ゴウセルを匿うメリオダスを見ると
悪い人物ではなかったと言えます。

また、
脱獄により捕えにきたゼルドリスの強さを知っていながら
闘おうとしているところを見ると、
実力は相当高いと言えます。

戦闘描写が描かれた訳ではないですが、
これだけの情報でこの順位に入ると考えているので、
今後戦闘シーンをぜひとも見てみたいキャラクターの一人です。

はたして、
十戒に寝返ったグロキシニア・ドロール、
そしてゼルドリスを相手に、
一人で戦ったのでしょうか…?

【3位】エスカノール


七つの大罪の一人、傲慢の罪のエスカノール。

魔力は『太陽(サンシャイン)』で、
日が出てから正午まで闘級が上昇し続けます。

ピークに達した際には、
大罪全員の闘級を軽く凌駕する様ですが、
詳細は不明です。

そして、
闘級が上昇するに連れ、口調が変わっていき、
「僕」→「私」→「我」へと変化していきます。

マーリンには、
どれが本当のお前なのだろなと言われており、
魔力の正体は加護なのか呪いなのかも
不明となっています。

そして、
その強さは十戒のエスタロッサさえ
及ばなかった程だというのにも関わらず、
まだ本領を見せていないのも事実。

今後、
どういった戦いが待ち受けているのか、
非常に楽しみなキャラクターの一人です。

⇒【エスカノールの正午の闘級とは!?

【2位】メリオダス


七つの大罪の一人、憤怒の罪のメリオダス。

魔力は『全反撃(フルカウンター)』で、
相手の魔力を跳ね返す事ができます。

その他にも、
カウンター・バニッシュや、リベンジ・カウンターなどの
多様性も見せています。

また、
魔神化した際には、
闘級が1.5倍~2倍程の上昇が確認できるため、
まだ底知れない力を持っている人物です。

そして、
魔神王の呪いにより、感情を喰われる度に、
最凶と呼ばれた魔神時代に戻りつつあるため、
今後は更に強くなっていきます。

頂点に君臨する魔神族の長である魔神王の
次期候補として挙げられていたその実力は言わずともですが、
現状ではこの辺ではないかと考えています。

今後控えている、
決戦での活躍に期待です!

⇒【アサルトモードは魔神王と同じ!?
⇒【十戒メリオダスの闘級とは!?





【1位】ゼルドリス


十戒の一人で、戒禁『敬神』の持ち主。

ゼルドリスに背を向けた者を
強制的に服従させる事ができます。

一人で
キャメロットを陥落させ、
更にリオネス王国の侵略でも
手を出さずして街を落としています。

魔力は『魔神王(ゴッド)』。

3000年の聖戦では、
処刑人として登場し、
魔神王の代理として、その魔力を借り受け行使できる
と口にしています。

蹴りをもらったディアンヌは、
魔力を封印されており、それだけでも
魔神王の魔力の強さが確認できます。

また、
闘級はメリオダスより1000高い、61000で
現在ではトップ。

メリオダスの兄弟という事なら魔神化や、
インデュラの条件をも満たしている人物なので、
まだまだ強くなる可能性を秘めています。

現状では、
ゼルドリスがトップでしょう。

本気の戦いがみたいので
今後の戦いに期待大!!

⇒【ゼルドリス最強!一人で十分!

その他の候補

こちらは、
その他の候補として考えた人物を、
何人か紹介できたらと思います。

あれ?あの人物入ってない?と思った方は
こちらで紹介しているかもしれませんので、
目を通して頂けたらと思います。

魔神王

インデュラにより四大天使を圧倒した魔神族。

そして、
その頂点に立つ人物が魔神王です。

ランキングを作る際には、
必ず魔神王が1位になる事だと思いますが・・・、
現状は封印されているのと、他のキャラを入れたかったので、
今回は省かせて頂きました。

今後、
封印が解けたり?する形で登場するか分かりませんが、
次回のランキング作成時点までには
登場していると期待していたい(笑)

そういう意味も込めて
今回はこちらで紹介させて頂きました!

アーサー・ペンドラゴン

ファンブックでは、
脅威の闘級4万である事実が判明しています!

しかし、
現状では十分に引き出せていないので、
今後の活躍に期待しています。

また、
聖剣エクスカリバーや魔力の能力にも
期待したいところ。

覚醒すれば、
闘級4万にプラスαで、
20位~13位くらいには入ってくるかなーと
考えています。

今後の活躍に注目!

⇒【アーサーの隠された魔力とは!?

人形ゴウセル

外伝では、
魔法の心臓がなくなっている事実が判明しています。

現在の闘級が
3100しかありませんが、
十戒に居た頃はフラウドリンが段違いの強さを持っていた
と豪語するくらいなので、魔法の心臓さえ取り戻せたら
十戒のトップであるエスタロッサや
ゼルドリスに並ぶ可能性もあります。

そうなると、
5位くらいまで上がってくるかもしれませんね…。

強すぎる…?

そのうち、
魔法の心臓の回も描かれると思うので、
今後のゴウセルに期待したいところ!

では、
ご覧いただきありがとうございました。

⇒【十戒の元ネタはモーセの掟!
⇒【ゼルドリス最強!?
⇒【大罪と十戒の戦力差!

【こんな記事も読まれている】

⇒【十戒の強さランキング(TOP10)
⇒【エリザベスは呪われてる!?
⇒【アサルトモードは魔神王と同じ!?
⇒【メリオダスの絶命説?
⇒【十戒メリオダスの闘級は!?
⇒【メリオダスのハーフ説!?
⇒【エスカノール正午の闘級!?
⇒【アーサー王の強さを予想!?
⇒【エスタロッサ生存は濃厚!?
⇒【メリオダスの本性は十戒か大罪か
⇒【ホークとキャスは何者!?





The following two tabs change content below.
人間ゴウセル

人間ゴウセル

雰囲気の暗い漫画や伏線・謎が多い漫画を好んで読んでいます!!(熱いのも好き)読んでいる漫画:七つの大罪、東京喰種:re、進撃の巨人、キングダム、ワンピース、ハンターハンターなどなど。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

    • だぶ
    • 2017年 8月 26日

    ゼルドリスはメリオダスの弟ですよー
    兄者になってます

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく読まれている記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る