【ホリデイラブ考察】里奈はDV夫の渡が原因でフリンしたのか♣純平が騙された本性とは♦

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(こやまゆかり/草壁エリザ先生方 ホリデイラブ引用)

里奈はDV夫が
原因で純平に惹かれて
いったのか。

それとも、
男への免疫が
無かった故に
そんな結末を
迎えることになったのか。

隙きをつかれた
純平の弱さもあるが
里奈の怖さは始まったばかり。

⇒【里奈の魔性っぷりで純平に危機!?





DV夫と言えるのか

里奈の夫である渡。

エリートではあるが、
実際に結婚相手としては
どうなのかと疑問に思える。

育児も家事も
何もやらない典型的な
亭主関白。

里奈を殴る蹴る
という部分は描写に
ないところではあるが、
困ったら物にあたる
ということを考えても
十分にありえるDV。

何より、
言葉の暴力は
日々浴びせられていると
考えてもいいだろう。

そんな夫の元で
過ごしながら
純平の優しさに触れて
しまったら、
気を許しても
仕方ないと言える
かもしれない。

⇒【純平のクズっぷりを検証!?

フリンがバレた里奈と純平

里奈と純平は
フリンがバレてしまう。

しかも、
それを知らされる杏寿。

最初は、
何もなかったと
純平に言われるが、
渡からの電話で真実を知る。

あなたの主人と
私の妻がフリンが
家でやっているところに
遭遇したのだという。

悲惨過ぎる。

嘘にプラスして
その事実は
杏寿に衝撃を
与えてしまっただろう。

これによって、
純平に対する失望感が
溢れてしまう。

⇒【杏寿の浮気は許される事!?





里奈と渡の離婚は

里奈と渡は
離婚してしまうのか。

これはまだ分からない。

離婚届を
書いている状態ではあるが
渡は自分のプライドが
邪魔をしていて
里奈に戻って欲しいとは
言えないでいる。

何よりも、
渡の中では
自分は被害者という発想。

離婚届を出さずに、
息子と娘を奪いながらも
子育てをしない姿勢。

すでに、
父親としても
最低レベルと言っても
いい人間になっている。

エリートがきいて
呆れるが、
実際にはかなり弱い
部分が多い人物。

最終的には
里奈に謝罪するに
至るのかもしれない。

⇒【渡の反省!?離婚届出さずに謝罪!?
⇒【渡が全ての元凶!?

杏寿と純平は?

杏寿と純平は
ひとまずは絆が
深まるに落ち着く。

しかし、
諦めきれない
里奈は純平を
籠絡しようとする。

その段階では
義姉の協力もなく
元々もっていた
女としての魅力と嘘を
上手に使いこなす
魔性っぷりを
発揮している。

もう一度、
杏寿にこのことが
見つかってしまったら
出来た絆は
脆くも壊れるだろう。

終着点は、
どちらの夫婦も
離婚して違う人生を
歩むというものに
なるのかもしれない。

【こんな記事も読まれています】

⇒【里奈の魔性っぷりで純平に危機!?
⇒【里奈が襲われて破滅の入り口!?
⇒【里奈にイライラMAX!?嫌われ役
⇒【里奈が純平を略奪する!?
⇒【渡の反省!?離婚届出さずに謝罪!?
⇒【渡が全ての元凶!?
⇒【純平のクズっぷりを検証!?
⇒【里奈嫌いから可哀想へ昇格!?
⇒【杏寿の浮気は許される事!?



Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.7.12

【ホリデイラブ考察】純平はクズ!?嘘・涙・拒絶の浮気男に同情の余地なし!?

(ホリデイラブ 11話 純平、別居!? 引用) 杏寿(あず)の夫、 高森純平。 純平の浮気が どんどん悪い展開へと 導かれ…

よく読まれている記事

ピックアップ

2017.12.28

【東京喰種:re考察】クインケ最強ランキングTOP10!アラタ・フクロウ・銀喰1位は!?

(石田スイ先生 東京喰種:re 7巻引用) バトル漫画というと やはり強さランキングが人気。 そして、 東京喰種においても …

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る