【ハイキュー考察】稲荷崎の逆転はもう無いか♣宮侑に影山は勝てていない♠

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(古舘春一先生 ハイキュー 278話引用)

第2セットは
完全に稲荷崎のペース。

そこで、
烏養は局地戦の状況を
変化させるために
ローテを回して。

これが功を奏した
というのもあるが、
何よりもメンバー一人ひとりが
考えて行動していたのが
大きいだろう。

稲荷崎は
烏野にそのまま敗退するか。

⇒【烏野が優勝するまでの相手は!?





角名と宮のサーブ

角名の存在。

打角の広さから
一時は月島が翻弄されたかに
見えていた。

しかし、
冷静すぎる月島。

全てをブロックする
というのは古い考えだと
2セットを通じて
角名の打ち筋を後ろに
伝え続けた。

結果的に、
第3セットでは
後衛がレシーブ。

角名に対して、
思ったところに
打ってくれてありがとうと
嫌味なお礼を言う始末。

精神攻撃の力は
月島に軍配があがると
言えるだろう。

また、
宮侑のサーブも
西谷は恐怖を克服して
木下との練習通りの
オーバーで処理。

全員が軌道に乗った。

⇒【井闥山学院はチート的な強さ!?

宮侑

宮侑は圧倒的なセッター。

影山をも凌ぐ実力を
有していると
思われていた。

このまま
稲荷崎が流れを逸したまま
烏野に敗北するとなれば
影山の成長は
どうなるのかという
気がしてならない。

今は切れ切れで
アランの大砲すらも
シャットダウンさせて
しまう影山。

しかし、
宮侑にセッター対決で
勝ったのかと
言われれば疑問だろう。

ここから、
宮侑と影山の力の
激突が始まるのか。

このまま
稲荷崎が流れをつかめず
敗れるということは
ないのだろう。

⇒【研磨入りの音駒は今年が最強!?





影山の成長

次戦が音駒。

そうなると、
影山の成長も
必須のものになるだろう。

稲荷崎戦では、
田中と西谷に
大きな成長があった様に
見える。

技術の向上が
あったということでは
ないのだが、
それでもメンタル面や
自分を信じて全力を
出し切る力という部分は
磨かれただろう。

やはり、
練習通り100%出し切る。

場合によっては、
それを超えた実力を。

というのが、
強さの秘訣となる。

烏野は当初ムラの
ありそうなチームだった。

春高を進むにつれて
その雰囲気はなくなり、
古豪は現在の強豪として
捉えられつつある。

⇒【小さな巨人はどんな人物!?

日向も

影山が成長し、
日向もまた成長を遂げる。

音駒戦では
研磨がバレーの楽しさを
知ることになるだろう。

そうなると、
ゲームの様に
夢中で集中した研磨を
相手に戦うことになる。

影山としても、
今まで戦ったことのない
異世界の試合に
なってくるだろう。

日向と影山で
研磨のゲームから
勝利する。

ゴミ捨て場の決戦は
今までにない
白熱した試合が
催されることになりそう。

【こんな記事も読まれています】

⇒【ゴミ捨て場の決戦を予想!?
⇒【烏野が敗退する可能性もある!?
⇒【小さな巨人はどんな人物!?
⇒【星海が小さい巨人に近い理由!?
⇒【烏野が優勝するまでの相手は!?
⇒【井闥山学院はチート的な強さ!?
⇒【研磨入りの音駒は今年が最強!?




マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.6.13

【インフェクション考察】保菌者の正体?進化で新型に?感染者はメットに?4種の敵まとめ

(インフェクション ぞれぞれの足の速さ 65話引用) 序盤で登場した 保菌者。 23話では 新型が登場。 更に、 3…

よく読まれている記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る