【終末のハーレム考察】土井翔太が最終的に一番ゲスくなる可能性がある♠男子高校生が凄すぎる♦

YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

(LINK/宵野コタロー 終末のハーレム 29話引用)

土井翔太が
ゆず先生との
最初を済ませてから
怒涛の勢いで
いろんな女子との
メイティング。

もはや留まることを
知らない様子。

やっぱり火野恭司や
水原怜人と比べて
一番高いポテンシャルを
持っているのは
この土井翔太な気がする。

その理由は、
高校生だから。

⇒【MKウイルスは誰が何の為に!?





男子高校生

正直な所、
男子高校生なんて
普段からこういうこと
ばかりを妄想していると
言ってもいいいだろう。

そういう意味では、
それよりも大人に
なっている火野や水原は
そこまでではないはず。

水原に至っては、
絵理沙が最初がいいという
この世界では
打ち首にされても
文句が言えないような
一言を放っている。

もしも、
絵理沙限定なんてことに
してしまったら、
他の女性に絵理沙が
狙われてしまう。

そういう危険を
省みないのが中々。

それに比べて、
土井翔太は
何だかんだ言いながらも
受け入れて着実に
メイティングを
重ねている。

数ヶ月もすれば、
子供が出来る女子も
登場するだろう。

さすがは
男子高校生。

綺麗事を言いたい
ところでも
欲に抗える程の
精神状態ではないだろう。

⇒【ゆず先生は翔太の子供を妊娠!?

溺れる

ここまで自由に
相手を選べる環境。

しかも、
花蓮の運びで
学園生活という
実際にありそうな世界を
モデルに生活している。

これは大きいだろう。

火野恭司の様に、
ハーレム丸出しで
そればかりというのは
やっぱり厳しい。

相手が変わったとしても、
それで飽きがこない
人間はいないだろう。

いつでもどこでも
構わないというのは
男心にはそれほど
魅力的に感じないもの。

やはり、
ハントするような
そういうシチュエーションは
必須だろうという。

実際に、
飽きが来るとそもそもの
生殖能力が衰える。

本末転倒。

⇒【翔太はみんなとメイティング!?





翔太がゲスくなる

男子高校生の
欲を丸出しに
土井翔太が進化すれば、
火野や水原よりも
遥かにゲスい人間に
なる気がしてならない。

今はまだ、
女性を女性として
大事に考えているという
雰囲気。

しかし、
ゆず先生もいなくなり、
もはやブレーキはなくなった。

自分の暴走も、
ゆず先生を
奪った花蓮たちを含める
UWの責任だと
転嫁する場所まで
用意されている。

そうなると、
ちょっと嫌がる素振りを
見せるような相手にも
平気でメイティングを
仕掛ける可能性も
あるだろう。

ちふゆはNG

さすがに、
作品として大問題に
なりそうなのはちふゆ。

これについては、
成長した姿で
登場するのなら可能。

今のままだと、
さすがに作品そのものが
終わりかねない事態にも
なるかもしれない。

最低でも
年齢の設定を
大きく引き上げるというのが
重要になりそう。

土井翔太がいくら
ゲスくなろうとも
この一線は超えないような
気がしてならない。

【こんな記事も読まれている】

⇒【ゆず先生は翔太の子供を妊娠!?
⇒【翔太はみんなとメイティング!?
⇒【MKウイルスは誰が何の為に!?





マンガ好き.comのLINE@
●ここでしか見れない●
●記事になる前のお話を公開●
ポチっと友達登録
ID検索
【@ucv5360v】
The following two tabs change content below.
ヒソ神さん

ヒソ神さん

良いおっさんだけど、いつまでも少年ジャンプを読んでる大人♠ 一番好きな漫画は勿論HUNTERXHUNTER♥冨樫イズムに惚れてる♦ 頭のいいキャラが登場する漫画は結構好きかも♣
YOUTUBEでのテロップ転載は一切認めておりません
↓↓↓↓↓↓
必ずお読み下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.11.3

【東京喰種:re考察】六月と安浦復活!カネキを倒しに!?トーカの邪魔!?報われる可能性は

(石田スイ先生 東京喰種:re 13巻引用) 地下24区で、 ヨモに敗北した 2人。 ⇒【ヨモの電撃は有馬のナルカミ級!】 …

よく読まれている記事

ピックアップ

2018.1.18

【東京喰種:re考察】六月死亡せず生存確定♦クインクス班は不知(しらず)だけが犠牲者か♣

(石田スイ先生 東京喰種:re引用) 六月のこれまでは かなり悲惨なものだった 様に見える。 クインクス班にも 男として入…

考察記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る