【ワンピース考察】物への悪魔の実の移植はゾオン系(動物系)だけではない♠パシフィスタは物か人か♣

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(尾田栄一郎先生 ONEPIECE 引用)

ワンピースの世界には
物へ悪魔の実の能力を
移植するというパターンがある。

その種類は
ゾオン系が主体で
登場している。

人工悪魔の実も
同じようにゾオン系に
限られていたことを見ると、
何かしらの違いが
存在していると
思っていいだろう。

⇒【悪魔の実が宿る場所判明!?




物にロギア

物が悪魔の実を
食べるというのは
違和感がある。

その秘められた能力を
物に移植するという
技術ではあるが、
物がゾオン系に
絞られているのは
そうしなければ意味がない
からと言ってもいい。

そもそも、
パラミシアもロギアも
使い側の意思が必要。

物は自分で
動くことも出来ないため、
グラグラの実を
例え移植してもそれを
使うことは出来ないだろう。

要するに、
生き物でなければ
その能力の意味は
全くないと言っていい。

物を生き物のように
動けるようにする
という意味では
ゾオン系が最も都合が良い
といえる。

⇒【サンジの眉毛と悪魔の実の模様!?

パシフィスタ

気になるのがパシフィスタ。

ベガパンクが作った
技術の結晶のような存在。

発射される光線は
黄猿のピカピカの実から
採用されている。

これは、
クローン部隊なのか、
今のところははっきり
してはいないが、
バーソロミュー・くまが
元になっているのは確実。

それにも関わらず、
ニキュニキュの実が
パシフィスタに
導入されていないのは
ピカピカの実を
採用したからという
ことなのだろうか。

クローンであり、
中身が人間なら
2つ以上の能力は
与えられない。

⇒【アポロ計画とワンピースの関係!?





同一能力

パシフィスタが
ピカピカの実を
得ているのだとすれば、
同一の能力が
2つ以上存在することになる。

過去を見ても
その例は存在しない。

そう考えると、
パシフィスタの能力は
黄猿の能力を
モチーフに作り出したもので
悪魔の実の能力が
反映されたものではないと
考えていいだろう。

もしも、
ベガパンクが能力の
複製を可能にしているのなら
もっと異なる能力を持つ
パシフィスタをいくつも
作った方が戦力としては
強大となる。

⇒【ズシーニャの罪と罰!?陸王類!?
⇒【最後の2と9はフランキー継承!?

パシフィスタが物

パシフィスタが
クローンなどの
生き物ではなく
ロボットだった場合。

これは、
物と同様といえる。

あの時は、
まだまだ木偶という
感じがしてならなかったが
更なる研究の末、
ゾオン系の能力が
付与されたパシフィスタが
登場すれば
大きすぎる戦力に
変わるかもしれない。

さすがに、
クローンだった場合は、
そのクローンにロギア系などの
強力な実を与えるとは
考えにくいだろう。

それなら、
有望株の誰かに
食べさせた方が
戦力としては大きくなる。

物への移植技術。

その詳細が分かれば、
海軍戦力の底力も
見えてきそうなもの。

⇒【アポロ計画とワンピースの関係!?
⇒【悪魔の実が宿る場所判明!?

【こんな記事も読まれています】

⇒【ギア5はカタクリに学ぶ見聞色!?
⇒【カタクリがワノ国と関係アリ!?
⇒【ズシーニャの罪と罰!?陸王類!?
⇒【古代兵器は兵器じゃなかった!?
⇒【キッドの名前の由来は!?
⇒【ペドロの名前の由来は!?
⇒【ビッグマム海賊旗の木はアダム!?
⇒【最後の2と9はフランキー継承!?
⇒【ウソップ脱退!?一味の多様性!?
⇒【Dの一族テンプル騎士団モデル!?




マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.11.15

【東京喰種:re考察】カネキの悪い考え方が“悲劇”を招く!?トーカと旧多から癖を忠告!報われる未来は!?

(石田スイ先生 東京喰種 12巻引用) 東京喰種の主人公である 金木研。 しかし、 冒頭でも自らが 主人公になるなら 悲…

よく読まれている記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る