【キングダム考察】きょうかい(羌瘣)と信(しん)の結婚は無いか♣最有力は河了貂の可能性♠

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(原泰久先生 キングダム引用)

羌瘣(きょうかい)と信(しん)の関係。

信の初陣から
共に戦ってきた
一番の戦友と言える存在。

幾度となく、
その剣術に命を
救われている。

また、
かなりの美少女であり
信も近くで見ると
可愛いとドキドキする
シーンがいくつかある。

恋愛要素というものは
ほぼ無いが
どこかで女として
見ているのは間違いない。

⇒【羌瘣は史実で趙を滅亡させる!?





羌瘣は言っていた

羌瘣は復讐が
終わったあとで信に
伝えていたことがある。

・大将軍を目指す事
・信の子供を産む事

しかし、
女性ばかりの場所で育ち、
子供だった羌瘣には
そういった教育はまだ
されていなかったのだろう。

どうやって子供を
作るのかを知らなかった。

山にこもって
何かをドーンという
かなり適当な感じで
想像していたから面白い。

実際に、
作り方を聞いたら
信を警戒するように
なってしまった。

⇒【新六大将軍は誰の手に!?

羌瘣と結婚の可能性は

信も朱海平原の戦では
すでに嫁をもらっても
おかしくない年齢に
なっている。

信のモデルである李信将軍
には子供がいる。

要するに、
相手がいたということ。

後に、
飛将軍と呼ばれる
李広が子孫にいることからも
戦闘力としての血筋は
相当良かったのではないかと
推察される。

羌瘣と信の子孫と
考えれば
そう呼ばれる系図に
なっても違和感はない。

十分にありえるだろう。

羌瘣は趙との戦の後、
史実から姿を消す。

それもまた、
一つの伏線に思えてならない。

(勿論、史実の羌瘣将軍は男)

⇒【信と龐煖との武の決着はいつ!?





子供が出来るとすれば趙の後

羌瘣の史実から見ると
子供が出来たりするなら
趙との戦の後って
ことになるだろう。

羌瘣は邯鄲の陥落の戦で
王翦と共に出陣している。

⇒【羌瘣は史実で趙を滅亡させる!?

その時、
李信将軍は別の場所に
出征していた。

この戦で、
羌瘣の身に何かあるという
ことも十分に考えられる。

あれだけ剣術を磨いた
羌瘣が剣を振れなくなるなど
そういった致命的な
事案があるのだとすれば
そこから信が羌瘣を妻にする
という話もあるのではないか。

当然、
王騎とキョウのように
戦いながら育む愛というものも
あるかもしれない。

王騎との対比で
見るのなら、
その致命打を与えるのが
龐煖ってことも。

そうなると、
王騎に羌瘣と
2つの仇討ちを信が
目指すことになる。

⇒【龐煖が史実と異なる!?
⇒【李牧が嘉と!三大天全員逃亡!?

河了貂説

信の妻は河了貂だという人も多い。

実際に、
そういった記述が
歴史書にあるという人も
存在するだけに信憑性は
あるのだろう。

河了貂が妻となれば、
軍師が妻ということになり
戦い易くなる・・・
とは思えない。

しかし、
信に欠けた智略部分を
補う遺伝子を得るのなら
子孫が更に優秀になるのは
うなずけるだろう。

それは羌瘣でも
同じことではあるが。

⇒【信が李信に改名する理由!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【龐煖が史実と異なる!?
⇒【飛信隊は実在しない!?強さの源
⇒【羌瘣は史実で趙を滅亡させる!?
⇒【信と龐煖との武の決着はいつ!?
⇒【李牧の史実にある処刑はナシ!?
⇒【信は趙滅亡に絡まない!?
⇒【李牧が嘉と!三大天全員逃亡!?
⇒【新六大将軍は誰の手に!?
⇒【信と蒙恬、楚の歴史的な大敗!?
⇒【項燕がラスボス!?李牧を超える!?




Twitterで更新情報をお届け!
⇒【@mangasukicom
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
マンガ好き.comのLINE@
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2018.4.11

【ブラッククローバー考察】初代魔法帝はリヒトと友達関係だった!?光魔法を扱う!?

(田畠裕基先生 ブラッククローバー 1話引用) 人間が魔神に 滅ぼされかける中。 初代魔法帝に当たる 魔道士がその魔神を …

よく読まれている記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る