【キングダム考察】ブネン死亡の可能性はどの程度あるのか♣カタリと壁の功績♦

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(原泰久先生 キングダム引用)

次兄であるブネンと戦い壁が率いる
楊端和軍。

元々の主軸はカタリのメラ族だったが
基本戦術が活きた壁軍は
ブネン軍を押し進めている。

今までも壁はこうやって序盤は
好戦して後に策でやられるという
場面が多かったが今回は
よもやそうはならないだろう。

壁にも目に見える功績が
欲しい所ではある。

⇒【カタリ死亡の可能性は!?
⇒【壁の基本戦術は強いのか!?





ブネンが死亡する

この直前には岳嬰が信によって
あっさりと葬られてしまった。

あまりの早さに驚きもしたが、
実際には尭雲と一対一でも生き残る
信の実力はすでに大将軍級の
武力を有したと言える。

重なる王騎の姿からも
矛を完全に使い切れていると言っていい。

⇒【信・蒙恬・王賁は誰が一番強い!?

その次に描かれる場面が
壁というのもまた一つ。

奮闘する壁軍の攻撃にブネンも
多少なりの驚きはあるはず。

カタリが率いるメラ族も壁軍の奮闘により
ブネンを討てるだけの攻撃が
可能になっているだろう。

楊端和軍の中でも主力と呼べる
三つの一族達。

フィゴ族にメラ族、
そして直近の部隊。

メラ族の実力の高さが見えるのなら、
ブネンをあっさり討ち取るという
展開も想像はできる。

ブネンを討てればそれだけ
楊端和軍の勝利が見え始めるが、
無傷で終わるほど軟な存在でもないだろう
犬戎たち。

⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?

カタリが犠牲になる

ブネンと言えども強敵。

それは間違いない。

犬戎の武力の半分を奪うことになる
この三兄弟の実力。

それだけに、
壁が好戦していたとしても
容易に取れる首ではないだろう。

場合によっては、
カタリという大きな損失を元に
ブネンを討ち取れるという可能性も
ゼロではない。

もしカタリが敗れれば、
それだけ楊端和軍は厳しい状況に
追いやられるだろう。

カタリとしては人柄はともかく
キタリに次を継がせることに
なっていくのか。

この鄴攻めでは多くの場面で
次世代というのが見える戦に
なっていくものと思える。

ブネンの死は
カタリの死と等価交換という
ことになるかもしれない。

出来ることなら、
メラ族の強さを見せて
信と岳嬰のように瞬殺するカタリ
というのを見たいところ。

どう転んでいくのか。

注目。

⇒【カタリ死亡の可能性は!?
⇒【フィゴ王ダントがトアク討ち!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【朱海平原の史実は王翦圧勝!?
⇒【信・蒙恬・王賁は誰が一番強い!?
⇒【紀彗は史実で存在する!?
⇒【舜水樹は実在しない!?
⇒【信と龐煖との武の決着はいつ!?
⇒【李牧は史実でも最強の武将!?
⇒【信は趙滅亡に絡まない!?
⇒【趙滅亡の流れ!悼襄王の末路!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【信と蒙恬、楚の歴史的な大敗!?
⇒【最終戦は燕代の連合!李牧生存!?



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.7.15

【東京喰種:re考察】ウタ六月ドナート敵対⁉︎ナーガの王冠•イヤリング•花冠

(東京喰種:re 花冠を被る六月 73話引用) 東京喰種で新たに出された 「ナァガラジ」という 新単語。 インド神話のナーガ…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.8.16

【鬼滅の刃考察】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)人物考察 猪被った美少年 

(鬼滅の刃 4巻表紙 引用) 登場初めから、 正義の味方っぽくない 鬼サツ隊員伊之助 遊郭編では活躍しそうです。 とゆ…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る