【七つの大罪考察】煉獄に1000年いるバンの強さは十戒以上で確定か!?メリオダスが笑って吹き出す!

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(鈴木央先生 七つの大罪 270話引用)

270話でバンが煉獄に1000年
滞在している事が判明!

そして、
この強さについて
メリオダスからすこし
語られていますが、

どうやらもう
十戒以上の強さに
なっているようだ…!

⇒【エレインが再び死亡していた!?




1000年

バンは煉獄についた最初の100年は
燃えては復活、凍っては復活、
腐っては復活を繰り返したそう。

そして、
それから200年する頃には
何とか体が慣れ始め、

更にそこからもう200年した頃には
普通に寝れるようになっていたそう。

更に更に!
269話から270話の間でそこからもう
500年煉獄を旅していたみたいで、

もう火傷も凍傷にも
かからなくなるまでに成長!

⇒【バンが煉獄に5百年?強くなった!?

これはもう…、
メリオダス達の獄炎とかを食らっても
全くビクともしない可能性が
ありますよね…。

つまり、
魔力もそれなりに高くなっている
可能性!

また、
この煉獄で正気を保っている精神力。

精神力とは気力に関わってくるもの
ですから、
気力もまたググッと上がっている事
でしょう!

武力に関しても
煉獄にいる在来種を複数
狩れるほどになっていたので、
こちらも文句なし!

メリオダスからも

メリオダス
「煉獄を耐え抜いた経験は
お前の肉体と精神に爆発的な変化を与えてる
現世に戻ったらみんな驚くぜ?」
(鈴木央先生七つの大罪270話引用)

と話されています。

いやー、もうこれは楽しみ。

⇒【モンスピの手品師の悪戯が強い!
⇒【エスタロッサどうマエルに勝利!?





十戒以上

メリオダスの話を聞いたバンは、
あんまり実感湧かないなーと
返答し、

十戒とやり合える程度なら
いいっかな、みたいな軽い
やりとりをしています。

それに対してメリオダスは
「ぶはっ!!!」とついつい
吹き出しています。

これはどういう描写かというと、
十戒と渡り合えればいいかなと
謙虚なバンですが、

メリオダスとしては、
いやいやお前もうそれ以上に
強くなってるよ、
気づいていないんだ⇒ぶはっ!!!
って事ですよね。

メリオダスは十戒を
統率していた時代も
ありますから、

十戒がどれほど強いかは
把握しています。

⇒【殲滅状態メリオダスの闘級判明!

そのメリオダスがバンを
認めているってことはもう、

もしかしたら
現十戒の2番手である
ゼルドリスより強くなっているかも
分かりません。

⇒【ゼルドリス最強!?

その場合には
闘級は6万1千を超えている事に
なるでしょうね。

因みに、
ゼルドリスの年齢は252歳ですが、
バンはもう1000歳以上。

また、
魔神族の寿命はガランの台詞からして
1000歳前後だと考えらますが、

バンが1000歳以上なら
もう魔神族が行き着く
最終地点にいるとも
考えられます。

その場合には
10万は軽く超えているのかも
しれませんね……!

⇒【十戒メリオダスの戒禁判明!
⇒【メリオダス戒禁5つ吸収で最強!?

まとめ

ということで、
1000年という脅威の
修行期間を経たバン。

ブリタニアに帰った時の
戦闘に期待ですね。

コランドではメラスキュラの
骸骨にフルボッコに
されていましたから、
汚名挽回といきたいところです。

では!
バンの活躍に期待!

⇒【エレインが再び死亡していた!?
⇒【バンが煉獄に5百年?強くなった!?

【こんな記事も読まれている】

⇒【バンの神器は何処に!?能力は!?
⇒【バンの傷が治らなかったのは!?
⇒【バンはエレインが覚醒させる!?
⇒【ゼルドリス何を囁かれた!?
⇒【ゼルドリス最強!?
⇒【十戒メリオダスの戒禁判明!
⇒【殲滅状態メリオダスの闘級判明!
⇒【エスタVSキングら4人の行方は!?
⇒【エスタとメリオの強さは!?
⇒【メリオダスVS神2人!?




Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
人間ゴウセル

人間ゴウセル

雰囲気の暗い漫画や伏線・謎が多い漫画を好んで読んでいます!!(熱いのも好き)読んでいる漫画:七つの大罪、東京喰種:re、進撃の巨人、キングダム、ワンピース、ハンターハンターなどなど。
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る